Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]

2012年28日   カテゴリ:Gutevolk     0 comments
Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]
Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]
(2010/07/21)
01 Picnic【Tabio(タビオ) CMソング】
02 Cornflakes Joyride
03 Garland Garland
04 Pupa
05 Pio
06 Taiyo No Uta
07 Illuminations
08 I Am Rain
09 Hinagiku【Wii 影の塔 イメージソング】
10 Wonder Eden【伊勢丹クリスマス・キャンペーン・ソング】

Gutevolk ④

Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]

↓公式サイト
http://www.gutevolk.com/

矢野顕子、細野晴臣、竹村延和、高木正勝、KAMA AINAなど、数多くのアーティストを魅了し、世界中から高い評価を受ける西山豊乃のソロ・ユニット=Gutevolk。任天堂wii専用ゲームソフト『影の塔』(C HUDSON SOFTより7月21日発売)イメージソング「hinagiku」、伊勢丹クリスマス・キャンペーン・ソング「woder eden」を収録した約3年ぶり、Rallye Labelへの移籍第一弾となる待望のニュー・アルバムにして、過去最高傑作(本人談)が遂に完成。 (Amazon)

■Profile

西山豊乃(にしやまひろの)によるソロ・プロジェクト。1999年に竹村延和のレーベルchildiscより1stアルバム「ゆらゆらゆれる」を発表。その後も同レーベルからは12インチEP、ミニ・アルバムを発表し、コンピレーション・アルバムに楽曲を提供する。また竹村延和のアルバムにボーカルで参加し、Arto Lindsay 、Jim O'rourke 、YO LA TENGO の来日時にはチャイルディスク・バンドのボーカリストとして共演している。

2002年8月、細野晴臣のレーベルdaisyworldよりGutevolk名義の1stアルバム「グーテフォルクは水の中」を発表。翌年8月、自身初となるバンド編成で録音したGutevolk名義の2ndアルバム「suomi」をMIDI Creative / nobleより発表。

2005 年1月には、ニューヨークのレーベルHappyよりミニアルバム「twinkle」をリリース。自身の作品以外では、Wechsel Garland (a.k.a Wunder)、高木正勝、KAMA AINAらとのコラボレーションや、映画音楽、CM音楽の制作なども行う。また、これまでにドイツ、フランス、スペイン等のヨーロッパ各国でもライブを行うなど、マイペースながらもグローバルにその活動の場を広げている。

2007年2月、フル・アルバムとしては3年半振りとなる新作「グーテフォルクと流星群」をリリース。

LIONの整髪料CMソング、横浜タイヤのCMソング、靴下専門オンライストア Tabio(タビオ) CMソングなどTVのCMソングも手がけている。




- エレクトロニカから開花した新たなるポップミュージック -

西山豊乃(にしやまひろの)のGutevolk名義による4thアルバム。このアルバムはRallye移籍後のリリース。「音を聴かせるアルバム」から「歌を聴かせるアルバム」に転向してから2枚目にあたります。タイアップが示す通り、今までの中で一番ポップ色の強いアルバム。ジャケットのアートワークでも木陰から挿す光がまぶしい演出ですが、音楽もまぶしいくらいの輝きがあります。

電子音楽やエレクトロニカで培ってきた手法は相変わらず使われている印象ですが、あくまで手法として、ということで今までの意味合いとしては形骸化しているといえます。しかし、ここに来て新たなる意味を見出しているかのような音のキラキラ感、まぶしさがあります。そして「Songbook」的なフレーズも時節垣間見え、ポップミュージックへの新たな昇華、といった形に感じます。このキラキラした感覚とボサノバが合わさると懐かしいのに新しい、そしてそこに日本語歌詞で歌うという快挙。これはもう間違いなく傑作、快心作。

しかしこの「Songbook」的なフレーズ、電子音に感じる初期の「小学校の音楽室」的な音使いもある程度残っているんですが、これがポップミュージックに合わさるとポップで明るい、希望に満ちたフレーズに聞こえてくるのがなんとも不思議なところです。人によって、時期によって、音というのはこうも解釈が変わり、そしてそれを人が感じ受け止める形も変わってくるのか・・・と感慨深いものを感じます。

