Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]

2012年11日   カテゴリ:Anonymass     0 comments
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
(2008/02/20)
01 邂逅
02 See-Through
03 Mass
04 Nice Age
05 君に、胸キュン。
06 Focus
07 Happy End
08 Wild Ambitions
09 Insomnia
10 Behind the Mask
11Castalia
12 Cue
13 Epilogue

Anonymass ①

Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]

Anonymass 公式サイト Anonymass Wikipedia

祝☆YMO結成30周年!アノニマスによりイエロー・マジック・オーケストラのカバー・アルバム。お三方も大絶賛!!「おっ、いいね!」細野晴臣「これは、いい!」坂本龍一「やったね、ゴンちゃん。すごくいい!セニョール・ココナッツにも送るべし。」高橋幸宏 (Midi Record Club)

■Profile
anonymass(アノニマス)は日本の音楽ユニット。ユニット名はanonymous(匿名)とmass(集まり)を混ぜた造語。権藤知彦(ユーフォニアム)と山本哲也(キーボード)が中心となって結成されたAnonymous Loungeが前身。その後、徳澤青弦(チェロ)と神田智子(ヴォーカル)が参加しanonymassとなる。 メンバーそれぞれが、さまざまなアーティストのレコーディングやライヴに参加しており、CM、映画音楽などの楽曲提供やバンド・プロデュースなども手掛けている。ヴォーカル:神田 智子(かんだ ともこ)は『くるり鶏びゅ~と』を最後に脱退。原因は「メンバー内による意見の相違によるもの(公式サイトより)」とされる。

■楽曲提供
・小林賢太郎プロデュース公演『good day house』
・Xbox用ゲームソフト『ファントムクラッシュ』
・文化庁メディア芸術祭開催告知CM
・小林賢太郎プロデュース公演『Sweet7』
・短編映画「机上の空論」
・キユーピー ノンオイルの香味ゆずドレッシングCM
・セコム ホームセキュリティーCM
・松下電器 企業CM
・NTT西日本 企業CM
・docomo F906 携帯CM

■権藤知彦 公式サイト
[1967年9月11日生 東京都出身 B型]
日大芸術学部卒業後、米、ボストン大学院に留学、修士課程修了。ユーフォニウムと電子音楽を学ぶ。基本的に作編曲家。国内では希な"ポップスがわかるユーフォニウム奏者"としての側面はライブでは独特なスタイルを持ちながらも近年ではYMOメンバー(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏)らと共演。レコーディングにおいても管弦楽のアンサンブルを得意とするアレンジャーでありながらも、生楽器に拘泥することなくコンピュータ、サンプラー、シンセサイザーを縦横無尽に駆使し、その融合によって生まれる奥行きの深い音像を構築する。CM音楽はじめバンドプロデュース、アレンジなど多数。自身主宰のバンドanonymassも意欲的に活動中である。

■徳澤青弦 公式サイト 公式ブログ
チェリストとして数えきれない程たくさんのアーティストとレコーディングやライヴサポートをしている(フェイ・ウォン、つじあやの、高木一江&moose hill、織田哲郎、hyde、bird、Nathalie Wise、World Standard、半野喜弘)。anonymass、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ASA-CHANG&ブルーハッツ、world’s end girlfriend & POLTERGEIST ensemble等、バンドでの活動も展開。ソロ名義では、ラーメンズの音楽を担当している。2007年「ラーメンズサントラVol.1」リリース。2008年「ポツネンの音楽」リリース。

■神田智子
東京芸術大学声楽科卒業。在学中よりスタジオミュージシャンとして活動を始め、現在までに数多くのCM音楽、映画音楽、舞台音楽等に声を提供している。また都内を中心にソロやセッションなどのライブ活動も行っている。 2001~2009年anonymassのヴォーカルを務め、4枚のアルバムをリリース。現在World Standard(a.k.a鈴木惣一朗)に参加し、今秋にアルバムをリリース予定。 これまでに他のアーティストのアルバムに参加したものとして、一ノ瀬響、高田元太郎、コーコーヤ、World Standardなどがある。また、森美術館にて不平の合唱団の合唱指導、指揮などもしている。

