Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Botanica [Rambling Records RBCP2327]

2010年06日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Botanica [Rambling Records RBCP2327]
Botanica [Rambling Records RBCP2327]

(2007/04/20)
オムニバス
01 Jerome Baur - Kantele
02 Takagi Masakatsu - Flows
03 David Walters - Sanza
04 Protassov - Gorilla (Jon Kennedy Remix)
05 Deco - So Beautiful
06 Thomas Newman - Any Other Name - Dead Already (American Beauty)
07 Bliss - Kissing (Instrumental)
08 S-Tone Inc. - Promenade Sur La Lune
09 Kaoru Inoue, GoRo - Mermaid
10 The Dining Rooms - Verso Il Sole
11 KeNsEi - LeOgAn DuB
12 Shiba - Dream Of Blue Curve
13 Zan Sab - Girl From The Bar
14 Alif Tree - Melismes Extatiques

Botanica [Rambling Records RBCP2327]

東京ミッドタウンにオープンしたコンラン・レストランの店舗「Botanica(ボタニカ)」を記念に作られたコンピです。


サー・テレンス・コンラン (Sir Terence Conran)

1931年10月4日、英国サリー州生まれ。セントラル・スクール・オブ・アーツ・アンド・クラフトにて学び、その後デザイナーとしてのキャリアを積み重ね、弱冠21歳で家具デザイン会社「コンラン・アンド・カンパニー」を設立。1953年「ザ・スープキッチン」というレストランをオープン、以降ユニークなレストランを次々と開店し、ロンドンの外食シーンを一新させた。1956年「コンラン・デザイン・グループ」を設立し、1973年にはデザイン性、希少性の高い、高価格帯を中心とした製品を中心とする「ザ・コンランショップ」を展開。1983年デザイン分野のみならず「モダン・ブリティッシュ」という英国の新しい文化への功績を評価され、エリザベス女王よりSirの称号を授与される。家具・インテリア用品のデザイナーであり、製造販売及びレストラン経営の分野でも世界有数の実業家として成功を収めている。

サー・テレンス・コンランと料理界のエピソード

1953年に初めてフランスを訪れたテレンスはそこで体験した豊かな食生活に衝撃を受け、そのままパリのレストランでシェフを目指しました。皿洗いから経験を重ねた後、ロンドンに戻り初めてのレストランをオープンさせました。それが「ザ・スープキッチン」。料理は基本的かつ良質であり、自分の家具を置き、全体のまとまりのある効果的なデザインの使い方は、その後の典型的なスタイル例となっています。フランスでの経験がテレンスのレストラン起業の原点となりました。


自然や植物といったオーガニックなモチーフに、民族音楽系インストを中心にしたクラブ系ラウンジ・ミュージックを収録。

映画音楽作曲家のThomas Newman、映画「テッセラクト」のサントラを手掛けたタイの音楽集団Zan Sab、フランス出身のプロデューサーAlif Tree、Schemaレーベルの大御所S-Tone IncとThe Dining Rooms、「Hed Kandi」「Buddha-Bar」「Music For Cocktails」コンピにも収録されてるBliss、「Bar Lounge Classics」や「Erotic Lounge」シリーズのコンピに収録されていたDecoなど。

日本勢は高木正勝を筆頭に井上薫(Chari Chari)、DJ KeNsEi、Shiba(アンビエント・Nu Jazz系)などを収録。

高木正勝が収録されていたので気になったのでレンタルしてきたんですが、民族系音楽に傾倒したラウンジ・ミュージックをBGMとして聴きたいときに役立っています。基本的に全曲インストというのもツボです(たまに声は入ってます)。

Takagi Masakatsu - Flows
リクエストによる埋め込み無効

Deco - So Beautiful


Thomas Newman - Any Other Name


Bliss - Kissing


S-Tone Inc. - Promenade Sur La Lune






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

The Best of Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music FAMO10001]

2009年29日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
The Best of Jazzin’for Ghibli
The Best of Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music FAMO10001]

