Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]

2012年02日   カテゴリ:映糸     2 comments
Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
(2005/06/10)
01 Eisi Is Stirring
02 Awaawa (Window)
03 Cloud, Light, Water (Fall)
04 Note 1 (Variation)【Guitar:Christopher Willits】
05 Voice Or Vice (Rise)
06 Interlude
07 14 (Alta)
08 そして、欲する (Every Still Day)
09 出水 (Leaf)
10 Eisi Is Sleeping

Taylor Deupree ①

Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]

↓映糸公式サイト
http://www.mujika.net/eisi/top.html

↓映糸公式ブログ
http://d.hatena.ne.jp/eisi_awaawa/

↓Mujika Easel主宰レーベル「dear Air」
http://www.dear-air.com/

↓推薦コメント
http://www.noble-label.net/catalog/?ja&code=CXCA-1164

2003年11月リリース、その静謐な佇まいとヴォーカルmujika easelの幽玄な歌声が密かに話題を呼んでいた映糸「awaawa」。この作品を、NY在住で日本でも人気の12kレーベルを運営し、Mille Plateaux、Raster Noton、Sub Rosaなど世界中の主要レーベルからもリリースを重ねるミュージシャンTaylor Deupreeが気に入り、彼のリクエストで「awaawa」を再構築する今回のプロジェクトがスタートしました。「awaawa」の音素材をもとに、オリジナルのオーガニックな魅力に加え、Taylor Deupreeの繊細で美しいデジタル・プロセッシングが施された、とてもユニークで新しいエレクトロ/アコースティック・ミュージックの傑作が誕生しました。 (Bridge inc.)

“日常のための音楽”をコンセプトに掲げるnobleレーベルからの第10弾。アコースティックなサウンドを中心に据え、デジタル・ノイズやコラージュを控えめにちりばめたフォークトロニカ的作品。mujika eaelの歌声が素晴らしい。 (CDジャーナル)

■Profile
映糸(えいし)
uplight bass & voice : mujika easel
guitar & synthesizer : 小堀努
trumpet & mac & harmonica : 森田正明

2001年11月27日誕生。
2002年1月からメンバー4人で活動を始める。
関西を中心にライブハウス、カフェ、ギャラリー、と様々な場所で演奏を行う。

画家/小説家/音楽家等によるアーティスト集団"雨・室(AnN-shitsu)"のメンバーとしても活動。大阪firefly、cafe DETAJ、京都METRO、東京UPLINK FACTORY等でイベントを手掛ける。

2003年3月にドラムが抜け、以後、残る3人で活動。
2003年4月 エンジニアに少年ナイフ、竹村ノブカズ、ボアダムス、トウヤマタケオなどを手掛ける林 皇志氏を迎え1stアルバムのレコーディングをスタート。
2003年11月10日 MIDI Creative / nobleより1stアルバムをリリース。
2005年6月10日 1stアルバム『awaawa』のTaylor Deupreeによるリコンストラクト・アルバム『Every Still Day』をnobleよりリリース。




- テイラー・デュプリーが再構築した映糸の心象風景 -

アップライト・ベース、アコースティック・ギター、トランペット、ハーモニカ、シンセなどの音を使って素朴な牧歌的風景を描き出す映糸(えいし)。女性のボーカルは現在Mujika Easelとして活動しdear Airレーベルを主宰する辰巳加奈。

アルバム・タイトルの「Ever Still Day」はawaawaの曲のタイトル「そして、欲する」からの引用みたいです。アルバムを聴けばわかりますが、映糸のファンである人は「なんで自分の好きなアーティストのアルバムをいじくるのか」と思うでしょう。それ以外の人は「リ・アレンジ、ある意味リミックスのアルバムだな」と思うだろうと思います。

映糸の素材を使って「awaawa」にはなかったトラックを3つ制作して、1曲目、6曲目、10曲目に収録してありますが、1曲目と10曲目は映糸のアコースティックな音楽というよりはほとんど環境音楽に近い内容。6曲目は辰巳加奈のボーカルにアコギにやたらエフェクトがかかって空間がより深くなった感じの白昼夢的な響きの曲。

