Loading…

グロームス腫瘍のリハビリについて。

2017年23日   カテゴリ:グロームス腫瘍     0 comments
※今回の記事からカテゴリとして グロームス腫瘍 を追加しています。未だにアクセスが多いので、見やすく一元化しています。お役に立てば幸いです。

※尚、病気の概要に関しては グロームス腫瘍。 に書いております。そちらもどうぞ。



グロームス腫瘍のリハビリについてですが、なるべく簡単に、覚えてる範囲で書いておきます。
自分は完治には程遠いですが、仕事ができる状態になっており、指も軍手越しですが重い物も持てるようになっています。
そこにいくまでの自分の過程をここに残しておきます。



■リハビリテーション科での訓練

病院でリハビリに通ってみないか?と薦められたのでおよそ2ヶ月ほど通院しました。
そこではリハビリに関する考え方や基礎知識的なことを学びつつ、通ってる間に与えられた訓練をこなしていく流れだったんですが、とりあえず箇条書きにしておきます。

・状況にもよるが、患部を温めるより冷やしたほうが治りが早い。
・患部に突起物を当てると脳に刺激が送られて治る速度が早まることがある。
・手など、部位が二つある場合は左右を頭の中で意識する。
・片方が普通に動くのと同じように脳の中でイメージしながらトレーニングすると良い。
・リハビリが苦痛であればあるほど、治りにくいのでなるべく楽しく意味を持たせること。

おおまかに覚えている範囲ではこんな感じだったと思います。自分の場合は手だったので、お風呂とかで温めるより、1時間に1回ほど数分間冷水を流してそこにつける。患部を暖めるより冷水で冷やすほうが効果があるのは、体の一部分が冷えるとあとでそこに血液が集まってきて体温を戻そうとするので結果的にそこだけ血流が活発になるそうです。これは病気によっては逆効果の場合もあるみたいなので、医者に相談しながらのほうがいいかもしれません。

それをなるべくメモすることから始めました。メモするのは思いついたことを「リハビリ行為」として意識するためと、何個のリハビリをその日何回したか、を意識するためです。それが月単位になると結構な量をこなしていることが分かるので、「自分はこれだけのリハビリをやってるんだな」と思えることができます。努力を数字や書式で確認することも大事です。

ノートに文字を書くとかもやりましたが、自分の場合はあまり効果がありませんでした。下手な字でも日記とか書けばよかったんでしょうが、何も思いつかなかったので単語を延々と書いてました。リハビリの先生には「自分があまり意味や楽しみを見出せない作業はリハビリ効果が少ないのでやらなくていいよ」と言われました。日記とかは自分の気持ちが込められているので意味がありますが、機械的にやるのは良くないようです。

病気のときは「こんなことやって何になるんだ」とか「楽しくないから無駄」のように感じてしまいがちですが、「これをやって自分は治すんだ」とか「絶対治す」とか、そういう思い込みも必要です。メンタルが病気を治す速度に影響することもあるので。

リハビリ科では指で少しずつ重い物を指でつかむ作業や、指でつまんで何かを積み上げる作業を先生と一緒にやりました。病院で揃えている専用に道具を使って作業してましたが、そこで教わったことが後に生きてくることになります。

「患部に突起物を当てる」についての補足ですが、これは尖ったものを患部にぐいぐい当てることでいつもと全然違う刺激が脳に送られることで、患部に変化が起きやすい事例があるそうです。怪我しないような、「尖った何か」でチクチクさせるこれを一定時間やっていた記憶があります。(例として、お箸やフォークなどがやりやすい)



■家でのリハビリ訓練

家で最初のほうにやっていたことを主に書き出しておきます。

・ティッシュを指でつまんで揉む。
・食器などの洗い物をする。
・夜ベッドに入って眠るまでの時間、毛布で指をこすり続ける。限界が来たら素直に寝る。
・両手を眺めて同じように指を動かす。(脳の中でどちらも正常に動くとイメージしながら)
・1~2時間に1回、冷水を蛇口から出しながらそこに数分間浸す。
・氷に指をつける。
・パソコンでのタイピング。(疲れたら患部の指は使わなくても良い)
・米を研ぐ。

たぶんもっとたくさんのことをやってたと思うんですが、思い出せる範囲ではこれだけです。
リハビリの基本ですが、平常時できていた行為をなるべく最小範囲で始める、これが大事です。たとえば箸をもつことができるようになりたいとして、もっと軽いもの、もっと小さいものを持つことからスタートさせて徐々に大きく重い物にシフトしていく。これは全てのリハビリ行為に言えることです。いきなりフルマラソンはできないので、徐々に体力トレーニングをしていくのと同じです。

