Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]

2012年21日   カテゴリ:Ryoichi Kurokawa 黒川良一     0 comments
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]
(2004/09/01)
01 Read Prelude
02 Read 2
03 Read 1
04 Read A
05 Read Read
06 Read 3
07 Read 0
08 Read 4
09 Read 5
10 Readme 1
11 Readme 2 ※〈内容:「READ」DVDのダイジェストムービー/CDエクストラ〉



Ryoichi Kurokawa 黒川良一 (02)

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]

1978年大阪生まれ、ベルリン在住アーティストの黒川良一。ACOの国内ツアーや海外での公演にてライヴヴィジュアルをオペレートする。2004年には、HUMAN AUDIO SPONGE(Sketch Show [細野晴臣+高橋幸宏] + 坂本龍一)ライヴ映像を担当。その後、オーディオヴィジュアル作品"READ"CD/DVDを細野晴臣氏のレーベルdaisyworld discsより発表。今回はその「Read」のレビュー。

前作の「Copynature」が映像的な音響作品だったのに比べると、今作「Read」は音楽的な方向性へ進化しています。ベースになっている「Raster Norton」的な音響スタイルは変わらないが、楽曲構造的に「メロディ」が感じられるようになっています。似た音の傾向としては、Aoki Takamasaの「Simply Funk」の時期にとても似ています。パルス音が無限に続きそうな深遠なループ、グリッチノイズが加速感を与え、宇宙で交信している何らかの電波が広がっていくようなイメージ。しかしその後ろに以前にはなかった太いベースラインっぽい音を置いてみたり、フィールドレコーディングだったり、あきらかに「音楽=メロディ」を意識した作りになっています。以前よりずいぶん聴きやすくなったのでヘッドホンで聴いてみると、やはり「普通に音楽として聴ける」。緻密で作りこまれたクオリティはPROGRESSIVE FOrM周辺のアーティストに並ぶレベルだが、メロディを意識した「ビート」はまだ存在しません。そういう意味ではメジャーな存在になった「Aoki Takamasa」や「Yoshihiro Hanno」にはまだまだ遠い。しかしその有機的な変化により、まだまだ実験的な要素は抜けないが、インダストリアルだけど少し人間的なパルス・ミュージックを聴かせてくれます。

最後に一言付け足すと、「曲の終わりにブチブチッ!と鳴るグリッチノイズはヘッドホンで聴くと痛かった・・・」次はヘッドホンで聴くことを想定してください。



↓黒川良一はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - read - 12 - read #extramovie




↓関連曲
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - Vento Ignis


Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - Visualistas y Live Cinema LUX 2009 in Sevilla


Aoki Takamasa - Mirabeau (ヴィジュアル:黒川良一)




Amazon
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]
(2004/09/01)
Aoki Takamasa 青木考充 - 2006 - Parabolica [Op.disc op.disc 010]
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]
(2004/09/01)
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read DVD [Daisyworld Discs CTBR-92037]
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read DVD [Daisyworld Discs CTBR-92037]
(2004/09/01)
楽天
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read [Cutting Edge CTCR-14374]

【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read
価格: (税込、送料込)

Aoki Takamasa 青木考充 - 2006 - Parabolica [Op.disc op.disc 010]

【楽天】Aoki Takamasa 青木考充 - 2006 - Parabolica
価格:2,268円(税込、送料別)

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read DVD [Daisyworld Discs CTBR-92037]

【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read DVD
価格: (税込、送料込)

【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read CD価格一覧
【楽天】Aoki Takamasa 青木考充 - 2006 - Parabolica CD価格一覧
【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2004 - Read DVD価格一覧
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]

2012年21日   カテゴリ:Ryoichi Kurokawa 黒川良一     0 comments
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]
(2003/05/03)
01 Cipher
02 Everything You Can See Through A Little Hole
03 OOL
04 Errorbook
05 Opside
06 A Few Walks
07 Sea In You





Ryoichi Kurokawa 黒川良一 (01)

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]

1978年大阪生まれ、ベルリン在住アーティストの黒川良一。1999年よりビデオおよびサウンド作品の制作を開始し、以来映像/音楽をとりまく国内外の様々なアートフェスティバルにおいてインスタレーション展示、オーディオビジュアル作品のスクリーニングを行う。またHUMAN AUDIO SPONGE(元YMO: 現Sketch Show + Ryuichi Sakamoto)などミュージシャンのためのライブビジュアルの上演も行っており、CDやDVDのフォーマットでリリースされている作品も多い。