(2008/12/03)
オムニバス
01 Lo Three S(LAVA) ft. Olivia Burrell - マルコとジーナ [紅の豚]
02 Takero Ogata - 風の伝説 [風の谷のナウシカ]
03 M. Hisataakaa [A.Y.B. FORCE] - 風の通り道 [となりのトトロ]
04 Lava - 海の見える街 [魔女の宅急便]
05 Morphil - 人生のメリーゴーランド [ハウルの動く城]
06 Ghibli Interlude - Ghibli Interlude
07 DJ SLY - いのちの名前 (ジブリ・メドレー)
08 DJ DAVI - アシタカとサン [もののけ姫]
09 D.Locke - もののけ姫 [もののけ姫]
10 sal - 君をのせて Remix [天空の城ラピュタ] (sal's reconstruction)
11 sal - あの夏へ [千と千尋の神隠し]
12 Smooth J - テルーの唄 [ゲド戦記]


The Best of Jazzin' for Ghibli
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music FAMO10001]


ジブリ公認のアナログで売れに売れた、未発表の新曲7曲含むジブリネタ・ジャジー・ヒップホップのベスト盤。

Nujabesのコンピ「Modal Soul Classics」にも楽曲提供した、ラテン・ブラジル・ハウス・ブレイクビーツなど幅広い技術を持つプロデューサーLAVAとトラックメイカーのTakero Ogata。 新人ピアニストのSmooth J、最初にジブリカバーを手掛けたDJ SLY。 タワレコ渋谷インディーズチャート1位を獲得したこともある実力派、A.Y.B ForceのMatsumoto Hisataakaaなど豪華プロデューサー陣による未発表のカバー曲を豪華収録。


Lavaの「海の見える町」が一発録りとは思えないクオリティーでした。DJ SLYもジブリネタ先行してただけあってセンスも良いし、ジブリファンも納得の出来で素晴らしい!

Lava - 海の見える街 [魔女の宅急便]


DJ SLY - いのちの名前 (ジブリ・メドレー)


D.Locke - もののけ姫 [もののけ姫]






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。









 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music MOMU502]

2009年29日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Jazzin’ for Ghibli
Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music MOMU502]

(2008/04/06)
オムニバス
01 sal - あの夏へ [千と千尋の神隠し]
02 sal - 君を乗せて [天空の城ラピュタ]
03 DJ Davi - アシタカとサン [もののけ姫]
04 DJ RYU - 風の谷のナウシカ オープニング
05 novo tempo - 風の通り道 [となりのトトロ]
06 KGO - 海の見える街 [魔女の宅急便]
07 sal - テルーの唄 [ゲド戦記]
08 nack - ナウシカレクイエム [風の谷のナウシカ]
09 sal - マルコとジーナ [紅の豚]
10 KGO - 人生のメリーゴーランド [ハウルの動く城]




Jazzin' for Ghibli
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music MOMU502]


ジブリ公認のアナログで売れに売れた、ジブリネタ・ジャジー・ヒップホップのコンピのCD盤。新進気鋭のHIPHOPアーティストによるノスタルジック+オーガニックなアレンジのカバー集。ジブリの名曲のリズムを取り込んでトラックメイキングしてるだけなので、「ジブリはこういうものなんだ」って固定観念がある人には向いてないかもしれません。

「聴いたことのあるフレーズ満載のジャジー・ヒップホップのコンピ」と思って聴くとかなりいい感じです。

基本的に「Jazzy」なだけで、別に「Jazz」そのもののアレンジではないのでご注意を。

ジャケットのアートワークにはNomakのジャケットを手がけている伏臣武のイラストが起用されています。

novo tempo - 風の通り道 [となりのトトロ]


KGO - 海の見える街 [魔女の宅急便]


sal - テルーの唄 [ゲド戦記]






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。








 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Listening Is Believing vol.3 [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]

2009年17日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Listening Is Believing vol.3 [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]
Listening Is Believing vol.3 [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]

(2008/09/29)
オムニバス
01 DJ Whitesmith - Haku
02 Prisma - Menina
03 Tsunenori - Floral Clock
04 Robert de Boron - Fines
05 Hazzy - Nooning
06 Float 11 - Waterlogged Coast
07 Lobe a.k.a. C.A.L.M. - It's Time To...
08 Mizube - Standard Explanation
09 Bona Fat - Kaos
10 Ghst Bust@ - Good Luck