なので、ティッシュを持つ、爪楊枝を持つ、生の米粒を拾う、柔らかい布にふれる、などから始めてそこから行為を拡張していくのが望ましいです。

あと、自分は利き手の人差し指だったので苦労しましたが、他の指を人差し指のように使う、これも大事。患部はいつか治るものとして、なるべく日常でやりたいことができるように、別の部位でそれを行えるようにすることでだいぶストレスも減るし、やれることが増えます。「いつか治るから、今はこれが代わりで良いんだ」そう思うのもひとつの選択肢です。自分はこの4年間右手の人差し指の代わりは中指でやってましたし、右手を動かすのが苦痛な段階では左手で全ての日常行為をこなしてました。左手で箸を使い、箸が無理ならフォーク、スプーンもいいです。とにかく別の方法でできたらだいぶ気持ちも楽になります。

「小さいこと、小さい物から始める話」に戻りますが、少しずつ大きいものに変えていく、少しずつ長い時間続ける、これをひたすら繰り返すことで「以前の日常できてた状態」に限りなく近い状態に戻れます。ティッシュなどの触感は大事ですし、それが無理なら液体でもいいし、それが無理なら空気、風を当てるとかでもいいと思います。とにかく今現在の自分の可能な範囲はどこなのか、それを確かめてそこから拡張することです。



自分の中で一番よかったリハビリは、

・夜ベッドに入って眠るまでの時間、毛布で指をこすり続ける。限界が来たら素直に寝る。
・米を研ぐ。

この二つがかなり効果を発揮していたように思います。「寝る前の毛布でこする」のは、最初は2~3分くらいでストレスの限界が来ていましたが、数ヶ月すると10分くらいできるようになって、そこから数ヶ月して寝るまでできてたのでもう何分やってたか覚えてない、みたいになっていました。限界がきたらあとは寝るだけだし、起きたらストレスがリセットされてるので、そこも良い部分です。

「米を研ぐ」なんですが、これは最初相当きつかったです。数回手を回すだけでも激痛が走ります。でも、これをもっと軽い物を代えることで少しできるようになると思います。たとえばストローを切った短い輪の状態にしたものを敷き詰めて、そこで手をかき回す。質量の軽い物から始めれば、そこから少しずつ重い物にシフトしていけます。

ちなみに米は30~50cmのタッパーに数センチ貯めて、そこでかき回すと良いです。何回も使えるので。デメリットは手が米粉まみれで真っ白になるので、毎回手を洗わないといけないこと。


これらのことを大体4年くらい1日も欠かさずやって今の自分があります。最初は数分の訓練しかメモに残ってませんでしたが、数ヵ月後に何十分、1年後には1時間、といった感じで蓄積されていきました。最初のほうはティッシュとか触ってるだけでもいいんです。まずは小さなことから始めましょう。





スポンサーサイト



 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

グロームス腫瘍、再手術。

2013年18日   カテゴリ:グロームス腫瘍     0 comments
※2017年12月付けでカテゴリとして グロームス腫瘍 を追加しています。未だにアクセスが多いので、見やすく一元化しています。お役に立てば幸いです。



グロームス腫瘍は今年初めに摘出できたんですが、そこから傷口がふさがるのに時間がかかり、強い抗生物質を処方されて外出禁止令の上、自宅内療養の中で通院という生活が続いてたんですが、再手術の運びとなりました。

MRI、レントゲン、血液検査を定期的に行っていたんですが、グロームス腫瘍は写真を見るともうなくなっていました。しかし指の中には新たな白いモヤが写り込んでいました。手術して細胞を切除するときに起きやすい現象として神経腫という腫瘍があるんですがそれではなく、今回は炎症の延長線上のものだろうという診断。

しかし切って中身を確認するまでは「何か」を断定することはできないということで、病名は「右示指、グロームス腫瘍/膿瘍に対する病巣掻爬術」ということになっています。もはやグロームス腫瘍ではないものの、建前上にまだ病名は残してあり、その後に膿を掻き出す手術という括りです。