過去の展示、上演にはテート・モダン[UK]、アルス・エレクトロニカ[オーストリア]、MUTEK[カナダ]、MACBA[スペイン]などがある。インスタレーション作品 “rheo: 5 horizons”がアルス・エレクトロニカ2010のDigital Music & Sound Art部門で大賞にあたるGolden Nicaを受賞するなど、近年さらなる国際的な評価を獲得している。


なお、「rheo: 5 horizons(レオ・ファイブ・ホライズンズ)」は5チャンネルのサラウンドシステムと5台の大型モニターによって、時空間における「彫刻」を創り上げるインスタレーションで、その精巧な技法と繊細な表現は、国内外で高く評価されています。

機材関連の情報としては、ベルリンの自宅スタジオでMax/MSP/Jitterなどを用いる。音響/映像の生成だけではなくマルチ・チャンネルの制御にも使っている模様。



- 宇宙を感じる未来的かつ退廃的なエレクトロニカ -

PROGRESSIVE FOrMに見出された新しい才能、黒川良一ですが、Silicom的なポジションでどちらかといえば映像作家としての評価が非常に高いです。海外ではかなりの評価と認知度で、日本ではまださほど知られていませんが、音楽的にもかなり良質な音響エレクトロニカを作っています。2011年に山口情報芸術センター[YCAM]作品展示にて、インスタレーションの展示とライブの公演が同時に開催され、国内初の映像+ライブ公演が行われました。

今作のアルバムではやはり映像とのリンクをテーマにしているせいか、他のエレクトロニカほどリスナーに聴かせることをコンセプトにしていないため、極めて音響的なアルバムです。音響・音質的にはRaster Norton系のAoki Takamasaに似た無機質さ、楽曲的には実験音響・現代音楽的な傾向があり、dumb type(ダム・タイプ)のようなメロディの無い環境音楽。

しかしその無機質なパルスが永遠に続きそうな音響空間に身をゆだねると、自分が地球に棲息しているちっぽけな人間で、その向こうには無限に宇宙が広がっているということが感じられて、不思議で神秘的な気持ちになれます。ヘッドホンで聴くよりも部屋のアンプとスピーカーを通して音を鳴らしたほうが、環境音楽として気持ちいいと思います。映像のほうはあくまでイメージ的なもので、映画のように何かストーリーがあるわけではないですが、ヨーロッパの古い町並みや建物に立体的なテクスチャーとしてのグラフィックが侵食したりするなど、様々な映像を見ることができます。そのアシッドな感覚はとても未来的で、退廃的な美しさがあります。



PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - OOL


Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - Errorbook


Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - Opside


Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - A Few Walks




↓関連曲
Ryoichi Kurokawa & AOKI takamasa - retina f (from DVD "copynature" 2003)


Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - ryoichi kurokawa @ node festival 2010_1


機材でMac Bookが3台メインで置いてあり常にいじってる様子。よく見ると左側にももう1台Mac Bookが置いてある。映像と音をどうリンクさせているのか気になるところです。

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - Ryoichi Kurokawa @ Sonic Acts XII


こういうの見ると、こういう人がパソコンのビジュアライザーを作ってくれないかな、と思う。

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - rheo: 5 horizons, Audiovisual Installation 2010




Amazon
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]
(2003/05/03)
Aoki Takamasa 青木考充 - 2002 - Indigo Rose [PROGRESSIVE PFCD05]
Aoki Takamasa 青木考充 - 2002 - Indigo Rose [PROGRESSIVE PFCD05]
(2002/12/17)

Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature DVD [PROGRESSIVE FOrM PFDV03]
(2003/05/30)
楽天
Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature [PROGRESSIVE FOrM PFCD06]

【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature
価格:1,050円(税込、送料別)

Aoki Takamasa 青木考充 - 2002 - Indigo Rose [PROGRESSIVE PFCD05]

【楽天】Aoki Takamasa 青木考充 - 2002 - Indigo Rose
価格:2,079円(税込、送料別)

【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature DVD
価格: (税込、送料込)

【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature CD価格一覧
【楽天】Aoki Takamasa 青木考充 - 2002 - Indigo Rose CD価格一覧
【楽天】Ryoichi Kurokawa 黒川良一 - 2003 - Copynature DVD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。