Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Radiq aka 半野喜弘 - 2009 - People [Cirque CQCD015]

2009年20日   カテゴリ:Radiq aka 半野喜弘     0 comments
Radiq aka 半野喜弘 - 2009 - People [Cirque CQCD015]
Radiq aka 半野喜弘 - 2009 - People [Cirque CQCD015]

(2009/06/17)
101 People - Overture
102 1968 I
103 1968 II
104 Movements (Live In 1978)
105 Life On The Ghetto Street
106 Coffee House Jam Original Mix
107 Muddy Water (Saxophone Tenor: Tetsuya Heike)
108 People - Theme
109 Sad Yesterday Bluse

201 Liberalismo (Percussion: Satoshi Ishikawa)
202 Paris 4:00
203 By Any Means Necessary
204 45 Murder
205 Electric Lady (Guitar: Yosuke Nakajima)
206 Ghetto Herb
207 People - Finale

Radiq aka 半野喜弘 - 2009 - People [Cirque CQCD015]

スライ&ザ・ファミリーストーン、カーティス・メイフィールド、ジミ・ヘンドリックス、フェラ・クティ、マイルス・デイビス・・・60~70年代のブラックミュージックの巨匠と歴史を半野喜弘独自の解釈で挑むコンセプチュアルな「People」がオリジナル・アルバムとしては4年ぶりに登場。

ブラックミュージックからの多大な影響を受けたと語りそれを独自の解釈で紐解き、新しい音楽の可能性を目指す。ブラックミュージックの話をする人はいても、「新しいブラックミュージックを作ってみた」と言える黒人じゃないミュージシャンなんて滅多にいるもんじゃありません。そしてそれを納得させてしまうトラックを用意できるのはさすがとしか言いようがありませんね。当たり曲を中心とした本人のコメントのまとめが以下の通り。

マーティンルーサー・キング.Jrが射殺されパリで5月革命があった年のことを曲にしたいと思い作った「1968 I」、仮想ライブとして録音されているクールなファンク・ベース「Movements (Live In 1978)」、スライ・ストーン、カーティス・メイフィールドなんかの影響が大きいファンキーでワイルドな「Life on The Ghetto Street」、ジョン・リー・フッカーなどブルースのイメージがするという、サックスのインプロビゼーションから壊れかけたファンク・ブルースに変貌を遂げる「Coffee House Jam」などのDisc1。

過去に録音したサンバのリズムを再利用し、カルトーラへの敬愛とジェームス・ブラウンのフャンクネスとグリッチの香水を少し垂らした「Liberalismo」、昨日の悲しみを越えて明るい未来へというイメージと、天気の良い日曜の午後の雰囲気の「Sad Yesterday Bluse」、マルコムXの歴史的スピーチの引用したジャジーヒップホップな「By Any Means Necessary」、人類の殺戮をモチーフにしたディープ・ファンキー・ハウス「45 Murder」、エフェクトをかけたボーカルが未来的なソウルボイスの、現代に犯された全てに対する鎮魂歌「Ghetto Herb」などのDisc2。


120分という超大作でそれはありとあらゆる模索をした結果、膨大な曲になってまとめるだけで何個も雛形ができるくらいだったからこその2枚組。

ざっと聴いた感じとしては、「あ~ホントにこれはブラックミュージックだな」と思いました。それもただのブラックミュージックではなく、近い未来に聴かせてくれるブラックミュージックはこんな感じじゃないかな~と。Hudson Mohawkeなどに見られるヒップホップエレクトロニカで最近見られる傾向のエフェクターのかかったソウルフルなボーカルと、青木考充の「SImply Funk」のようなやたらファンキーで太いベースラインにIDMやジャズ、生楽器を絡めてここまですっきりまとまって自然に聴こえるのは半野喜弘だからでしょう。彼の天才ぶりがこれでよく分かるし、これを理解できて天才と思えない人がいるとは思えない、それくらい出来が良かったです。