このアルバムを聴く意味はほとんど4曲目の「Note 1 (Variation)」にあると思います。クラブミュージック的なドラム・ビートにサンフランシスコ在住のギタリスト、クリストファ-・ウィリッツがギターで弾いたものをサンプリングして、全く新しい映糸を演出しています。イメージとして「打ち込み+アコースティック+女性ヴォーカル」というところが涼音堂茶舗レーベルの傾向に似てると思います。テクノというよりシンセのエレクトリックが目立つ感じです。このトラックを聴けばテイラー・デュプリーがなぜポップ・ミュージックを制作したかったのかが分かるし、その成果が上がってるのが分かると思います。クールでとても素晴らしい出来栄えです。

タイトルに引用した「Ever Still Day」も最初に多少エレクトロニカ的な手法に違和感を覚えますが、歌が始まれば妙にキラキラした幸福な雰囲気がじんわりと心に染み込んできて素晴らしいフォークトロニカです。

曲に覚えがあればあるほど違和感を感じる曲もあれば、覚えがなくても突然現れるエレクトロニカ的な音に「なんでここにこんな音が入ってるの?」と思わされる曲もあります。初めてオリジナルを新しい解釈で組み立てなおすという作業なので、上手くいってるときとそうでないときがあります。しかし成功している曲はどれもかなり素晴らしいので、聴いてみる価値は充分にあるアルバム。

今回も収録曲が見つからなかったので、辰巳加奈のソロ名義Mujika Easelがヴォーカルで参加している「Matteo Uggeri & Andrea Ferraris」の曲と、その関連の曲を貼っておきます。



Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧


↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Kitchen Label レビューページ一覧
Kitchen Label レビューページ一覧




Matteo Uggeri & Andrea Ferraris - Autumn is Coming, We're All in Slow Motion【Mujika Easelがヴォーカルで参加】


Matteo Uggeri & Andrea Ferraris - Windscreen-Wiper, A Walk Through The Snow【Mujika Easelがヴォーカルで参加】


Taylor Deupree - November


Ryuichi Sakamoto - World Citizen (Taylor Deupree Remix)




Amazon
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
(2003/11/10)
Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
(2005/06/10)
Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]
Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]
(2010/09/15)
楽天
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]

【楽天】映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
価格:1,890円(税込、送料別)

Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]

【楽天】Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
価格:1,890円(税込、送料別)

Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]

【楽天】Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】映糸 - 2003 - awaawa CD価格一覧
【楽天】Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day CD価格一覧
【楽天】Mujika Easel - 2010 - 海辺より CD価格一覧
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]

2012年01日   カテゴリ:映糸     0 comments
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
(2003/11/10)
01 Awaawa
02 Cloud, Light, Water
03 Motel
04 Voice Or Vice
05 14
06 そして、欲する
07 Izumi 出水

映糸 ①

映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]

↓映糸公式サイト
http://www.mujika.net/eisi/top.html

↓映糸公式ブログ
http://d.hatena.ne.jp/eisi_awaawa/

↓Mujika Easel主宰レーベル「dear Air」
http://www.dear-air.com/

↓推薦コメント
http://www.noble-label.net/catalog/?ja&code=CXCA-1145

noble第7弾リリースは、ボーカル/アップライトベース奏者のmujika率いる大阪在住の3人組、映糸(えいし)の1stアルバム。彼岸より奏でられる美しい旋律に、深い慈愛を帯びた唯一無二の声。聴く者の心には、曇りのない澄みきった感動が静かに降りてきます。 (Bridge inc.)

現在ソロで活動中のMujika Easelの幽玄なる歌声、歌同様の印象を残すトランペットの、郷愁感覚えるフレーズとフリーフォームなスタイル。そんな2人を程よく落ち着かせる、ギターのアルペジオ。これら三者三様の個性が一つとなって、フォーク、ジャズ、ポップ、実験性…いずれの要素も含みつつ、どこにもない豊かな感性に満ちた、心魅かれる音楽を紡ぎだしています。

この作品に収録の何曲かは、京都にあるカフェ アンデパンダンでの生演奏もあります。いつまでも浸っていたくなる心地よいサイレントで緊張感ある空間。とてもいとおしい作品です。 (Pastel Records)