CM:SONY「VAIO type T」「VAIO Xシリーズ」、資生堂「新HAKU」、 JR東日本「Tokyo Station City」他多数。映画音楽:「ハンニバル・ライジング」(Peter Webber監督)、「LOVERS」(チャン・イー モウ監督)、「Absurdistan」(Veit Helmer監督)、「ブラブラバンバン」(草野陽花監督 )、「Different Cities」(五島一浩監督)他多数。




- ポストロック系室内楽+女性ヴォーカル+プログレ -

AnonymassのNobleからのリリース、4thアルバムにしてYMOのカバー・アルバム。権藤知彦がSketch Showや高橋幸宏のツアー、Human Audio SpongeとYellow Magic Orchestraとしてのライブに参加していたということ、といぼっくすの「Acoustic YMO」で「中国女」のボーカルを担当した神田智子、坂本美雨のサポートやアレンジを担当した徳澤青弦、かなりYMOのコネクションに通じていたバンドのメンバーがいることから自然と行き着いたリリース。

Amazonのレビューにも「冒頭からずっこけそうになった」と書かれている人もいましたが、CDを再生した瞬間、神田智子の「パラララッパラ~」という声から始まります。コード進行は忠実ですが、Anonymassのオリジナルのときと比べるとテンションは低いように思います。じっくり丁寧に弾いてる感じ。

このアルバムを肯定的に捉えるとするなら、「YMOファンが買うだろう」ということ。「YMOのサポート・メンバーが演奏しているからYMOファンにはとっつきやすいし、Anonymassを知ってもらう良いきっかけになる」、ここに尽きると思います。しかし思うんですが、それなら何もAnonymassでなくても他のバンドでも良かったんじゃないでしょうか。たとえば、20歳前後のメンバーで構成された思いっきり演奏してくれるロック・バンドや、YMO世代で脂も乗ってきた円熟したJazzバンドとか。そういう人たちなら、きっと熱のこもった演奏をしてくれたんではないかと思います。

そのどれでもないAnonymassが演奏する必要があった理由とは、やっぱり「サポート・メンバー」であったことかなと思います。まぁ普段見知った人物からのカバーのほうが許可も下りやすいでしょうし。

アルバムの感想としては、「人によって全然感想が変わるアルバム」。思い入れのある曲をこういう生演奏の形でカバーしているということが、聴いた人によって感じるところは千差万別かと思われます。「新しいYMO」と思う人もいれば、「こんなのYMOじゃない」とガッカリする人もいると思います。

このアルバムがリリースされた年が2008年、翌年の2009年にリリースされたオムニバス「くるり鶏びゅ~と」にAnonymassとして参加した後、神田智子は「メンバー内の意見の相違」という理由により脱退しています。バンドとして新しいアルバムはもう出さないんじゃないかなと思える状況ですが、最後のアルバムの曲が全てカバー曲になった、という珍しいバンドかもしれませんね。YMOファンにだけおすすめできる一枚です。

今回はこのブログでのAnonymassのレビューはこれで終了ということで、Anonymass各メンバーの参加曲も関連動画ということで貼っておきます。アルバムのリンクも貼っておきますので興味のある方は視聴・購入をぜひおすすめします。



Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Anonymass - 邂逅【YMOカバー曲】


YMO - 邂逅【YMO原曲】


Anonymass - Behind the Mask【YMOカバー曲】


YMO - Behind the Mask【YMO原曲】




Amazon
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
(2003/03/05)
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
(2004/03/15)
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
(2008/02/20)
楽天
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]

【楽天】Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
価格:1,890円(税込、送料別)

Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]

【楽天】Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
価格:2,415円(税込、送料別)

Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]

【楽天】Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
価格:2,835円(税込、送料込)

【楽天】Anonymass - 2003 - Opus 01 CD価格一覧
【楽天】Anonymass - 2004 - Harusame CD価格一覧
【楽天】Anonymass - 2008 - Anonymoss CD価格一覧




↓Anonymass各メンバーのそれぞれの活動から印象的だった曲を抜粋。

■権藤知彦の参加曲■
コトリンゴ ×U-zhaan×村田シゲ!!×神谷洵平×権藤知彦-Snowman @ 道との遭遇
「コトリンゴ - 2008 - nemurugirl」に収録



■徳澤青弦の参加したMitoのアルバムから■
Mito - No One Really Cares
「Mito - 2011 - Dawnに収録」



■神田智子の参加曲■
World Standard - 小さな祈り Living Room Session
「World Standard - 2011 - みんなおやすみに収録」