これだけの多幸感があれば、結婚式に使われてもおかしくないくらいのクオリティを感じるアルバム。

そしてこの文章を書きながら新しいアレンジの、Wii影の塔イメージソングでもある「Hinagiku」を聴いてるんですが、この曲だけエレクトロニカと室内楽を音的に継承しながら、まばゆいくらいのアレンジに仕上がった日本語歌詞と英語歌詞の混じる曲、相当おすすめです。



↓このアーティストの他の音源のレビュー・ページ。

西山豊乃 - 1999 - ゆらゆら ゆれる [Childisc CHCD-008]
西山豊乃 - 2001 - Pied Piper [Childisc CHCD-028]
西山豊乃 - Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People グーテフォルクは水の中
西山豊乃 - Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
西山豊乃 - Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow-
西山豊乃 - Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]




Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧


Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧




Gutevolk - Picnic
靴下専門オンライストア Tabio(タビオ) CMソング



Gutevolk - Illuminations


Gutevolk - Hinagiku【Wii 影の塔 イメージソング】


↑Youtubeでの映像はゲームのムービーになっていますが、おそらく流れている音楽はアルバム「グーテフォルクは水の中」に収録されていた「Hinagiku」で、新しいアレンジのものではありません。あくまで参考程度に。

Gutevolk - Wonder Eden【伊勢丹クリスマス・キャンペーン・ソング】




Amazon
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
(2003/08/04)
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
(2007/02/09)
Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]
Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]
(2010/07/21)
楽天
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]

【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
価格:2,174円(税込、送料別)

Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]

【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群
価格:2,250円(税込、送料別)

Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]

【楽天】Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]
価格:2,268円(税込、送料別)

【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア CD価格一覧
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow- [Noble CXCA-1205]

2012年28日   カテゴリ:Gutevolk     0 comments
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow- [Noble CXCA-1205]
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow- [Noble CXCA-1205]
(2007/02/09)
01 Portable Ram
02 Dream Walker
03 This Moon Following Me
04 Seed Of Sky
05 I Like Rainbow
06 Ao To Kuro
07 The Door To Everywhere
08 Planetarium
09 Sing A Ring
10 Antenna

Gutevolk ③

Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow- [Noble CXCA-1205]

↓公式サイト
http://www.gutevolk.com/

今回は共同プロデューサーにレーベル・メイトであるkazumasa hashimotoを迎え、作詞/作曲を西山が、アレンジ/ミックス/マスタリングをkazumasa hashimotoが担当し制作しています。竹村延和や高木正勝らを魅了してきた、イノセントさと凛とした気高さ纏った彼女の歌声と、思わず口ずさみたくなる独特のメロディ・センスを、kazumasa hashimotoの卓越したアレンジ力と空間処理で包み込み、ジャズにボサノヴァ、ソフトロックやエレクトロニカなど、様々な音楽的側面を垣間見せつつも、「ポップ・ミュージック」としての普遍性に溢れた、未来のスタンダードとなりうる強度の高い音楽を作りあげる事に成功しました。
親しみやすいメロディと美しいハーモニーが煌めく楽曲群に、淡いノスタルジアを滲ませる彼女の歌声。過去でも未来でも海の底でも宇宙の果てでも、聴き手をそれぞれのどこかへと誘う、Gutevolkが描くこころの旅。 (BRIDGE INC.)

Noble公式サイトより抜粋

 彼女の歌声に心奪われたのは、ヴィクセルだけではない。竹村延和や高木正勝といった、日本を代表する音楽家たちの作品にも招かれているし、ヨーロッパでもツアーを行ってきた。とにかく、彼女の歌声は、不思議なノスタルジアを滲ませている。子供の頃に読んだ童話、その語り手がまるで彼女だったような、どこかできっと出会ったことがある歌声。

--中略--

 曲の輪郭はくっきりとしていて力強く、思わず口ずさみたくなるほど人懐っこい。そして、トイピアノやストリングス、子供たちのおしゃべりが、アルバムには賑やかに溢れている。このアレンジ面での充実は、共同プロデュースとして名を連ねているkazumasa hashimotoとのコラボレートの賜物だろう。オモチャ箱をひっくり返したような、というか、そっと覗かせてくれるような楽しさだ。

-以下略-

村尾泰郎(Yasuo Murao)

■Profile

西山豊乃(にしやまひろの)によるソロ・プロジェクト。1999年に竹村延和のレーベルchildiscより1stアルバム「ゆらゆらゆれる」を発表。その後も同レーベルからは12インチEP、ミニ・アルバムを発表し、コンピレーション・アルバムに楽曲を提供する。また竹村延和のアルバムにボーカルで参加し、Arto Lindsay 、Jim O'rourke 、YO LA TENGO の来日時にはチャイルディスク・バンドのボーカリストとして共演している。