ヒップホップエレクトロニカ、ハドソン・モホーク、青木考充好きにもオススメだしもちろんその手の音楽に触れたことのない人にもオススメです。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Radiq aka 半野喜弘 - 1968 I




スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Radiq aka 半野喜弘 - 2007 - Ballads For The Atomic Age [Cirque CQCD010]

2009年19日   カテゴリ:Radiq aka 半野喜弘     0 comments
Radiq aka 半野喜弘 - 2007 - Ballads For The Atomic Age [Cirque CQCD010]
Radiq aka 半野喜弘 - 2007 - Ballads For The Atomic Age [Cirque CQCD010]

(2007/07/07)
01 Ballad - Prelude
02 Quadrille feat. Damiana Terry
03 Suicide
04 Buzz feat. Black Crom
05 Futurismo
06 A Ballad For The Atomic Age feat. Damiana Terry And Black Crom
07 Isotope 3-2
08 Numb
09 Inner-Space Dub
10 Assemblage
11 Isotope - Reprise
12 Rudies Gun
13 Ballad - Coda

Radiq aka 半野喜弘 - 2007 - Ballads For The Atomic Age
[Cirque CQCD010]


op.discレーベルを田中フミヤと共同運営しながらPROGRESSIVE FOrM、フランスのLogisticからもリリースしている半野喜弘のRadiq名義での2007年のアルバム。

12インチアナログでのみリリースされていた13曲をリアレンジ・リマスタリングした内容で、ヨーロッパで先行シングルカットされた「Quadrille」、「Suicide」も収録しています。 半野喜弘の音楽的ルーツであるヒップホップ・レゲエ・ジャズ・ダブをコンセプトに始まったRadiqも多様化し、ヒップホップ的な部分を踏襲しながらもジャズファンク的なファンクさがあり、またIDMとして作りこまれてる箇所もかなりハイクオリティです。

今作の特徴にベースラインへのこだわりがあり、それがIDMの手法やヒップホップ・ラップへの融合を上手く果たし半野喜弘でしか為し得ない新しいブラックミュージックを確立しています。クリックハウス的な要素やファンクネスな部分は青木考充の「Simply Funk」にも似ています。

日本のIDMって世界でもかなり特殊なテイストがあると思うんですが、半野喜弘のRadiq名義はクリックハウス、エレクトロニカ、IDMとしてもかなり完成度が高くてオススメです。「今の時代に天才はいないんじゃないか、見たことないし」と言う半野喜弘に、青木考充が「自分も半野喜弘以外の天才を見たことがない」と思うほどリスペクトしているのもうなづけます。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




関連曲
Yoshihiro Hanno - Nova Express





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest [Logistics log052cd]

2009年19日   カテゴリ:Radiq aka 半野喜弘     0 comments
Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest [Logistic log052cd]
Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest [Logistic log052cd]

(2005/11/05)
01 Riot feat. Black Crom
02 Cosmic Swing
03 Rip, Rig & Panic
04 Voodoo
05 The Ruler
06 Rocker's Rebel feat. Paul St. Hilaire
07 The Genetic Code
08 Sage feat. Black Crom
09 Tomorrow's Quest part 1
10 Tomorrow's Quest part 2
11 Tomorrow's Quest part 3 feat. Black Crom
12 The Grass Roots feat. Paul St. Hilaire

Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest
[Logistic log052cd]


メインストリームの最先端を歩くハナレグミ、原田郁子、中納良恵、細野晴臣などを起用した「Angelus」が絶賛された半野喜弘のRadiq名義での2005年にフランスのLogisticからリリースされたアルバム。

「政治的色彩を帯びた人種や階層における断絶に対する抗議声明のようなもので、同時に60年代のスピリチュアルなジャズや70年代のニュー・ソウル、レゲエが持っていた音楽的熱量とシンクロしていて、音楽の断絶の先にある自由へと歩を進めることが今回の目的」と本人がコメントしています。

