Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Spiritual Vibes - 1997 - ことばのまえ Before The Words [Toy's Factory TTFC88208]

2009年10日   カテゴリ:Spiritual Vibes     0 comments
Spiritual Vibes - 1997 - ことばのまえ Before The Words [Toy's Factory TTFC88208]
Spiritual Vibes - 1997 - ことばのまえ Before The Words [Toy's Factory TTFC88208]

(1996/08/01)
スピリチュアル・ヴァイブス
01 43°N,11°E
02 みどりの想い
03 ローマの印象
04 イメージ
05 大好きな話
06 プライミング
07 みずうみ
08 √5
09 ブライト・サウンド
10 フム・アル・フート
11 月の頃
12 螺旋
13 il porto
14 リズムとバランス
15 天文台より

Spiritual Vibes - 1997 - ことばのまえ Before The Words
[Toy's Factory TTFC88208]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
DJとして名高い竹村延和率いるスピリチュアル・ヴァイブスの新作。フル・アルバムとしては3年ぶりの2作目となる。サウンドは今までどおり,ジャズやボサ・ノヴァを基調としたものだが,今回は15曲中12曲がヴォーカル曲となっている。


スピリチュアル・ヴァイブス名義の最後の活動に当たる2ndアルバム。日本語歌詞の素朴な女性ボーカルをメインにゆるやかなアコースティック・ジャズ・ボサノバなどをミックスしエレクトロのエッセンスを加えた一枚。音響的な処理に力が入っていてアコースティックな中にも空間が感じられて気持ちいいです。アンビエント的なエレクトロ音もさりげないレベルで導入されており、爽やか感も増しています。後の竹村延和のエレクトロニカ時代の基本になっている音的な雰囲気がここで既に出来上がってます。手法がジャズというだけで演出はかなり似ていると思います。

あとボーカルの声と歌詞が、人間味と温かみがあってそれも魅力のひとつ、というかそれがこのバンドの最大の特徴です。いつになっても聴ける音だと思います。2000年以降の日本語歌詞のボサノバの原点でもあると思います。激しくオススメ。

Spiritual Vibes - みどりの想い (HD)
(Botanical Garden Ohfuna 2009 April)



Spiritual Vibes - 大好きな話


Spiritual Vibes - ブライト・サウンド




↓関連動画

Nobukazu Takemura's Musics (185g11Kcal's Mix)




↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧




スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Spiritual Vibes - 1995 - Yawaraka Na Kaze [Toy's Factory TFCC88204]

2009年10日   カテゴリ:Spiritual Vibes     0 comments
Spiritual Vibes - 1995 - Yawaraka Na Kaze [Toy's Factory TFCC88204]
Spiritual Vibes - 1995 - Yawaraka Na Kaze [Toy's Factory TFCC88204]

(1995/10/21)
スピリチュアル・ヴァイブス
01 やわらかな風 (Single Version)
02 やわらかな風 (Moonlit Mix)
03 やわらかな風 (Live 4beat Version)
04 やわらかな風 (Child's View Dub)






Spiritual Vibes - 1995 - Yawaraka Na Kaze [Toy's Factory TFCC88204]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
DJでありサウンド・クリエイターである竹村延和率いるスピリチュアル・ヴァイブスのマキシ・シングル。ジャズやボサ・ノヴァのリズムを基調として,オシャレで柔らかい音作りをするこのユニットの姿勢は,本作でも健在。計4ヴァージョンを収録。

日本語歌詞を導入したスピリチュアル・ヴァイブスのシングル。オーガニックでゆったりしたスロー・ミックスの「Moonlit Mix」、アシッド・ジャズ・セッション的な演奏の「Live 4beat Version」、深みのあるダブ・ミックスの「Child's View Dub」、Child's View名義もようやく出てきています。今の時代のシングルに収録されているミックスとは違う、ホントの意味での1曲の違う魅力をきちんと演出できてる良質なシングル。

Spiritual Vibes - やわらかな風 (Single Version)


Spiritual Vibes - やわらかな風 (Single Version)
北九州空港への夜のドライブBGM編





↓関連動画

Nobukazu Takemura's Musics (185g11Kcal's Mix)




↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Spiritual Vibes - 1995 - Tender Blue [Toy's Factory TFCC-88318]

2009年10日   カテゴリ:Spiritual Vibes     0 comments
tender blue
Spiritual Vibes - 1995 - Tender Blue [Toy's Factory TFCC-88318]

(1995/03/01)
スピリチュアル・ヴァイブス
01 Midori No Umi
02 *(Asterisk)
03 Albireo
04 * (Asterisk) Part 2 [4 Beat Dub]
05 Midori No Umi [Calm Dawn Mix]





Spiritual Vibes - 1995 - Tender Blue [Toy's Factory TFCC-88318]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
初の日本語詞に挑戦という彼らにとって革命的な意味をなすんだろうミニ・アルバム。これで{オシャレなクラブ系,でもちょっと地域限定閉鎖的ニュアンスがあるしィ}って固定観念が打破されたと思う。バンド・キャラが鮮明になった意味でも成功。


このミニ・アルバムで竹村延和の作るクラブ・サウンドに日本語の歌詞がようやく導入。エレクトロニカ・電子音楽のアルバム「ソングブック」などの原点である日本語歌詞、女性ボーカルのイメージがここで聴くことができます。女性ボーカルの素朴さ、瑞々しさが素晴らしいです。時代的なものかようやくテンポの速い曲も出てきて軽快さも増します。Calmのリミックスもかなりレアで良い出来でした。ポップ感もグッと高まりオススメです。



Spiritual Vibes - Midori No Umi




↓関連動画

Nobukazu Takemura's Musics (185g11Kcal's Mix)




↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Spiritual Vibes - 1994 - Newly (Remix) [Toy's Factory TFCC88307]

2009年10日   カテゴリ:Spiritual Vibes     0 comments
Spiritual Vibes - 1994 - Newly (Remix) [Toy's Factory TFCC88307]
Spiritual Vibes - 1994 - Newly (Remix) [Toy's Factory TFCC88307]

(1994/05/20)
スピリチュアル・ヴァイブス
01 Idyllic
02 Hazy Moon (Silent Poets Mix)
03 Pupa (Nice & Jazzy Mix)
04 Ripple
05 Forbidden Fruit (Pal Joey Mix)
06 Scheme Supreme (Quickie Mix)
07 Hiding Place (My Melody Mix) [Kenny Dope]






Spiritual Vibes - 1994 - Newly (Remix) [Toy's Factory TFCC88307]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
新曲2曲を含むリミックス・アルバムで,新曲はどっちもとにかくキモチいい。でも肝心のリミックスの方が,名のあるお方がやってるにもかかわらず,オリジナル・ヴァージョンをひっくり返すパワーに欠けてるような。リミクサーのファンならわかるのかも。


「Idyllic」と「Ripple」の新曲2曲を含むリミックス・アルバム。ミドルテンポで爽やかなジャズ・サウンド「Idyllic」に、軽快なウッドベースが気持ちいい「Ripple」。そしてリミックスですが、このリミックスによってジャズ的な雰囲気がさらにオシャレになり良い感じに仕上がっています。Kenny Dopeのリミックスはムーディでオーガニックなミディアム・テンポ、ちょっと砂原良徳を彷彿とさせます。サイレント・ポエツのリミックスはダブとジャズのミックスにボーカル・サンプリングを組み込み哀愁と爽やかさを両立。「Pupa (Nice & Jazzy Mix)」は緊張感を維持しつつアブストラクトなブレイクビーツでカッコイイ出来栄え。

オールド・クラシックなクラブ・サウンドの一枚。

Spiritual Vibes - Hazy Moon (Silent Poets Mix)


Spiritual Vibes - Scheme Supreme (Quickie Mix)




↓関連動画

Nobukazu Takemura's Musics (185g11Kcal's Mix)




↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Spiritual Vibes - 1993 - Spiritual Vibes [Toy's Factory TFCC-88304]

2009年10日   カテゴリ:Spiritual Vibes     0 comments
Spiritual Vibes - 1993 - Spiritual Vibes [Toy's Factory TFCC-88304]
Spiritual Vibes - 1993 - Spiritual Vibes [Toy's Factory TFCC-88304]

(1993/11/01)
スピリチュアル・バイブス
01 One Blue Moment
02 De Ja Vu
03 Hazy Moon
04 Bare
05 Hiding Place
06 Scheme Supreme
07 Forbidden Fruit
08 Best Drop
09 Instinct
10 To Feel Is The Key





Spiritual Vibes - 1993 - Spiritual Vibes [Toy's Factory TFCC-88304]

内容(「CDジャーナル」データベースより)
トイズファクトリィ内のベリッシマ!#レコード第1弾アーティストとしてデビュー。基本的バンド編成に加え,ホーンや弦,パーカッション,ヴィブラフォンなどを導入した10人編成のグループ。そしてvoは女の子で英詞,と一癖あるジャジーなオシャレ系。


トイズファクトリー内に稲葉貢一が設立したbellissima!レーベル。レーベルの名付け親は小西康陽、レーベルロゴは下田法晴(Silent Poets)が考案。竹村延和率いるSpiritual VibesやEl-Maloといった『Jazz Hip Jap』出身アーティストに、Silent Poetsが設立当初ラインナップされいていた。日本のアシッド・ジャズを発信するひとつのレーベル。

そういう背景のがあって、Bellissima!周辺にいたアーティストが集まってできたSpiritual Vibesの1stアルバム。竹村延和(fl,ob,key)、野中紀公子(vo)、戸高一生(vib,pf)、歌門健治(ts)、川越智夫(ss)、本地ヨウコ(vln,melodica)、船戸博史(w.b)、中村岳(ds,per)、大里恒平(g)、土生健(tp)という10人によるビッグバンド。サントラなど昔から脈々と続くジャズやボッサ的なものに憧れる傾向を受け継いだアシッド・ジャズ的なサウンド。「黒人にはなれないし、海外の音をそのまま持ち込むのもイヤ」という考えから試行錯誤した末に、フロア的なテイストを持ち込んだのがSpiritual Vibes。竹村延和を中心としたルーツを見るとヒップホップなどに見られるサンプリングからそのイマジネーションを得たような感じがします。それを生で演奏しつつ、瑞々しいボーカルの独特な雰囲気も加わって個性的なサウンドに仕上がっています。

70-80-90年代のオシャレ系音源としての歴史には必ずジャズやボサノバが登場しますが、それがバブル期にいろんな要素が絡み合って結実したサウンドで、スピリチュアル・バイブスはそういう音の中でも一番初期の音だと思って聴いてました。今の時代の音とはまた違ってクラシックなサウンドですが、当時はそれがやたら新しく聴こえたんでしょうね。自分が聴いたのは97年くらいですが、クラブミュージックもまだかなりカオスだし未熟で、クラブ的な音は一切入ってないアシッド・ジャズ的なこのアルバムがなぜか新しい音に感じました。ヒップホップがジャズを取り入れサンプリングし、それをさらにヒップホップから生演奏という形でジャズにフィードバックする、と考えるとすごい一枚だなぁと思います。



Spiritual Vibes - Hazy Moon


Spiritual Vibes - Forbidden Fruit




↓関連動画

Nobukazu Takemura's Musics (185g11Kcal's Mix)




↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。