2002年8月、細野晴臣のレーベルdaisyworldよりGutevolk名義の1stアルバム「グーテフォルクは水の中」を発表。翌年8月、自身初となるバンド編成で録音したGutevolk名義の2ndアルバム「suomi」をMIDI Creative / nobleより発表。

2005 年1月には、ニューヨークのレーベルHappyよりミニアルバム「twinkle」をリリース。自身の作品以外では、Wechsel Garland (a.k.a Wunder)、高木正勝、KAMA AINAらとのコラボレーションや、映画音楽、CM音楽の制作なども行う。また、これまでにドイツ、フランス、スペイン等のヨーロッパ各国でもライブを行うなど、マイペースながらもグローバルにその活動の場を広げている。

2007年2月、フル・アルバムとしては3年半振りとなる新作「グーテフォルクと流星群」をリリース。

LIONの整髪料CMソング、横浜タイヤのCMソング、靴下専門オンライストア Tabio(タビオ) CMソングなどTVのCMソングも手がけている。

■Credits

Producer– Hirono Nishiyama, Kazumasa Hashimoto




- 電子音楽からシンガーソングライターへ。 -

西山豊乃(にしやまひろの)のGutevolk名義による3rdアルバム。このアルバムはNoble/Midi Creativeからのリリース。このアルバムからGutevolkの音楽性で高く評価されてきた「まどろめるアンビエント」はなくなり、また新たなる一面が見えてくる内容。もはやマイナー・ミュージックであった「電子音楽」ではなくなり、ポップ・ミュージックへと昇華されていってます。以前までの「電子音楽」ファンにとっては裏切り行為そのものにしか見えないかもしれません。自分としても以前の音楽をもう作らないかもしれない、ということ自体は非常に残念ではありますが、この「さなぎから蝶への変身」のような急激な変貌は、これはこれで良かったんじゃないかな、と思います。

具体的に何が変わったかというと、それは今までのアルバムが「音を聴かせるアルバム」だったとすると、今回から「歌を聴かせるアルバム」に変わったということです。手法自体は今までの電子音楽・エレクトロニカで培った手法を使っていますが、歌を聴かせることが主体になったので、音はあくまでその伴奏という印象。もはやエレクトロニカ・アーティストではなく、SSW(シンガーソングライター)といったポジションだと思います。

日本語歌詞で歌っているときは今までになかった新しいタイプの、エレクトロニカに系統した女性ヴォーカル邦楽といった感じですが、英語歌詞で歌っているときはその地声に近い響きがUSネオアコのような印象に聴こえます。以前までのスタイルなら英語歌詞でも何の問題もなく聴けてたんですが、これが歌主体の英語歌詞となると、発音がネイティブでない部分に粗を感じざるを得ません。しかしUSネオアコ風と思えばそんなに気になるものでもないので、致命的というレベルではないです。

そして日本語歌詞での歌はかなりクオリティが高いです。Tujiko Noriko木下美紗都Pianaといったエレクトロニカの女性アーティストでも歌を歌うアーティストはこれまでいましたが、Gutevolkによってまた新たなテイストが出てきた、という感じがします。

賛否両論のアルバムではありますが、視聴してキライでなければぜひおすすめしたい一枚です。



↓このアーティストの他の音源のレビュー・ページ。

西山豊乃 - 1999 - ゆらゆら ゆれる [Childisc CHCD-008]
西山豊乃 - 2001 - Pied Piper [Childisc CHCD-028]
西山豊乃 - Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People グーテフォルクは水の中
西山豊乃 - Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
西山豊乃 - Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow-
西山豊乃 - Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]




Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧


Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧




Gutevolk - Dream Walker


Gutevolk - This Moon Following Me


Gutevolk - The Door To Everywhere


Gutevolk - Sing A Ring


Gutevolk - Antenna




Amazon
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
(2002/08/07)
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
(2003/08/04)
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
(2007/02/09)
楽天
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]

【楽天】Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
価格:2,250円(税込、送料別)

Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]

【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
価格:2,174円(税込、送料別)

Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]

【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]

