Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2008 - Re-Platform [Cirque Records CQCD-012]

2009年18日   カテゴリ:Hanno Yoshihiro 半野喜弘     0 comments
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2008 - Re-Platform [Cirque Records CQCD-012]
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2008 - Re-Platform [Cirque Records CQCD-012]

(2008/04/05)
101 plat (Re-constract By Sogar)
102 pup (Re-constract By Sogar)
103 secret (Re-constract By Sogar)
104 marriage (Re-constract By Sogar)
105 lost (Re-constract By Sogar)
106 The Long Goodbye - fur ina (Re-constract By Stephan Mathieu)

201 re-platform (Re-constract By Yoshihiro HANNO+AOKI takamasa+Superdrive)
202 Overs - Parts 2 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
203 Overs - Parts 3 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
204 Overs - Parts 4 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
205 Overs - Parts 5 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
206 Overs - Parts 6 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
207 Overs - Parts 7 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
208 Overs - Parts 8 (Re-constract By Terre Thaemlitz)
209 Thema - Form (Re-constract By Terre Thaemlitz)
210 Home - Form (Re-constract By Terre Thaemlitz)
211 Last - Form (Re-constract By Terre Thaemlitz)

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2008 - Re-Platform
[Cirque Records CQCD-012]


別名義RADIQ、田中フミヤとのユニット DARTRIIXなどで幅広く活動するフランス在住の半野喜弘。

ジャ・ジャンク監督の2000年に発表された映画「Platform」のサウンドトラックをSogar、Stephan Mathieu、Terre Thaemlitz、半野喜弘+青木考充Superdriveが5年がかりで解体/再構築し直したリミックス・アルバム。構成は約30分というコンセプトに基づいて2枚組みに分けられています。

ほとんどの曲がノン・ビートになっており、かなりアヴァンギャルドな内容です。Sogarのリミックスではエクスペリメンタルでドリーミングなアンビエント・ノイズが多く、ステファン・マシューのリミックスはにピアノの単音だけが長時間ひたすら単音のみでフェイドアウトの繰り返しという、夕日が沈んだあとの空が青くなっていく様を見てるような静謐なアンビエント・ノイズにフィールド・レコーディングの鳥のさえずりが添えられています。半野+AOKI takamasa+スーパードライヴのリミックスは30分45秒の超スペクタクル、チェロとノイズのアンビエントからミニマルなビートの鳴るアンビエントに移行し、最後のパートではピアノがぼんやり鳴り響き再びチェロに戻ります。

全体的に環境音楽に近い印象で、アンビエントや環境音楽を聴きたい人にはオススメです。また、プラットフォームを聴き込んだことのある人には、原曲にかなり近いものも中には含まれていたので新しさは半減するかもしれません。もちろんそれ抜きにしても良いアンビエントのトラックがかなり含まれていたので一度聴いてみることをオススメします。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2005 - Angelus [EMI TOCT25658]

2009年18日   カテゴリ:Hanno Yoshihiro 半野喜弘     0 comments
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2005 - Angelus [EMI TOCT25658]
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2005 - Angelus [EMI TOCT25658]

(2005/05/25)
01 Angelus
02 甘い奇跡 (feat. 坂本美雨)
03 夢の匂い (feat. ハナレグミ)
04 相対性ロケット (feat. 原田郁子(クラムボン))
05 5つの告白と2つの嘘
06 サヨナラ,はらいそ (feat. 細野晴臣 duet with半野喜弘)
07 蒼い月 (feat. 原田郁子(クラムボン))
08 ナイフ (feat. 中納良恵(EGO-WRAPPIN'))
09 ふたりのこと (feat. AH)
10 スクラップPart1&2 (feat. 湯川潮音)



Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2005 - Angelus [EMI TOCT25658]

エレクトロニカ、現代音楽、映画音楽、クラブミュージックと様々な分野で評価されているフランス在住の半野喜弘が贈る2005年のアルバム。

「Lido」の延長線上の作品であり、前回のフランス勢のゲストとは違い、今作では日本人ミュージシャンの参加が中心でさらに一歩先に進んだ音になっています。キャッチコピーに「大人たちと、大人になろうとしている子供たちへ、という半野喜弘の想いを込めたラブ・ソング」と書かれており、日記でも「『聴きやすさ』をテーマにJ-POPに挑む」と言っているようにとにかくボーカルを聴かせる音作りに注目。ボーカルを前面に押し出し、音と声のバランスが1:1であるために歌がより聴きやすくなっており、そこにグリッチノイズや硬質なビートなどが入ってくるため新鮮。「Lido」日本語バージョンといった印象です。

メインストリームから選び抜かれたボーカリストは、坂本美雨、ハナレグミ(SUPER BUTTER DOG)、エゴ・ラッピンの中納良恵、細野晴臣、クラムボンの原田郁子、AH、湯川潮音、等。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Hanno Yoshihiro 半野喜弘 feat. ハナレグミ - 夢の匂い





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2003 - Lido [Sony SICL64]

2009年18日   カテゴリ:Hanno Yoshihiro 半野喜弘     0 comments
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2003 - Lido [Sony SICL64]
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2003 - Lido [Sony SICL64]