■神田智子の参加曲■
Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - Beams of Love
「Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064に収録」



※「Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064」 のレビューページ。



Amazon
コトリンゴ - 2008 - nemurugirl [Commmons RZCM45785]
コトリンゴ - 2008 - nemurugirl [Commmons RZCM45785]
(2008/01/23)
Mito - 2011 - Dawns [日本コロムビア COCP36816]
Mito - 2011 - Dawns [日本コロムビア COCP36816]
(2011/05/18)
World Standard - 2011 - みんなおやすみ [Stella SLIP8503]
World Standard - 2011 - みんなおやすみ [Stella SLIP8503]
(2011/10/13)
Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064 [Plop/mu-nest plop10]
Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064 [Plop/mu-nest plop10]
(2011/01/19)
楽天
コトリンゴ - 2008 - nemurugirl [Commmons RZCM45785]

【楽天】コトリンゴ - 2008 - nemurugirl [Commmons RZCM45785]
価格:1,418円(税込、送料別)

Mito - 2011 - Dawns [日本コロムビア COCP36816]

【楽天】Mito - 2011 - Dawn [日本コロムビア COCP36816]
価格:2,521円(税込、送料込)

World Standard - 2011 - みんなおやすみ [Stella SLIP8503]

【楽天】 World Standard - 2011 - みんなおやすみ [Stella SLIP8503]
価格:2,625円(税込、送料込)

Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064 [Plop/mu-nest plop10]

【楽天】Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064
価格:2,161円(税込、送料別)

【楽天】コトリンゴ - 2008 - nemurugirl CD価格一覧
【楽天】Mito - 2011 - Dawn CD価格一覧
【楽天】World Standard - 2011 - みんなおやすみ CD価格一覧
【楽天】Kyo Ichinose 一ノ瀬響 - 2011 - Earthrise2064 CD価格一覧
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]

2012年09日   カテゴリ:Anonymass     0 comments
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
(2004/03/15)
01 Idyllica
02 Everything Will Be Alright
03 なにもないのに
04 Lust
05 Harusame No.9
06 Smalltalk I
07 Flat
08 Awkward Dance
09 Smalltalk Ii
10 Twenty-Five
11 A Girl’S Intuition

Anonymass ①

Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]

Anonymass 公式サイト Anonymass Wikipedia

ユーフォニウムの権藤知彦やキーボードの山本哲也ら、各方面で活躍するミュージシャンが集まり、管楽器や弦楽器を多用したアヴァン・ポップというべき独自の音楽性をもつバンド。この2作目は、前作よりもブラス隊やストリングス隊を前面に出した生のアンサンブルが中心となり、バーバンク・サウンドやトラディショナルに接近した作品になった。

ユーフォニウムの牧歌的な響きやチェロの崇高な音色を中心とするおおらかなサウンドと、神田智子のハイトーン・ヴォイスが融合して、懐かしくもあたたかな空気を作り出している。リズムにワルツやドラムン・ベースを取り入れるなど、相変わらず実験精神も旺盛。いっそうオリジナリティが強まった意欲作だ。(小山 守)
(Amazon)

■Profile
anonymass(アノニマス)は日本の音楽ユニット。ユニット名はanonymous(匿名)とmass(集まり)を混ぜた造語。権藤知彦(ユーフォニアム)と山本哲也(キーボード)が中心となって結成されたAnonymous Loungeが前身。その後、徳澤青弦(チェロ)と神田智子(ヴォーカル)が参加しanonymassとなる。 メンバーそれぞれが、さまざまなアーティストのレコーディングやライヴに参加しており、CM、映画音楽などの楽曲提供やバンド・プロデュースなども手掛けている。ヴォーカル:神田 智子(かんだ ともこ)は『くるり鶏びゅ~と』を最後に脱退。原因は「メンバー内による意見の相違によるもの(公式サイトより)」とされる。

■楽曲提供
・小林賢太郎プロデュース公演『good day house』
・Xbox用ゲームソフト『ファントムクラッシュ』
・文化庁メディア芸術祭開催告知CM
・小林賢太郎プロデュース公演『Sweet7』
・短編映画「机上の空論」
・キユーピー ノンオイルの香味ゆずドレッシングCM
・セコム ホームセキュリティーCM
・松下電器 企業CM
・NTT西日本 企業CM
・docomo F906 携帯CM

