Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Flica - 2009 - Telepathy Dreams [Schole] [Self-Released/Malaysia]

2009年27日   カテゴリ:Flica     0 comments
Flica - 2009 - Telepathy Dreams [Schole] [Self-Released/Malaysia]
Flica - 2009 - Telepathy Dreams [Schole] [Self-Released/Malaysia]

(2009/10/20)
01 Commes
02 Drun
03 Hie
04 In Dreams
05 Ind
06 Istatic
07 Midnight Waving
08 Seing
09 Stairs




Flica - 2009 - Telepathy Dreams
[Schole] [Self-Released/Malaysia]


アーティストについて
flica(フリカ)、1982 年生まれ。マレーシアのクアラルンプール在住のeuseng seto によるエレクトロ/アコースティックソロプロジェクト。

2005 年より、huat liang とのエレクトロニカユニットmuxu で本格的な音楽活動を開始。 flica は自身の音楽スタイルの追求のためにより深く、より実験的な試みとして2007 年にソロプロジェクトとして活動開始。flica のサウンドは日々の生活と自然によって裏打ちされた感情と感覚を完璧に反映し、繊細優美な旋律を展開する。


マレーシアのクアラルンプール在住のEuseng Setoによるソロプロジェクト、Flicaの3rdアルバム。

1stアルバムで垣間見せたポストロック的な部分(生ドラムやストリングスなど)を大々的に導入した、Flicaにしてはダーク・ディープな内容。同じピアノでもキラキラしたメロディは減りましたがメリハリがあります。アンビエント的な手法もこれまでのキレイなアンビエントとは違い2曲目に見られるような、深海のような空間の奥底にまで響いていきそうなディープ・アンビエントが使われていたり、今までの局面とはだいぶ違う表現も使われています。孤独感や内省的な表現と、これまでにあったキレイな音と切なさが同居するエモーショナルなポストロック・アルバム。



mu-nest Label レビューページ一覧
mu-nest レビューページ一覧


Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧




Flica - Drun (Live)


Flica - In Dreams


Flica - Seing





スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Flica - 2009 - Windvane & Window [Schole sch010/Malaysia]

2009年27日   カテゴリ:Flica     0 comments
Flica - 2009 - Windvane & Window [Schole sch010/Malaysia]
Flica - 2009 - Windvane & Window [Schole sch010/Malaysia]

(2009/04/26)
01 F
02 G
03 H
04 I
05 J
06 K
07 L
08 M
09 L (Akira Kosemura Remix)
10 I (Haruka Nakamura Remix)
11 After (国内版限定ボーナストラック)
12 All (Original Version) (国内版限定ボーナストラック)
13 All (Paniyolo Remix) (国内版限定ボーナストラック)

Flica - 2009 - Windvane & Window [Schole sch010/Malaysia]

アーティストについて
flica(フリカ)、1982 年生まれ。マレーシアのクアラルンプール在住のeuseng seto によるエレクトロ/アコースティックソロプロジェクト。

2005 年より、huat liang とのエレクトロニカユニットmuxu で本格的な音楽活動を開始。 flica は自身の音楽スタイルの追求のためにより深く、より実験的な試みとして2007 年にソロプロジェクトとして活動開始。flica のサウンドは日々の生活と自然によって裏打ちされた感情と感覚を完璧に反映し、繊細優美な旋律を展開する。


マレーシアのレーベルmu-nestからリリースされて廃盤になったFlicaの1stアルバム「Windvane & Window」のリイシュー盤がスコーレからリリースされています。またこの国内盤には未発表曲「After」、2ndアルバム「Nocturnal」に収録されていた「All」の別バージョン「All (Original Version)」、2009年2月にschole から1stアルバムをリリースしているPaniyoloによる「All (Paniyolo Remix)」を収録。

2ndアルバム「Nocturnal」との違いは、ギターの割合が少々多い気がします。しかし実際聴いてみると収録曲の最初のほうに女性ボーカルの柔らかなボイス・サンプリングの曲やアンビエントの曲、終盤には国内版限定ボーナスのリミックスが配置されていることから、思ったほどそういう印象はありません。ビートもエレクトロ寄りのポストロック的なテイストのものが使われています。そういうビートとギターが使われている曲は、2ndとは違うポストロックのバラードのようなさわやかさと素朴さ・甘酸っぱさがあります。以上の理由から「Nocturnal」が夜のアルバム、「Windvane & Window」が昼のアルバムという対比に評価されているんだと思います。

ピアノのフレーズにキツツキのついばむ音のような加工がなされたビートが加わった「L (Akira Kosemura Remix)」、ピアノ・アンビエントに女性ボーカルの柔らかいボーカルが前面に打ち出された「I (Haruka Nakamura Remix)」、陽だまりのような暖かさのあるギターとピアノが安定感のある牧歌的サウンド「All (Paniyolo Remix)」も入ってて豪華な内容です。



mu-nest Label レビューページ一覧
mu-nest レビューページ一覧


Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧




関連曲: Flica @ The Annexe, Dasein
Deconstruction Exhibition


関連曲:
Flica Nocturnal Album Launch- Flica live
@findars space part1



関連曲:
Flica Nocturnal Album Launch- Flica live
@findars space part2



関連曲:
Flica Nocturnal Album Launch- Flica live
@findars space part3






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Flica - 2008 - Nocturnal [Schole sch008/Malaysia]

2009年26日   カテゴリ:Flica     0 comments
Flica - 2008 - Nocturnal [Schole sch008/Malaysia]
Flica - 2008 - Nocturnal [Schole sch008/Malaysia]
(2008/12/22)
01 All (Album Version)
02 Mid
03 Walk
04 Light
05 Well
06 Find
07 Fucir
08 Back
09 Say
10 Yi


Flica - 2008 - Nocturnal [Schole sch008/Malaysia]

アーティストについて
flica(フリカ)、1982 年生まれ。マレーシアのクアラルンプール在住のeuseng seto によるエレクトロ/アコースティックソロプロジェクト。

2005 年より、huat liang とのエレクトロニカユニットmuxu で本格的な音楽活動を開始。 flica は自身の音楽スタイルの追求のためにより深く、より実験的な試みとして2007 年にソロプロジェクトとして活動開始。flica のサウンドは日々の生活と自然によって裏打ちされた感情と感覚を完璧に反映し、繊細優美な旋律を展開する。


スコーレ(Schole)第7弾のリリースにあたる、マレーシアのクアラルンプール在住のEuseng Setoのソロ・ユニット「フリカ(Flica)」の2ndアルバム。マレーシアのレーベルmu-nestからリリースしている「Windvane & Window」が絶賛されています。

独自の感覚によって解釈された「ピアノの為の、夜の情緒を表す叙情的な楽曲」をコンセプトに、ピアノをメインとしたキラキラした叙情性と静謐さを同居させた、物語性の強いメロディに裏打ちされたアンビエントとエレクトロニクスの融合。日本人の持つ叙情性とはまた一味違いますが、白人よりは確実に近い感性の同じアジア人が紡ぐメロディだと思います。ピアノの旋律に込められた美しさと添えられたアンビエントが郷愁を誘うんですが、日本人の作る美しいメロディよりどちらかといえばさわやか。

非常にポジティブというか、一人で抱える孤独感というよりは誰かと共有する思い出のようなものが感じられます。

エレクトロニカからアンビエント、室内楽的なものからジャジーヒップホップ、ピアノ・ハウスが好きな人まで幅広く好きになれるオススメな一枚です。



mu-nest Label レビューページ一覧
mu-nest レビューページ一覧


Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧




Flica - Walk


Flica - Light


Flica - Fucir


Flica - Back





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。