Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2009 - Tai Rei Tei Rio [Epiphany Works EPCT1]

2009年04日   カテゴリ:Takagi Masakatsu 高木正勝     0 comments
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2009 - Tai Rei Tei Rio [+文庫本付き] [Epiphany Works EPCT1]
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2009 - Tai Rei Tei Rio [+文庫本付き] [Epiphany Works EPCT1]

(2009/06/17)
01 Homicevalo
02 Utafu
03 Ana Tenga
04 Lava
05 Ceremony
06 Laji
07 Tidal
08 Philharmony
09 Mukafu
10 Watch The World
11 Wave
12 Elegance Of Wild Nature
13 Tai Rei Tei Rio
14 Nihiti
15 Omo Haha
16 Naraha

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2009 - Tai Rei Tei Rio
[Epiphany Works EPCT1]

内容紹介
音楽/映像、それぞれの世界で真の意味での"アート"を生み続ける唯一無二の存在である、日本が世界に誇る若き巨匠、高木正勝。
2年ぶりとなる待望の新作アルバムが完成!
今回はCD+文庫本の豪華パッケージです!

★2008年10月のめぐろパーシモンホールおよび12月の岩手県立美術館でのコンサートの音源を元に制作された新作アルバムがリリースされます。
コンサートでは、高木のピアノに、パーカッション、コーラス、ジプシー・バイオリン、イーリアンパイプなどを加えた多彩な編成で演奏。
現代の日本に生きる自分たちにとって必然性のある音楽とは?
根源的で普遍的な世界と「今、ここ」を結びつけ、拡い意味での日本の民族音楽の探求に挑みました。

★ポリネシア語で「大きく振れ、小さく振れ」という意味を持つ「タイ・レイ・タイ・リオ」は、松明を振る京都のお祭りで使われる「祭礼際領(さいれいさいりょう)」という言葉の語源と言われています。
北の草原や南の島からやってきた私たちの祖先、そうした大きな日本地図を描いた時に見えてくる世界観や音楽を、ライブの音源を元に再構築しています。
儀式のような静かで厳かな音楽から、ダイナミックで祝祭的な曲へ、そして全てを慈しむような穏やかな音楽へと変化する中で、聴く人の血に響くそれぞれの「タイ・レイ・タイ・リオ」を体験していただくことでしょう。

★また、各楽曲のテーマやイメージに沿って、多摩美術大学芸術人類学研究所の石倉敏明氏が世界中の神話や民話を収集。
およそ100pの文庫本がセットになって、読み物としての「タイ・レイ・タイ・リオ」もお楽しみいただけます。

★上記コンサートを記録したドキュメンタリー映画『或る音楽』も完成!
オリジナル作品「Homicevalo」「NIHITI」とともに7.4(土)~7.24(金)渋谷ユーロスペースにてレイトショウ上映、ほか全国順次公開! (Amazon)


ふたつのライブ音源を基に編集、ミックスされた2009年のアルバム。高木正勝が2006年にサハラ砂漠でギターの音が響かなくてチューニングし直した体験から派生した「人の心に響く音とは」というコンセプトに基づいた内容。そして演奏者自体が感じる音と、それを聴いてる人には実際には軽く聴こえるというずれを意識した少し低めの音に編集されています。日本語を使うとその意味に引きづられてしまうので日本をイメージした造語を作成して歌詞を創作。

エレクトロニカを完全に抜け出した、現代音楽です。聴いてて受けた印象では、現代音楽+スティーブ・ライヒ+民俗音楽、上野洋子のVita Novaなどにも通じる民族音楽+何かというエッセンスを感じました。Hector Zazou、ワールズ・エンド・ガールフレンズの後期にも少し似ていると思います。再演している「Wave」を聴き比べてみると音が引き締まった感じがします。低音は前のほうがあると思いますが「タイ・レイ・タイ・リオ」のほうがもっと音がバランスよく整然と並べられています。ただ自分のスピーカーにしてもそうですが、このCDから流れてくる音をどこまで再現できてるんだろうか、という不安も。本人も一般家庭のスピーカーで素直に全ての音が出るかどうかとコメントしてますし。

そういう部分を除いた結論として内容はかなり良かったです。大地を感じられる民俗音楽!