■権藤知彦 公式サイト
[1967年9月11日生 東京都出身 B型]
日大芸術学部卒業後、米、ボストン大学院に留学、修士課程修了。ユーフォニウムと電子音楽を学ぶ。基本的に作編曲家。国内では希な"ポップスがわかるユーフォニウム奏者"としての側面はライブでは独特なスタイルを持ちながらも近年ではYMOメンバー(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏)らと共演。レコーディングにおいても管弦楽のアンサンブルを得意とするアレンジャーでありながらも、生楽器に拘泥することなくコンピュータ、サンプラー、シンセサイザーを縦横無尽に駆使し、その融合によって生まれる奥行きの深い音像を構築する。CM音楽はじめバンドプロデュース、アレンジなど多数。自身主宰のバンドanonymassも意欲的に活動中である。

■徳澤青弦 公式サイト 公式ブログ
チェリストとして数えきれない程たくさんのアーティストとレコーディングやライヴサポートをしている(フェイ・ウォン、つじあやの、高木一江&moose hill、織田哲郎、hyde、bird、Nathalie Wise、World Standard、半野喜弘)。anonymass、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ASA-CHANG&ブルーハッツ、world’s end girlfriend & POLTERGEIST ensemble等、バンドでの活動も展開。ソロ名義では、ラーメンズの音楽を担当している。2007年「ラーメンズサントラVol.1」リリース。2008年「ポツネンの音楽」リリース。

■神田智子
東京芸術大学声楽科卒業。在学中よりスタジオミュージシャンとして活動を始め、現在までに数多くのCM音楽、映画音楽、舞台音楽等に声を提供している。また都内を中心にソロやセッションなどのライブ活動も行っている。 2001~2009年anonymassのヴォーカルを務め、4枚のアルバムをリリース。現在World Standard(a.k.a鈴木惣一朗)に参加し、今秋にアルバムをリリース予定。 これまでに他のアーティストのアルバムに参加したものとして、一ノ瀬響、高田元太郎、コーコーヤ、World Standardなどがある。また、森美術館にて不平の合唱団の合唱指導、指揮などもしている。

CM:SONY「VAIO type T」「VAIO Xシリーズ」、資生堂「新HAKU」、 JR東日本「Tokyo Station City」他多数。映画音楽:「ハンニバル・ライジング」(Peter Webber監督)、「LOVERS」(チャン・イー モウ監督)、「Absurdistan」(Veit Helmer監督)、「ブラブラバンバン」(草野陽花監督 )、「Different Cities」(五島一浩監督)他多数。




- ポストロック系室内楽+女性ヴォーカル+プログレ -

AnonymassのNobleからのリリース、2ndアルバム。このアルバムでは日本語歌詞の神田智子による歌や、よりポップソング(J-POP)に近づいた曲も見えてくる一枚。しかしアルバムのタイトルにも出てくる「Harusame」を冠した曲「Harusame No.9」のようにポストロック魂を忘れない曲も入っています。この曲ではボーカルは長々と歌うことなくスキャットや短い歌だけにとどまり、演奏に重心を置いています。手拍子を交えたバンド演奏は相変わらず聴きやすく非常にまとまりのある内容で、完成度は高くテンポもとても気持ちのいいもの。

10曲目の「Twenty-Five」が一番おすすめの曲。ボーカルの入ったイントロからバンド・アンサンブルの爽快でスピード感のある音が楽しめて、後半にアヴァンギャルド・プログレ的なブレイクが入る展開。

全体的に明るくポップでコミカルなリズムが多く、聴く人の感情を明るく和ませるものが多いです。まだどういうリスナーに対して発信したいのか分かりづらいところはありますが、やりたいことであろうバンド演奏としてのポストロック的なメロディやプログレ的なものを残していることと、前半に日本語歌詞の歌を配置してあることから、「歌も聴かせつつ、ポストロック的なものも演奏する」といった形に落ち着いています。歌を前面に押し出すならもうちょっと日本語歌詞の歌を増やしてもいい気もしますし、ポストロック的なものをやるならやるで、もうちょっと攻撃的なリズムの曲が多くても良かったんじゃないかな、と思います。今回はエレクトロニカ的な音要素はほとんど皆無、そのかわりにプログレ的な要素は入ってきたものの、完全燃焼し切れてないのは否めないです。

