Loading…

Kirstine Stubbe Teglbjærg - Det Larmer Ikke Mere [Denmark]

2018年08日   カテゴリ:日記・今日聴いた音楽     0 comments
Kirstine Stubbe Teglbjærg - Det Larmer Ikke Mere [Denmark]



しばらく更新できませんでしたが、ここ数ヶ月いろいろがんばっておりました。

土曜日に婚姻届をようやく提出することができました。

みんな、ありがとう。


 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Cradle - Not Enough feat. Giovanca (Cradle Orchestra Remix) [Japan] [Jazzy HIPHOP]

2018年13日   カテゴリ:日記・今日聴いた音楽     0 comments
Cradle - Not Enough feat. Giovanca (Cradle Orchestra Remix) [Japan] [Jazzy HIPHOP]


Marantz PM6006 + Tannoy Revolution XT6 この組み合わせで1週間ほどたちましたが、昨日くらいまでは解像度が高いだけのクソみたいな音しか鳴っていませんでした。

数日前からイコライザいじらないとな~・・・と思ってましたが、昨日ようやく着手。

いじってる途中に、まだ何度かしか使ってなかったLoudnessモードにしてみる。

「あれ?こっちのほうが全然良い・・・???」

しかしまだ妙なリバーブのようなものが引っかかる。

イコライザいじりながら、アンプ側でも低音と中音をいじりつつ、自分の気持ち良いポイントを探っていたところ、根本的な部分に気づく。

「これってLoudnessも切ったらいいんじゃないの?」

SpeakerA、SpeakerBだけランプがついてる状態にしたらようやくモヤが晴れました。

エージングが進んでアンプが鳴るようになるのは恐らく3~6ヵ月後かと思いますが、スピーカーが鳴るようになるのは1年後くらいらしいですが、それ以前に音が悪すぎる。

解像度が高すぎて音質低いファイルはだいぶおかしくなりますし、Flac Losslessでも音は細かいのに奥行き無いし・・・とずっと思ってました。

中音と低音の中間の奥深いところにある音の層が全部カットされてる感じ。

自分的には超低音的な部分の一部と、倍音が全部死んでるような・・・と思ってました。

ダイレクトもLoudnessも切って何も無いだけでこんな奥行きが出るとは!!!

今の段階でこの音なら、エージング後は自分の思い描いてる音が出せそうだなぁ。

パワーアンプかミキサー、あと間に合わせのUSBDACどうにかせんといかんかな~と思ってたんですが、とりあえずしばらくこれで堪能できそうです。


 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

City Your City - Share - I Broke Up With My Boyfriends [術の穴]

2018年30日   カテゴリ:日記・今日聴いた音楽     0 comments
City Your City - Share - I Broke Up With My Boyfriends [術の穴]




ゴールデンウィークの前半が終わってしまった。

平日の2日間は普通に出勤です。。。

この3日間の内、最初の2日間はずっと買い物と用事で夜まで歩き続けるというハードな2日でした。

今日は昨日の深夜2時くらいまで作業してた続きで、新しいオーディオのセッティングを完了。

この1ヶ月くらいリサーチしてたんですが、

「タンノイのスピーカーでデスメタル聴けないか?」

と色々分析してたんですが、最初はタンノイ Revolution XT Mini (7万円くらい) を調べてました。

しかし試聴に行くと環境もひどかったが、店員の選曲もひどくてとてもじゃないが聴けたものじゃなかった。

解像度が高いということは分かったんですが、自分の考えてたYAMAHA A-S501では思った音は出ないだろうな・・・と。

メタルだけを楽しむならDENONでいいんですが、オールジャンル聴くし時々声楽も聴きます。高音にもある程度対応できるアンプとスピーカーの組み合わせでないといかん。

でもタンノイの解像度の高さとフラットさ、これをアンプの組み合わせとケーブルで音の密度を上げてあげれば、かなり良いところまで行けるんじゃないかと思いました。

そしてタンノイ Revolution XT 6 (11万円) を試聴に行きました。頼りにしていたお店には行ったら「奥にしまってるあるので試聴は無理ですね」と門前払い。なんつーひどい店なんだ、オーディオ逸品館・・・。