■Profile
映糸(えいし)
uplight bass & voice : mujika easel
guitar & synthesizer : 小堀努
trumpet & mac & harmonica : 森田正明

2001年11月27日誕生。
2002年1月からメンバー4人で活動を始める。
関西を中心にライブハウス、カフェ、ギャラリー、と様々な場所で演奏を行う。

画家/小説家/音楽家等によるアーティスト集団"雨・室(AnN-shitsu)"のメンバーとしても活動。大阪firefly、cafe DETAJ、京都METRO、東京UPLINK FACTORY等でイベントを手掛ける。

2003年3月にドラムが抜け、以後、残る3人で活動。
2003年4月 エンジニアに少年ナイフ、竹村ノブカズ、ボアダムス、トウヤマタケオなどを手掛ける林 皇志氏を迎え1stアルバムのレコーディングをスタート。
2003年11月10日 MIDI Creative / nobleより1stアルバムをリリース。
2005年6月10日 1stアルバム『awaawa』のTaylor Deupreeによるリコンストラクト・アルバム『Every Still Day』をnobleよりリリース。

■Credits
Bass & Vocals– 辰巳加奈(Mujika Easel)
Engineer– Ohji Hayashi
Guitar & Synthesizer– Tsutomu Kobori
Trumpet & Mac & Harmonica– Masaaki Morita




- 日常の穏やかな空気感を感じさせる音楽 -

アップライト・ベース、アコースティック・ギター、トランペット、ハーモニカ、シンセなどの音を使って素朴な牧歌的風景を描き出す映糸(えいし)。女性のボーカルは現在Mujika Easelとして活動しdear Airレーベルを主宰する辰巳加奈。

繊細で枯れたハスキーな女性ボーカルに、アコースティックギターののんびりした音、それに合わせてベース、トランペットが絡み、ごく稀に電子音が入ります。フォーク的な響きとジャズのインプロヴィゼーションを混ぜたような印象でありながら、アンビエント的な癒しがあります。同じレーベルでいえば「棗」が似ています。あちらが「無国籍な民族音楽」とすれば、映糸は「無国籍なフォーク」。

演奏を聴いていると、日常の穏やかな空気感を感じさせながら音が移ろいその情景もふわふわとどこかに漂っていく・・・そんな空気のような音楽と共に、辰巳加奈の歌声も空気のように溶け込んでいます。英語歌詞なので日本語の意味を気にしないで「雰囲気」だけを味わえるようになってるのも良いところ。

アンビエント的な癒しがあるという人もいれば、環境音楽的なBGMとして部屋でゆっくりするときになんとなく流しっぱなしにする人もいる、「雰囲気」を豊かにするアルバムです。

今回は収録曲が見つからなかったですが、ライブ映像が見つかったのでひとつだけ貼っておきます。ライブ映像はアルバムとはイメージが少し違うので、参考動画の「Mujika Easel - In The Room」のほうが映糸のアルバムにはイメージが近いです。「Mujika Easel - dans la mer, dans tes yeux」はピアノとトランペットという、また違う構成ではありますが、演奏でやろうとしてることは一緒ですので参考程度に聴いてみてください。



Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧


↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Kitchen Label レビューページ一覧
Kitchen Label レビューページ一覧




2012/06/30 油野美術館 『即興演奏と実験音楽と歌』
【3:10から映糸のライブあり】



Mujika Easel - In The Room


Mujika Easel - dans la mer, dans tes yeux (take4)





Amazon
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
(2003/11/10)
Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
(2005/06/10)
Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]
Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]
(2010/09/15)
楽天
映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]

【楽天】映糸 - 2003 - awaawa [Noble CXCA-1145]
価格:1,890円(税込、送料別)

Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]

【楽天】Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day [Noble CXCA-1164]
価格:1,890円(税込、送料別)

Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]

【楽天】Mujika Easel - 2010 - 海辺より [dear Air DAIR-001]
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】映糸 - 2003 - awaawa CD価格一覧
【楽天】Taylor Deupree + Eisi 映糸 - 2005 - Every Still Day CD価格一覧
【楽天】Mujika Easel - 2010 - 海辺より CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。