2012年28日   カテゴリ:Gutevolk     0 comments
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
(2003/08/04)
01 Kikyu Ni Notte
02 Sora
03 Horizonto
04 Hjimeteno No Yuki
05 Parallel Land
06 Clock Waltz
07 Travel Of Rain
08 Snowflake
09 Air Train
10 Final Land
11 Strange Seed

Gutevolk ②

Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]

↓公式サイト
http://www.gutevolk.com/

竹村延和のChildiscや細野晴臣のDaisyworldからの作品で知られる西山豊乃によるGutevolk名義のアルバム。ギターに青柳拓次、ウッドベースに鳥越啓介、ドラムに柏倉隆史らが参加した自身初となるバンド形態による作品。 (Amazon)

曇った窓ガラスの向こう、耳に心地よい笑い声を残して、まるで影絵のように、子供達の戯れがぼんやりと映り出される、そう、あの感じ。そして、そんな姿が見えない状況だからこそ、幸せな風景がかえって脳裏にはっきりと映ったりもするもの。でもって、Gutevolkこと西山豊乃。チープな機材ゆえか、それとも特別意図したものかは知らねども、薄い皮膜を一枚被ったようなくぐもったサウンディング、そして真綿にくるまれるかのようなイノセンスが、脳のうしろをサラリとくすぐってくれていた彼女。しかし、Gutevolkとしての2作目は、これまでと少しだけ、違う、と思う。窓はいきなり開かれ、彼女の笑い顔やちょっと困ったような表情までが、くっきりと浮き上がっているのだ。もちろん、妄想が紡ぎ出す音の魔法が消えてしまったわけではなく、音楽家としての凛とした姿(時に雄々しささえ感じるほどの!)が、素のまま記録されているということ。抽象的な電子音で空気を暖めるよりも、気の置けない友人たちが編み出す人肌の一音を選び取る、それは、コンポーザーとしての歓びも当然あるけれど、歌うということの楽しさや力を再確認させたかのようだ。ある種の雰囲気を醸造するための触媒としての歌じゃなくって、“歌”のための歌、とでも言うべきか?とにかく、そのチャイルディッシュな歌声に騙されちゃいけない──いや、彼女は別に騙そうなんてつもりはさらさらないのだろうけど、ね。 小田晶房(map)

■Profile

西山豊乃(にしやまひろの)によるソロ・プロジェクト。1999年に竹村延和のレーベルchildiscより1stアルバム「ゆらゆらゆれる」を発表。その後も同レーベルからは12インチEP、ミニ・アルバムを発表し、コンピレーション・アルバムに楽曲を提供する。また竹村延和のアルバムにボーカルで参加し、Arto Lindsay 、Jim O'rourke 、YO LA TENGO の来日時にはチャイルディスク・バンドのボーカリストとして共演している。

2002年8月、細野晴臣のレーベルdaisyworldよりGutevolk名義の1stアルバム「グーテフォルクは水の中」を発表。翌年8月、自身初となるバンド編成で録音したGutevolk名義の2ndアルバム「suomi」をMIDI Creative / nobleより発表。

2005 年1月には、ニューヨークのレーベルHappyよりミニアルバム「twinkle」をリリース。自身の作品以外では、Wechsel Garland (a.k.a Wunder)、高木正勝、KAMA AINAらとのコラボレーションや、映画音楽、CM音楽の制作なども行う。また、これまでにドイツ、フランス、スペイン等のヨーロッパ各国でもライブを行うなど、マイペースながらもグローバルにその活動の場を広げている。

2007年2月、フル・アルバムとしては3年半振りとなる新作「グーテフォルクと流星群」をリリース。

LIONの整髪料CMソング、横浜タイヤのCMソング、靴下専門オンライストア Tabio(タビオ) CMソングなどTVのCMソングも手がけている。

■Credits

Mastered By? Kotaro Kojima
Recorded By? Akio Chiba
Recorded By [Additional]? Seigen Tokuzawa




- 「Spiritual Vibes」の発展形が中心の楽曲 -

西山豊乃(にしやまひろの)のGutevolk名義による2ndアルバム。このアルバムはNoble/Midi Creativeからのリリース。バンド形式の編成になっていて、ギターに青柳拓次、ウッドベースに鳥越啓介、ドラムに柏倉隆史が参加。それもあってか、電子音楽的な部分はエッセンス程度に抑えられて、バンドとしての演奏がメインに打ち出された楽曲になっています。