「NIHITI」に至っては人間が生まれる以前の地球を垣間見たような、様々な環境音と鳥の鳴き声、生き物の動く音(恐竜の足音?)、雷、雲のうねりでかなり壮大。

「Homicevalo」は少し沖縄の朝崎育恵の民謡を彷彿とさせる女性Voとそれに呼応するかのような男性Voのデュエットにピアノをメインとしたオーケストラ。少しケルト音楽をイメージさせます。

映画「或る音楽」出演:高木正勝 (Tai Rei Tei Rio)


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Naraha






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2007 - Private/Public [P-Vine Records EBCD1]

2009年04日   カテゴリ:Takagi Masakatsu 高木正勝     0 comments
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2007 - Private/Public [P-Vine Records EBCD1]
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2007 - Private/Public [P-Vine Records EBCD1]

(2007/05/03)
01 Ceremony (田口晴香, 太田美帆, ヤドランカ)
02 Bloomy Girls (太田美帆, 田口晴香, ヤドランカ(VoiceP))
03 Wave (太田美帆, 田口晴香, ヤドランカ(VoiceP))
04 Mio Pianto (太田美帆)
05 Exit/Delete (ヤドランカ)
06 Any (田口晴香, Cho:太田美帆)
07 Entrance (太田美帆, 田口晴香, ヤドランカ, 高木正勝)
08 Watch The World (田口晴香, Cho:太田美帆)
09 Girls
10 Elegance Of Wild Nature (太田美帆, 田口晴香, ヤドランカ(VoiceP))
11 Grace (UA)
12 Primo (太田美帆, 田口晴香, ヤドランカ, UA)
13 Wald (太田美帆)
14 Spiral (田口晴香, Cho:太田美帆)
15 Rama (太田美帆, 田口晴香)
16 Light Song (太田美帆, 田口晴香, ヤドランカ, 高木正勝)

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2007 - Private/Public
[P-Vine Records EBCD1]


内容紹介
高木正勝 3年振りのコンサートの音源を収録した、 初のライブアルバム完成!

UA、OLAibi(OOIOO)、高田漣、ヤドランカなど豪華10名のミュージシャンと創りあげた優雅でかつ迫力のあるコンサートの音源を高木自身がミックスしました!

★音楽家であると同時に映像作家でもある高木正勝。
新世代を代表するアーティストとして常に新たな地平を切り拓いている彼の、実に3年振りとなるソロコンサートを記録したライブアルバム。自身のピアノ演奏はもちろん、全ての楽曲を生演奏で再現した今回のコンサートは、未だに「エレクトロニカ」というフィールドで認識されがちな高木にとっては大きなチャレンジであり、分岐点となりました。

★ 今回のライブ・アルバムには、過去の代表作や最新アルバム「Air's Note」からの楽曲に加え、コンサートで初めて発表された新作(5曲)、現在EPSON社CMで使用されている「Grace」や公文式CMで使用されている「Girls」を収録。また、コンサートの写真や高木の映像作品のビジュアルを掲載したブックレットと共に、単なるライブアルバムとは一線を画す、現在の高木の集大成とも言える貴重な作品となりました。

アーティストについて
高木正勝 Takagi Masakatsu

映像と音楽両方の制作を等価に手がけ、双方に質の高い融合により注目を集めるアーティスト。国内外のレーベルからCD/DVDをリリースすると同時に、アートスペースでのビデオ・インスタレーションや世界各地でのライブなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。
最近では、デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアーへの参加や、UAのミュージックビデオ、ダンス作品の映像/音楽を制作するなど、積極的なコラボレーションも行っている。 また、2006年にはRESFESTが最も集目する世界の10人のクリエーターの一人に選ばれ、海外での評価もますます高くなっている。 (Amazon)