前作から進展はあったものの、行き先はまだ見えてこないアルバム。



Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Anonymass - Harusame No9




↓関連動画

Anonymass - Our Words
【Kazuhiro Goshima's film "Different Cities"】



徳澤青弦 - 重なる気圧


蓮沼執太フィル - Earphone & Headphone in my Head -EP #3 (LIVE)
【ユーフォニウム:権藤知彦】





Amazon
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
(2003/03/05)
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
(2004/03/15)
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
(2008/02/20)
楽天
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]

【楽天】Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
価格:1,890円(税込、送料別)

Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]

【楽天】Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
価格:2,415円(税込、送料別)

Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]

【楽天】Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
価格:2,835円(税込、送料込)

【楽天】Anonymass - 2003 - Opus 01 CD価格一覧
【楽天】Anonymass - 2004 - Harusame CD価格一覧
【楽天】Anonymass - 2008 - Anonymoss CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]

2012年06日   カテゴリ:Anonymass     0 comments
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
(2003/03/05)
01 Little Wish
02 The Left Arm of Buddha
03 Still Life
04 Sing This Moment
05 The Right Thing in The Wrong Place
06 How?
07 ForNo One

Anonymass ②

Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]

Anonymass 公式サイト Anonymass Wikipedia

World Standard、SKETCH SHOW、キセルなどのレコーディングやライブに参加、CM、映画音楽、プロデュースなどの活動も行う音楽ユニットanonymassの1stアルバム。ユーフォニウム、トランペット、ディジュリドゥ、マリンバなど多彩な楽器を使用しながら温かみあるエレクトロ・サウンドに仕上がっています。(Amazon)

■Profile
anonymass(アノニマス)は日本の音楽ユニット。ユニット名はanonymous(匿名)とmass(集まり)を混ぜた造語。権藤知彦(ユーフォニアム)と山本哲也(キーボード)が中心となって結成されたAnonymous Loungeが前身。その後、徳澤青弦(チェロ)と神田智子(ヴォーカル)が参加しanonymassとなる。 メンバーそれぞれが、さまざまなアーティストのレコーディングやライヴに参加しており、CM、映画音楽などの楽曲提供やバンド・プロデュースなども手掛けている。ヴォーカル:神田 智子(かんだ ともこ)は『くるり鶏びゅ~と』を最後に脱退。原因は「メンバー内による意見の相違によるもの(公式サイトより)」とされる。

■楽曲提供
・小林賢太郎プロデュース公演『good day house』
・Xbox用ゲームソフト『ファントムクラッシュ』
・文化庁メディア芸術祭開催告知CM
・小林賢太郎プロデュース公演『Sweet7』
・短編映画「机上の空論」
・キユーピー ノンオイルの香味ゆずドレッシングCM
・セコム ホームセキュリティーCM
・松下電器 企業CM
・NTT西日本 企業CM
・docomo F906 携帯CM

■権藤知彦 公式サイト
[1967年9月11日生 東京都出身 B型]
日大芸術学部卒業後、米、ボストン大学院に留学、修士課程修了。ユーフォニウムと電子音楽を学ぶ。基本的に作編曲家。国内では希な"ポップスがわかるユーフォニウム奏者"としての側面はライブでは独特なスタイルを持ちながらも近年ではYMOメンバー(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏)らと共演。レコーディングにおいても管弦楽のアンサンブルを得意とするアレンジャーでありながらも、生楽器に拘泥することなくコンピュータ、サンプラー、シンセサイザーを縦横無尽に駆使し、その融合によって生まれる奥行きの深い音像を構築する。CM音楽はじめバンドプロデュース、アレンジなど多数。自身主宰のバンドanonymassも意欲的に活動中である。

■徳澤青弦 公式サイト 公式ブログ
チェリストとして数えきれない程たくさんのアーティストとレコーディングやライヴサポートをしている(フェイ・ウォン、つじあやの、高木一江&moose hill、織田哲郎、hyde、bird、Nathalie Wise、World Standard、半野喜弘)。anonymass、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ASA-CHANG&ブルーハッツ、world’s end girlfriend & POLTERGEIST ensemble等、バンドでの活動も展開。ソロ名義では、ラーメンズの音楽を担当している。2007年「ラーメンズサントラVol.1」リリース。2008年「ポツネンの音楽」リリース。