今回の特徴として、バンドとしてライブで聴かせるということもあってか、曲によっては「疾走感のある演奏」もするようになっています。また、バンドという形態を意識した作曲が、昔の「Spiritual Vibes」で歌っていた頃を思い出させてくれるのも、大きなポイントです。

アコースティックなバンド演奏的な室内楽、コケティッシュな女性ヴォーカルという形態が好きな人にはかなりツボにハマるアルバムです。電子音楽寄りのGutevolkが好きだった人にとっては微妙なアルバムになるでしょうが、後半で少し電子音楽的なアプローチも出てきます。なので完全に無視はできない内容。8曲目の「Snowflake」ではアコギとシンセによるスティーブ・ライヒ的なミニマルなループ、そこにいくつかの楽器が足されているシンプルな曲ですが、電子音楽でやってきたことをバンド演奏として再現している貴重な曲。その流れで続く9曲目「Air Train」もシンセのループにバンド演奏、そして英語歌詞のヴォーカルという曲ですが、ここでは最初は穏やかで暖かみのあるメロディで始まり、途中からポストロック的な疾走感、キレのあるセッション状態を感じる展開を見せる曲。そして「Final Land」で「Songbook」的な室内楽、最終曲「Strange Seed」では1stアルバムの収録曲、「Strange Dream」にも似た西洋の民謡のようなメロディに英語歌詞のヴォーカル、Spiritual Vibes系の音とSongbook的な音を上手く融合した音で終わります。この曲はいろんなテイストがうまくまとめられている感じですが、途中からバンド演奏としての盛り上がりがあって叙情的な展開を見せてくれています。

電子音楽ファンには少し物足りないアルバムかもしれないですが、また新たなるバンドとしての一面を見れることと、Spiritual Vibesファンであれば間違いなくハマれるアルバムです。



↓このアーティストの他の音源のレビュー・ページ。

西山豊乃 - 1999 - ゆらゆら ゆれる [Childisc CHCD-008]
西山豊乃 - 2001 - Pied Piper [Childisc CHCD-028]
西山豊乃 - Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People グーテフォルクは水の中
西山豊乃 - Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
西山豊乃 - Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow-
西山豊乃 - Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]




Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧


Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧




Gutevolk - Kikyu Ni Notte


Gutevolk - Sora


Gutevolk - Horizonto


Gutevolk - Clock Waltz


Gutevolk - Air Train




Amazon
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
(2002/08/07)
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
(2003/08/04)
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
(2007/02/09)
楽天
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]

【楽天】Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
価格:2,250円(税込、送料別)

Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]

【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
価格:2,174円(税込、送料別)

Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]

【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People グーテフォルクは水の中 [Daisyworld Discs CTCR-14221]

2012年28日   カテゴリ:Gutevolk     0 comments
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
(2002/08/07)
01 Musical Balloon
02 Dream Fish
03 Rainy Dragoon
04 Yume-Kitan
05 Arrested
06 Coquille
07 Morrow
08 See You Tomorrow
09 Voice In A Pool
10 Hinagiku
11 Moon Tripper
12 The Humming Of Tiny People
13 Strange Dream
14 Mizuno Soko (Live Version)

Gutevolk ①

Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]


↓公式サイト
http://www.gutevolk.com/

透明感あふれるうたと電子音。西山豊乃によるグーテフォルク名義初作品。いつかみた光景。イメージの振動。水中夢へいざなう、うたと電子音で綴る懐かしい未来のシンフォニー。

アート・リンゼイ、ジム・オルーク、ヨ・ラ・テンゴなどの来日公演では竹村延和とともにフロントアクトを務め、昨年はパリやドイツのライブイベントにも出演。またヴィクセル・ガーランド(a.k.a.Wunder)のレコーディングに参加するなど、活動の場をグローバルに広げている西山豊乃(にしやまひろの)の、グーテフォルク名義として初のフルアルバム。 (daisyworld)

■Profile

西山豊乃(にしやまひろの)によるソロ・プロジェクト。1999年に竹村延和のレーベルchildiscより1stアルバム「ゆらゆらゆれる」を発表。その後も同レーベルからは12インチEP、ミニ・アルバムを発表し、コンピレーション・アルバムに楽曲を提供する。また竹村延和のアルバムにボーカルで参加し、Arto Lindsay 、Jim O'rourke 、YO LA TENGO の来日時にはチャイルディスク・バンドのボーカリストとして共演している。