高木正勝の2007年リリースで2006年原宿ラフォーレミュージアムでのコンサートで初披露となった、Kraoke Kalkのコンピレーション「Kalk Seeds」に収録されていた「Mio Piano」を含めた新曲5曲、KUMON CM songの「Girls」、EPSON CM Songの「Grace」を収録しています。UA(Vo)、OLAibi(OOIOO)(Per)、高田漣(G)、ヤドランカ(Vo)など総勢10名の豪華ゲストを迎えたオーケストラ、全て生演奏。付属の特製ブックレットには「Girls」の楽譜を掲載。

もうここまで来るとクラシックというか、現代音楽の領域ですね。

トラックリストに誰がどの曲を歌っているのか補足しておきました。いろんなアーティストをたくさん聴いてるとこの歌はこの人が歌っていると長年思っていても勘違いしていることがあるので。

Takagi Masakatsu 高木正勝 - Wave


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Rama


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Epson TVCF#1 - long


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Epson TVCF#2 - long






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2006 - Air's Note [DefSTAR Records DFCP-12]

2009年03日   カテゴリ:Takagi Masakatsu 高木正勝     0 comments
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2006 - Air's Note [DefSTAR Records DFCP-12]
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2006 - Air's Note [DefSTAR Records DFCP-12]

(2006/03/24)
01 Ophelia
02 Crystallized
03 Any
04 Entrance
05 Watch The World
06 Dancer
07 One By One By One (Aqualung)





Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2006 - Air's Note
[DefSTAR Records DFCP-12]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
日本が世界に誇る若手映像作家であり、音楽家でもある高木正勝のミニ・アルバム。UKのアーティストAqualungとの共作曲を筆頭に、さらに新しい世界に足を踏み入れた作品に仕上がっている。 (Amazon)


平井堅などで知られるDef Starレーベルからのリリース。森と人間が生活する場所との関係性がコンセプトになっており、期間限定で特設HPにアクセスすると「CO2排出量計測テスト」が体験できるようになっていた模様です。収録曲のほとんどが歌物トラック。7曲目の「One By One By One」はEUのSSW(シンガーソングライター)Aqualungとの共同制作で2005年の末にロンドンでレコーディング。

1曲目の「Ophelia」はアコースティックで枯れ葉系の女性ボーカル物ですがコルトプラスのCMソングにも起用されています。

「Sail」ポップ化→「Coieda」インストと歌のバランス→「Air's Note」においてはポップさだけなく、初期から持っていた静謐さがまたさらに深みが増しそれが歌のメロディと繋がってさらに美しく、切なさにまで昇華されています。

Takagi Masakatsu 高木正勝 - Ophelia


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Entrance






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2004 - Coieda [CD+DVD] [W+K TOKYO LAB MTCD-1042]

2009年03日   カテゴリ:Takagi Masakatsu 高木正勝     0 comments
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2004 - Coieda [CD+DVD] [W+K TOKYO LAB MTCD-1042]
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2004 - Coieda [CD+DVD] [W+K TOKYO LAB MTCD-1042]

(2004/09/08)
01 Pia Flies
02 New Flat
03 Midnight
04 Cruz
05 Exit/Delete (David Sylvian)
06 Coieda
07 O.P.R. (当真伊都子)
08 Dogma
09 Girls
10 Private Drawing
11 Cuba
12 Birdland#3
13 Change Of Seasons
14 Opfern
15 Primo (当真伊都子)
■DVD■
01 Birdland#3
02 Girls
03 Maggie's Trip
04 Private Drawing
05 New Flat
06 Aura
07 Primo
08 Exit/Delete First Sight







Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2004 - Coieda
[CD+DVD] [W+K TOKYO LAB MTCD-1042]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
音楽と映像を巧みにリンクさせた活動で知られる高木正勝のフル・アルバム。生ギターをバックにデヴィッド・シルヴィアンが歌う(5)やライヴでの即興演奏を録音した曲を含む今作のサウンドは、芸術もポップも区別なく取り込んできた彼の世界の一つの完成形かも。 (Amazon)