前作よりも柔軟な音作りで、IDM的な要素の強くなった今作。ラップトップミュージックの持つ幻想的な響きと構築美を巧みに操りつつ、クールなラップが乗ってます。ベルリン在住のダブ・シンガー、カリブの島ドミニカ出身のBasic Channelからのリリースで知られるPul St Hilaire(aka Tikiman)が南国系の華やかなヴァイブレーションを与えています。

シンプルなアンサンブルとラップの「Riot/暴動」から始まり、ジャズ・ファンクがベースのカットアップされたラップとTerryの艶っぽいボーカルの「Cosming Swing」、カサヴェテスの映画からインスパイアされたというモード・ジャズと立体的なビートを融合した「Rip, Rig & Panic」、ファンキーなベースとグリッチサウンドにTerryの声や子供の声のサンプリングが飛び交う「Voodoo」。Pul St Hilaireのスタジオでレコーディングされた南国ヴァイブレーションが優しく包むダブ「Rocker's Rebel」、アムステルダムの刑務所から出所したばかりのKamtarがフックの部分で参加する「Sage」など全12曲収録。

ディープな音作りにラップが乗るIDMで、完成度の高い一枚。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Radiq aka 半野喜弘 - Rip, Rig & Panic




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Radiq aka 半野喜弘 - 2004 - Graffiti & Rude Boy 67' [Logistic/PROGRESSIVE FOrM PFCD-12]

2009年19日   カテゴリ:Radiq aka 半野喜弘     0 comments
Radiq aka 半野喜弘 - 2004 - Graffiti & Rude Boy 67' [Logistic/PROGRESSIVE FOrM PFCD-12]
Radiq aka 半野喜弘 - 2004 - Graffiti & Rude Boy 67' [Logistic/PROGRESSIVE FOrM PFCD-12]

(2005/03/07)
01 Sexual Fiction
02 Rock Steady
03 Rude Boy Anthem
04 Block Science
05 Till The Dawn feat. Terry
06 Dub Suite i) Tokyo Dub
07 ii) Hip Hop Racine feat. Black Crom
08 iii) Tectonics Dub
09 Sound System 2004



Radiq aka 半野喜弘 - 2004 - Graffiti & Rude Boy 67'
[Logistic/PROGRESSIVE FOrM PFCD-12]


南仏エクサンプロバンスのWarp主宰フェスティバルに参加するなど、精力的なライヴ活動を展開している半野喜弘がRadiq名義で2004年にPROGRESSIVE FOrMとフランスのレーベル Logistic からリリースしたアルバム。

以前も同レーベルから出していた「9 Modules」とは違い、生楽器を導入しています。ヒップホップのグラフィティ、レゲエのルードボーイというそれぞれが象徴している言葉をキーワードに音楽的ルーツであるHIPHOP・Dub・Jazzなどをミックス。アフリカ・ガボン出身でフランスに移住している男性ラッパー、ブラック・クロム(BLACK CROM)と日本人女性ボーカル、Lido Ensembleのコンサートに参加していたTERRY(Terumi Shoji)をフィーチャリング。

ヒップホップ・ダブ・ジャズ・音響を中心にした曲ですが妥協などが一切見られないストイックな曲が多く、「Lido」で見られたポップな部分も皆無でBLACK CROMの黒人らしい声のフランス語ラップ、Terryの重く低い女性ボーカルがミニマルで無機質な音楽と共に胸に深く突き刺さります。

音楽的にはヒップホップとIDMの要素が多く、商業主義とは無縁のストイックな音楽を勉強したい人にオススメです。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Radiq aka 半野喜弘 - Sexual Fiction


Radiq aka 半野喜弘 - Rude Boy Anthem


Radiq aka 半野喜弘 - Till The Dawn feat. Terry





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。