2002年8月、細野晴臣のレーベルdaisyworldよりGutevolk名義の1stアルバム「グーテフォルクは水の中」を発表。翌年8月、自身初となるバンド編成で録音したGutevolk名義の2ndアルバム「suomi」をMIDI Creative / nobleより発表。

2005 年1月には、ニューヨークのレーベルHappyよりミニアルバム「twinkle」をリリース。自身の作品以外では、Wechsel Garland (a.k.a Wunder)、高木正勝、KAMA AINAらとのコラボレーションや、映画音楽、CM音楽の制作なども行う。また、これまでにドイツ、フランス、スペイン等のヨーロッパ各国でもライブを行うなど、マイペースながらもグローバルにその活動の場を広げている。

2007年2月、フル・アルバムとしては3年半振りとなる新作「グーテフォルクと流星群」をリリース。

LIONの整髪料CMソング、横浜タイヤのCMソング、靴下専門オンライストア Tabio(タビオ) CMソングなどTVのCMソングも手がけている。




- 「竹村延和のSongbook」の延長線上の音楽 -

西山豊乃(にしやまひろの)のGutevolk名義による1stアルバム。このアルバムから細野晴臣の主宰するレーベル、「Daisyworld Discs」からのリリースになります。ソロ名義ではマイナーコードの不穏な音も入っていましたが、今作から心機一転、比較的明るめの曲が多い内容。

ジャズ、ボサノバ、竹村延和の「Songbook」のようなシンセの音、電子的な浮遊音を組み合わせて綴る牧歌的かつ童話チックなメロディ。不穏な音はないものの、時節、曲によってはかなり深く意識の奥底に潜りこんだような錯覚に陥らせる曲もあります。Spiritual Vibesの発展形の音と言われていますが、それだけでなく竹村延和の音もかなりの割合で取り込めている、稀有な電子音楽・アンビエントといってもいいです。

声はフランス語、日本語、英語、そして意味のない言葉をつぶやいたり、淡々と歌われています。感情的になるよりこうやって淡々と歌うほうが、より歌と音の融合が行われていて、音楽全体を引き立てている感じがします。それにしても今作からやたら録音状態が良くなっていて、深みのある音がさらに深みを増して、人間の意識と無意識の中間、いわゆる「まどろみ」のような状態を作り上げていて、こういった曲に関しては聴く価値がかなりあります(特にDream Fish、Voice In A PoolとMizuno Soko (Live Version)あたりがおすすめ)。

童話的な音としてのインスト、「Morrow」も竹村延和好きな人にはかなりの良トラック。「まどろみ」的な癒しがある曲ですが、メロディがとても穏やかで明るくて、「陽だまりのまどろみ」のような曲です。

10曲目の「Hinagiku」も電子音がスティーブ・ライヒ的なミニマルな展開を見せて日本語歌詞で歌っている曲でかなり注目すべき曲。13曲目「Strange Dream」も北欧や東欧あたりの民謡を思わせる電子音のインストで妙なインパクトがあります。

Childiscから誕生していつのまにか、独自の世界観を作り上げることに成功した稀有なアルバムです。



↓このアーティストの他の音源のレビュー・ページ。

西山豊乃 - 1999 - ゆらゆら ゆれる [Childisc CHCD-008]
西山豊乃 - 2001 - Pied Piper [Childisc CHCD-028]
西山豊乃 - Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People グーテフォルクは水の中
西山豊乃 - Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
西山豊乃 - Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 -tiny people singing over the rainbow-
西山豊乃 - Gutevolk - 2010 - 太陽のシャンデリア [Rallye RYECD090]




Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Gutevolk - Musical Balloon


Gutevolk - Dream Fish


Gutevolk - Morrow


Gutevolk - Hinagiku


Gutevolk - Strange Dream




Amazon
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
(2002/08/07)
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
(2003/08/04)
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]
(2007/02/09)
楽天
Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]

【楽天】Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ [Daisyworld Discs CTCR-14221]
価格:2,250円(税込、送料別)

Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]

【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi [Noble CXCA-1140]
価格:2,174円(税込、送料別)

Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 [Noble CXCA-1205]

【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】Gutevolk - 2002 - He Humming Of Tiny People ~グーテフォルクは水の中~ CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2003 - Suomi CD価格一覧
【楽天】Gutevolk - 2007 - グーテフォルクと流星群 CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。