高木正勝の集大成とも言えるべき2004年のマスト盤。ボーカルトラックは絞り、使うべきところで使ってあとはインストになってます。 坂本龍一とのコラボレーションで注目されているデイヴィッド・シルヴィアン、細野晴臣らのスケッチショウなど参加アーティストも豪華になっており、室内楽的な音楽性もさらにレベルアップしています。

●ネパールのチトワンでフィールドレコーディングした音を駆使した、オーケストラを交えたキラキラのフォークトロニカの2曲目。

●ギターにピアノだけのシンプルなメロディで始まりデヴィッド・シルヴィアンがしっとり聴かせるシンプルソングの5曲目。

●ピアノのシンプルなメロディが川のせせらぎで転がる小石のように飛び跳ねる9曲目。

Spangle call Lilli lineからインスピレーションを得たマリンバと打楽器を使ったオリエンタル・リゾートのような陽気なリラックス・トラックの11曲目。

●ラストは当真伊都子のソプラノコーラスにピアノ、オーケストラを使ったクラシック的で大団円な雰囲気で締めくくってます。

全体的にオーケストラ的な音の編成が多く、よりオーソドックスで普遍的なメロディを目指してるのが分かります。

Takagi Masakatsu 高木正勝 - New Flat


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Exit/Delete (David Sylvian)


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Girls


Takagi Masakatsu 高木正勝 - Primo






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。







 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Sail [Cutting Edge/Daisyworld]

2009年03日   カテゴリ:Takagi Masakatsu 高木正勝     0 comments
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Sail [Cutting Edge/Daisyworld]
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Sail [Cutting Edge/Daisyworld]

(2003/08/27)
01 Dig Down
02 Let's Summer Sail
03 Drowsy
04 Kimmy
05 Good Afternoon, TABASA
06 Makmoc
07 Autumn Blossom
08 Pink Wave
09 Pimrico
10 Night Drive Through Wonder
11 Rama
12 Rama (Cornelius Remix)
■EXTRA■
・Drowsy
・Pink Wave

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Sail [Cutting Edge/Daisyworld]

映像作家でもあるアレクトロニカ・アーティストの2枚目。繊細な電子音からなるみずみずしいエレクトロニカというのは前作と同様だが、今回はメロディー・ラインが際立ち、あたたかな手触りの作品になった。女性ヴォーカルのキュートな歌声、細部までていねいに作り込まれた微細な電子音、アコースティック楽器のやわらかな響きなどが相まって、北欧エレクトロニカとも呼応するファンタジックでハートウォームな世界を作り上げている。特に、ミニマルなエレクトロニクスによって、淡い日射しに包まれていくような音像を生み出していく「rama」が突出した出来。風景が浮かんでくるようなイマジネイティヴな曲が多いのも、この人ならではの映像的センスといえる。(小山 守)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
世界一純粋なポスト・エレクトロニカ・アーティスト、高木正勝。音楽と映像のコラボレーションを余すところなく収めた待望の新作アルバムがついに完成。聴く人を優しい気持ちにさせてくれる。 (Amazon)


高木正勝のDaisyworldからの2003年リリース作。ギターに菅大祐を迎え、ボーカルには前作同様女性シンガー当真伊都子を前面に押し出したポップミュージック。エレクトロニカというより、ドリーミーなギターポップのような出来。

1+3+4+8は当真伊都子が歌うローファイ・トイポップエレクトロ。

2+6+7+8+9+10+11はインスト中心のハートウォーミングなエレクトロニカ。

ラスト12曲目はコーネリアスによるオーロラのゆらめきのようなRamaリミックス。

特に2曲目の「Let's Summer Sail」はポジティブでキラキラして牧歌的なmumを感じさせてくれるキラーチューン。全体的に、何気ない日常の楽しい時間、明るい時間をイメージスケッチしたようなコンセプトです。これまでの静謐さ、静けさゆえの癒し的なトラックはどれかといえば11曲目になると思いますが、夏の晴れた日の公園の木陰で昼寝してるような明るさに満ちています。





↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。