(2003/10/22)
01 リド Lido (Piano: Takeo Touyama)
02 北へ… Flying North (Vocal: Joan La Barbara)
03 旋回 Reviravoltear (Vocal: Arto Lindsay)
04 届けられなかった手紙 Letters (Vocal: Mayumi Abe)
05 葉上の血は決して僕を許さない Le Sang sur la Feuille ne me Pardonne Jamais (Vocal: Clarie Deligny)
06 記述者 Scipteur (Vocal: Joan La Barbara)
07 4本の右手の為に For 4 Right Hands
08 沈む石 La Pierre Immergee (Vocal: Rodolphe Burger)
09 祈りを知らない唇 Lips Without Pray (Vocal: Joan La Barbara)
10 亡命者 Refugee (Vocal: Elise Caron)
11 始まり,そして果て Le Commencement el la Fin (Vocal: Joan La Barbara)
12 幸福なる死 La Mort Heureuse

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2003 - Lido [Sony SICL64]

パリ、NY、東京などで録音された2003年のアルバム。アート・リンゼイやジョン・ケージの作品に参加しているジョアン・バーバラ、フランスのジャズ歌手&女優のElise Caron、フレンチ・ロックの大御所ルドルフ・ビュルジェ、MatchboxxとStereoflopで活動しているフランスのClarie Deligny、エレクトロニカ・アーティストとしてソロでデビューもしているTakeo Touyamaなどゲストも多数。

半野喜弘の有機的な音楽の集大成で、「永遠の仔」や「Platform」の延長線上に位置する作品ですが、終局的な暗さは少なく、どちらかといえば哀愁と優しさ・暖かみに満ちたアルバム。

ピアノとグリッチ・サウンドの中、ジョアン・バーバラがメランコリックに歌う「北へ… Flying North」、アート・リンゼイの柔らかい歌声の「旋回 Reviravoltear」、Clarie Delignyの枯れて艶のある声とフォークトロニカ的なアコースティック・サウンドが心地良い「葉上の血は決して僕を許さない Le Sang sur la Feuille ne me Pardonne Jamais」、ルドルフ・ビュルジェの声が深く影を落とすゆったりした「沈む石 La Pierre Immergee」など全12曲収録。

映糸、The Cinematic Orchestra好きにもオススメです。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




関連音源:
Nakaban + Takeo Toyama - Amethyst



関連音源:
Arto Lindsay - Dora










 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2002 - 9 Modules.+ [PROGRESSIVE FOrM PFCD04]

2009年18日   カテゴリ:Hanno Yoshihiro 半野喜弘     0 comments
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2002 - 9 Modules.+ [PROGRESSIVE FOrM PFCD04]
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2002 - 9 Modules.+ [PROGRESSIVE FOrM PFCD04]

(2002/10/22)
01 Dub
02 S.E.Q.
03 C
04 2h.io_2p
05 ~
06 6
07 Op.
08 Square
09 Oval
10 .+




Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2002 - 9 Modules.+
[PROGRESSIVE FOrM PFCD04]


青木考充と高木正勝のSilicomがきっかけで始まり最近は細野晴臣なども関わるPROGRESSIVE FOrMレーベルからリリースされたアルバム。
半野喜弘のアルバムとしてはエレクトロニカ、IDMと呼ぶのに一番ふさわしい最初のアルバムです。max/mspサンプリングの硬質なブレイクビーツとこれまでに培ってきたアンビエントやエレクトロが融合。以前までのアルバムとは全く別の新しい内容。ポジションとしてはSilicom、Aoki Takamasaの硬いビートにかなり系統が似ています。

工場の機械の反復運動を思わせる「Dub」、ハード・ミニマルなグリッチ・ブレイクビーツ「S.E.Q.」、深海のようなサウンド・スケープにミドルテンポなビートの「C」、変則的なドラムコードにゆったりした知性的なメロディとグリッチノイズの「6」、コンピューターのピコピコ音がコミカルなミニマルテクノ「Oval」、エクスペリメンタルなアンビエント・ノイズの「.+」など全10曲収録。



PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧








 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2001 - Platform [Cirque Records CQCD-003]

2009年18日   カテゴリ:Hanno Yoshihiro 半野喜弘     0 comments
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2001 - Platform [Cirque Records CQCD-003]
Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2001 - Platform [Cirque Records CQCD-003]

(2001/11/27)
01 Overture
02 Platform
03 Lost Confessions
04 A Secret Marriage...Pf
05 Venezia
06 Pup
07 Shoal
08 A Secret Marriage
09 Platform Variaton




Hanno Yoshihiro 半野喜弘 - 2001 - Platform
[Cirque Records CQCD-003]


半野喜弘が2001年にリリースしたアルバムで映画「プラットフォーム」のサウンドトラック。「永遠の仔」の続編のような管弦楽器とピアノを中心とした内容でありつつ、メインのアコースティックな部分にさりげなくエレクトロニカ・サウンドが絡みついて非常に聴きやすいクオリティ。エレクトロニカというより、現代音楽や静謐なアンビエント、寝る前に聴けそうな鎮魂歌といった捉え方が正しいかもしれません。その静謐さはWorld's End Girlfriend高木正勝の曲にも共通するものがありますが、「永遠の仔」のイメージも引きずっているため終局的なイメージと暖かみもあります。

映糸が好きな人にも気に入ってもらえる静謐さの1枚。



PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧









 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。