Joshinでは開店したばかりで客もいなくて、そこで買いました。

アンプは新しく買いましたが、マランツのPM6006にしました。本当はPM7005でもさらに上のPM8005よかったんですが、シングルプッシュプルの方がバンド演奏は一体感が音に出そうな気がしたのでケーブルにアンプくらいのお金をかけてシングルプッシュプルの可能性を追求しようかと。。。

スピーカーの音のエージングは終わるのは1年後くらい、アンプは半年くらいはかかりそうですが、10数年使ってたONKYOのスピーカーから出ていた劣化した音からようやく解放されました。

今までありがとう、ONKYO。

この10数年間、透明感のある美しい音楽を聴かせたくれたことは忘れられない思い出になるだろう。

試聴でもONKYOのセット聴いてきたけど、やっぱりONKYOすんげぇ好きな音だったわ・・・。

でもずっとONKYO聴いてるわけにもいかんので。次のステージはタンノイです。

タンノイでスクリーモ、デスメタル、ヴィジュアル系ロックを聴きながら、エレクトロニカとJ-POP、ワールドミュージックを聴きます。

低音はfoobarのイコライザ頼りですが、この解像度とクリアさをケーブルで高めれば楽しめるはず、と思ってます。


 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Anuna - Invocation [Ireland] [Celtic] [Pray]

2018年20日   カテゴリ:日記・今日聴いた音楽     0 comments
Anuna - Invocation [Ireland] [Celtic] [Pray]




今週もなんとか乗り切りました。

先週は自社の飲み会だったんですが、やはり接待的な部分がつらい。

今週は今日突然参加命令が出たものの、初めて接待抜きの飲み会でした。

ふたつのテーブルに4人ずつ分かれて、8人での飲み会だったんですが、自分の座ったテーブルはスポーツ組。

隣りのテーブルはおたく組。。。

おたく組に座りたかったぜ!

マンガの話とかしてるほうがまだ楽しいかなぁ。。。

時々自分は音楽の話がしたくなるんですが、リアルではほぼそういう機会は今はないです。

どこかで話したい自分もいるが、そういう自分は今はブログで発散。

人と話したいと思うときもあるけど、人と話すのがもう諦めのような気持ちもあるし、怖くもある。

自分が好きな音楽を聞いてて満足してればそれでいいじゃん、とも思う。

でも音楽って人それぞれ感じ方も違うし、あまりにも売れてなくて知られていない。

音楽を作っている本人たちですら一部の音楽しか知らないままだったりする。

自分が知ってる音楽も数は多いが、全体の中でいうとすごく少ない。

人が知るという行為がものすごい限定的な行為だな、と思う。

人ができることなんて、もっと少ない。

もっと何か作ったり、何か伝えたり、何かをたくさん知ったりできたら楽しいだろうなぁ。

一人の人間であるということに、ものすごく限界を感じます。

限りある時間なので、有意義な選択の積み重ねでありたいものです。

かといって効率ばかりを求めていけば、人間らしさも失っていくので

無駄と分かりながらどうでもいい選択も踏まえつつ、普通に生きていく。

日常を送ることだけで今は精一杯ですが、そのうち何かできたら良いなぁ。



Small Color - In Light [Japan] [Electronica] [Ambient] [オオニシユウスケ+良原リエ]



 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Toquinho - Acquarello [Italia/Brasil] [Pop] [Bossa Nova] [Ballad]

2018年08日   カテゴリ:日記・今日聴いた音楽     0 comments
Shirley Horn - Someone To Light Up My Life [USA] [Jazz] [Ballad]