■神田智子
東京芸術大学声楽科卒業。在学中よりスタジオミュージシャンとして活動を始め、現在までに数多くのCM音楽、映画音楽、舞台音楽等に声を提供している。また都内を中心にソロやセッションなどのライブ活動も行っている。 2001~2009年anonymassのヴォーカルを務め、4枚のアルバムをリリース。現在World Standard(a.k.a鈴木惣一朗)に参加し、今秋にアルバムをリリース予定。 これまでに他のアーティストのアルバムに参加したものとして、一ノ瀬響、高田元太郎、コーコーヤ、World Standardなどがある。また、森美術館にて不平の合唱団の合唱指導、指揮などもしている。

CM:SONY「VAIO type T」「VAIO Xシリーズ」、資生堂「新HAKU」、 JR東日本「Tokyo Station City」他多数。映画音楽:「ハンニバル・ライジング」(Peter Webber監督)、「LOVERS」(チャン・イー モウ監督)、「Absurdistan」(Veit Helmer監督)、「ブラブラバンバン」(草野陽花監督 )、「Different Cities」(五島一浩監督)他多数。




- ポストロック系室内楽+女性ヴォーカル -

ポストロックの空気感を持った室内楽に、若干のエッセンスとしてエレクトロニカの手法を用いています。全体的にはアコースティックな響きの室内楽といった雰囲気で、メロディは穏やかなもの、明るいものが多く、非常にポジティブな印象。また、ボーカルが入ると特にですが、ステレオラブっぽい雰囲気も感じます(特に2曲目)。所々にバックに男性ボーカルも入りますが、あまり気持ちのいい仕上がりになってない気がします(邪魔ってほどでもない)。

メインの女性ボーカルは好みの分かれる声です。特に歌唱力があるというわけではないのですが、声のトーンがものすごく整っていてキレイです。バンドなのでもっと感情をむき出しにしてもらったほうが感情移入しやすいんですが、とにかくどんな演奏にも一定のトーンで歌ってる感じがあります。また、歌詞もほとんどが英語ですが、ネイティブな発音ではないのでこれもまたリスナーの耳には感情移入しにくい部分。しかしトーンが安定しているため、聴きやすいという部分もあります。バンドのテイストに合ってるかというと、ちょっとミスマッチかなと自分は思いました。

神田智子のボーカルに関しては一ノ瀬響のアルバムのときにはとてもキレイで落ち着いた感じがあって良かったという例もあるし、要は使いどころなんだと思います。声を聴けば分かりますが明らかにポップソング向けなので、CMソングやJ-POPなど、大衆音楽で活躍してほしい声です。

バンド自体の演奏はとても完成度が高いです。メロディも明るいし非常にポップ。しかし演奏者自体が楽しんでそうな雰囲気は伝わってくるものの、どういうリスナーに対して発信したいのかという落ち着きどころがいまいち見えない感じ。良い意味でメジャーには程遠い音楽性、マイナー市場でのニーズを獲得するにはポップ過ぎる気がします。しかし6曲目の「How?」におけるエレクトロニカや音響を意識したイントロに始まり、どこか陽気で明るいメロディがやがて密度のある展開を見せるところではかなりの突出感、解放感があり、じっくり聴けば聴くほど味が出てくる曲もあったりします。

多方面で活躍する演奏者が集まって結成されたバンドですが、聴く人を選びそうなマニアックなアルバム。

今回は収録曲が見つからなかったので、他のアルバムの収録曲をひとつずつ貼っておきます。



Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Anonymass - Harusame No9


Anonymass - 邂逅




Amazon
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
(2003/03/05)
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
(2004/03/15)
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
(2008/02/20)
楽天
Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]

【楽天】Anonymass - 2003 - Opus 01 [Noble CXCA-1124]
価格:1,890円(税込、送料別)

Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]

【楽天】Anonymass - 2004 - Harusame [Noble CXCA-1153]
価格:2,415円(税込、送料別)

Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]

【楽天】Anonymass - 2008 - Anonymoss [Noble MDCL-1485]
価格:2,835円(税込、送料込)

【楽天】Anonymass - 2003 - Opus 01 CD価格一覧
【楽天】Anonymass - 2004 - Harusame CD価格一覧
【楽天】Anonymass - 2008 - Anonymoss CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。