Listening Is Believing vol.3
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]

「Libyus Music」からジャジー・ヒップホップのコンピレーション第3弾のリリース。MySpaceや某SNSでも再生回数が多くて特に注目された、日本のアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの次世代アーティスト10名の曲を収録。

メジャーレーベルからの勧誘を断ってデモCD-RでリバイアスからデビューしたPrisma、同じくリバイアスから「 Landscape」でデビューしたTsunenori、インターネットで多くの人から絶賛されたHazzy、Little Westというユニットで既にデビューしている、岡山を拠点に活動するFloat 11、シンプルなトラック・メイキングを目指す若手のLobe a.k.a. C.A.L.M.、Eccyやhaiiroなどのトラックにも参加している、若さとは裏腹な卓越したトラック・メイキングのMizube、京都を拠点に、Nujabesにインスピレーションを受けて活動開始したBona Fat、リバイアスのイベントで活躍するGhst Bust@など。

ちょっと前から自分の中でインスト物が聴きたくなってきてて色々聴いてるんですが、このコンピも新鮮でした。ピアノ・ハウスの大流行のおかげか、インストにピアノとかストリングスが多いのもツボですね!

Tsunenori - Floral Clock


Robert de Boron - Fines






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Mellow Beats, Sunshine & Twilight [Jazzy HIPHOP] [橋本徹] [P-Vine Records PCD93265]

2009年16日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Mellow Beats, Sunshine & Twilight [Jazzy HIPHOP] [P-Vine Records PCD93265]
Mellow Beats, Sunshine & Twilight [Jazzy HIPHOP] [P-Vine Records PCD93265]

(2009/09/02)
オムニバス
01 Kira Neris - Judy In June
02 Specifics feat. Jesse Maxwell - With J
03 Jazz Liberatorz feat. J Live - Vacation
04 Pat D - Good Times
05 Kero One feat. Ben Westbeech - When The Sunshine Comes
06 Young, Holdt, And Bess Unlimited - Four Square
07 Rideout & Terry Cole - We Got To Live Together
08 Hocus Pocus feat. Omar - Smile
09 Skiggy Rapz feat. Tienus - Today
10 Think Twice & David Ryshpan feat. Manchilde & Schubert - It's About Time
11 Think Twice feat. Coates - Money In The Rhymebook
12 DJ Alibi feat. Giant Panda - Round And Round
13 Cyne - Tide Of Life
14 Starving Artists Crew - Feed The Homeless
15 Dragon Fli Empire feat. Moka Only - Paradise
16 J. Rawls - A Tribute To Troy
17 Jneiro Jarel - Lock Down
18 People Under The Stairs - Flex Off
19 Dragon Fli Empire - Speak To Me
20 Moar - Les Mots
21 Pat D & Lady Paradox - Train Of Thought

Mellow Beats, Sunshine & Twilight
[Jazzy HIPHOP] [P-Vine Records PCD93265]

橋本徹(SUBURBIA)監修&選曲のシリーズ「メロウ・ビーツ」の2009年9月リリース盤。新曲で初CD収録となるオランダの注目株Skiggy Rapz、フランスのKira Neris、日本でも定評のThink Twiceのカヴァー・プロジェクト、Think Twice & David Ryshpan feat.Manchilde & Schubertの初披露曲など、優秀なバイヤーでしか収録できない先行トラック目白押しのジャジー・ヒップホップのコンピレーションになっています。

クロスオーバーでオシャレな曲がたくさん入っていて、晴れの日や朝のさわやかな雰囲気を満喫するのに最適なナイスな1枚です!

こういう系統のコンピって自分はちょっと敬遠しがちだったんですけど、チェックしてみれば「ずるいな~!」と思わせられる内容でした。先行トラックとか業界人しか聴けないですもんね。

Kira Neris - Judy In June


Skiggy Rapz feat. Tienus - Today


Jneiro Jarel - Lock Down






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。