週末は会社の飲み会だったんですが下っ端はあれですね、接待がきつい。

先輩の話も有り難がって聞かないといけない。いや、ありがたいんですがね。

金曜日の夜はかなり遅い時間まで、一人の先輩のお話を聞いてたんですが、

「ほ~そうなんですね」という部分と「そうかなぁ???」という部分が半々でした。

某大企業の工場でエンジニアをなさってた方のお話ですが、

社長とかエライ人→管理職→エンジニア→作業員 みたいな構造でだいぶ疲れて今の会社に移ったということ。

今の会社ではその構造がおかしくなっていて、

社長とかエライ人→ 本部 →カスタムサポート→支店→作業員 のはずが、

社長とかエライ人→支店→本部→カスタムサポート→作業員 という現状があって、

(※自分らは支店のカスタマーサポートが業務です)

本来は自分たちは支店より上の立場で (本部の指示を受けながら) 指導しなければならないのが、逆転している、というお話を聞かせていただいたんですが、
その矛盾と戦いながら本来の指導を行わないといかん、みたいな感じらしいんですね。

しかし自分としては会社勤めが初めてなのであれなんですが、まぁ実際働いてるのでそこは分かっています。

で、本来とは違う図式になっちゃってるなぁ、とも思います。しかしそれを「違う」と言ったところで何も変わるわけじゃないので、現状を感じたまま動くしかない。

本来の構造はあくまで 「あるべき姿」=「理想」 みたいなもんです。
現実の構造が違ってしまっている以上、「現状」を受け入れないと動けません。

しかしその人はなんというか、視野がやたら狭い。。。いや、それが普通なのか。。。
なんというか、「現状をいかにしてあるべき姿に戻した体で動くか」とか、
「理不尽な現状をいかに耐え抜くか」みたいなことにしか頭に無い。

しかもあれです、基本一人なんですよね、その人の考え方は。
前の職場ではそうしてないとだめだったかもしらんけど、
はっきり言って今の職場はまともな人が圧倒的多数を占めています。

普通にみんなでがんばったら良いと思うんですが、同じフロアでも数十社の人間が出向しているエリアなせいか、同じ会社の人のことだけ考えろ、みたいな事ばっかり。

もちろん同じ会社の人も大事ですよ?
でもこんな話してる横で、「みんなでがんばろうぜ」って話してる人いっぱいいるのに、
なぜそこに耳を傾けないのか・・・今までの職場のせいなのかなぁ。。。

「今の上司の○○さんは、君のことは育ったらラッキー、くらいにしか思ってないから気をつけないといかん」と言いますが、

それは「その人の感じたこと」でしかないし、ホントかどうかもわからんし、ホントだったとしても、「その人の考えてること」でしかなく、

「自分がどうしたいか」のほうが大事です。

相手がどう思ってたとしても、自分の行動次第で相手も変わるかもしれない、とかその人は考えてないんでしょうね。

まぁそれはそれで全然かまわんのですが、オレはそうは思わないので。

せっかくまともな人が多い中で、なんか勿体無い話ですよ。

その人自体もめちゃくちゃ良い人で、すごい面倒見てくれます。

そんな人ばかりで構成されている職場で、一部の変な人除いて9割以上の人が「困ったときはお互い様」と思ってくれている。

別の会社の人がどうなろうが知ったこっちゃない、とか思ってる人もほとんどおらんし。

オレもいろんなところから電話かかってきて、別の部署の相談とか受けていますが、普通に相談に乗っています。

「わざわざ時間かけて調べてくれてありがとうございました」って言われるし、「困った時はお互い様なので」と思いながら受けています。

見えない敵と戦っている、そんな感じの人です。

あんた、良い人なんだから一人で戦わなくていいよ!と言ってやりたい。



Toquinho - Acquarello [Italia/Brasil] [Pop] [Bossa Nova] [Ballad]



 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

人気ページランキング

ヘッドホン@Amazon

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