今回は全身麻酔ではないので、手術してる間に意識があるらしいです。ドラマのよう医者のやり取りが見えるらしいんですが、別に見たくはないなぁ・・・。子供のときに軽い手術を受けたときも患部が丸見えでちょっとしたトラウマになっているため、できれば意識がないほうがありがたい。しかしそれだけを理由に体に大きな負担を抱えるわけにもいかないし、困ったもんです。

患者の少ない病気なので、手術経験のある医者ではないと何も診断できない病気で、判断できる医者も病院に年に一人現れたらいいほうのこの病気を見た人数も経験としては普通の病気と比べて圧倒的に少なく、今診て頂いてる先生も恐らく数人くらいしか経験がないみたいなので、摘出までは早かったんですが経過は様子見が多いです。病気の原因も一切不明だし、データもないので対策も立てられない。

10万人に1人の病気。儲からない病気=治療対策が無いという悪循環にいざ自分が出くわしてみると、これほど大変なこととは思いませんでした。世の中には大した病気にかかることもない人がいるみたいですが、本当に健康第一ですね!うらやましい。明日が入院で明後日が手術だから、明後日からまた片手の生活か。。。鬱屈とします。はやく元気になって働きたいもんです。

↓グロームス腫瘍を検索してきた人はぜひ下記の記事も読んでおいてください。少しでも役立てれば幸いです。

グロームス腫瘍。



Amazon
Roland RH-300 ステレオヘッドホン
Roland RH-300 ステレオヘッドホン
(2006/04/07)
ローランド
商品詳細を見る
iBasso USB-DACポータブルヘッドホンアンプ D2+ Hj Boa
iBasso USB-DACポータブルヘッドホンアンプ D2+ Hj Boa
(2010/07/09)
iBasso Audio
商品詳細を見る
iBasso Audio USB-DACポータブルヘッドホンアンプ (ブラッシュド・シルバー) D2+S Hj Boa
iBasso Audio USB-DACポータブルヘッドホンアンプ (ブラッシュド・シルバー) D2+S Hj Boa
(2010/12/09)
iBasso Audio
商品詳細を見る
楽天
【楽天 税込・送料無料 】ROLAND RH-300 ヘッドホン

【楽天 税込・送料無料 】ROLAND RH-300 ヘッドホン
価格:13,585円(税込、送料込)

【楽天 税込・送料無料 】iBasso USB-DACポータブルヘッドホンアンプ D2+ Hj Boa

【楽天 税込・送料無料 】iBasso USB-DACポータブルヘッドホンアンプ D2+ Hj Boa
価格:17,400円(税込、送料込)

【楽天 税込・送料無料 】iBasso Audio USB-DACポータブルヘッドホンアンプ (ブラッシュド・シルバー) D2+S Hj Boa

【楽天 税込・送料無料 】iBasso Audio USB-DACポータブルヘッドホンアンプ (ブラッシュド・シルバー) D2+S Hj Boa
価格:17,400円(税込、送料込)

【楽天】ROLAND RH-300 ヘッドホン 価格一覧
【楽天】iBasso Audio D2 Hj Boa 価格一覧



 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

グロームス腫瘍、退院後②

2013年14日   カテゴリ:グロームス腫瘍     0 comments
※2017年12月付けでカテゴリとして グロームス腫瘍 を追加しています。未だにアクセスが多いので、見やすく一元化しています。お役に立てば幸いです。



退院してから2週間が経ち、抜糸に行ってきました。思った以上に糸を引っ張ったときが痛くて、とりあえず工程的には3分の1程度進んだようです。残り3分の1は指周り、もう残り3分の1は爪の下の皮膚の中にあるようで、まだまだ道のりは長いイメージ。。。

今日がんばって全部抜いてもらったら、来週抜糸するより早く回復しますか?と質問したところ、「どちらにしても回復する速度が上がるわけではないので、無理しないで来週でもいいよ」と言われたので、来週にまた通院することにしました。

最近外傷の痛みは程々になってきたものの、爪が生えてくるような痛み、削り取った細胞が復活して盛り上がってくるような、引っ張る痛みが続いてて、この痛みがあるとあまりしたいこともできませんし、気力も続きません。痛み止めもガマンできなければ3回飲んでいいよと言われてるけど、なるべくガマンして1日2回で済ますようにしています。

指が痛いので今日はこのへんで。


 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

グロームス腫瘍、退院。

2013年01日   カテゴリ:グロームス腫瘍     2 comments
※2017年12月付けでカテゴリとして グロームス腫瘍 を追加しています。未だにアクセスが多いので、見やすく一元化しています。お役に立てば幸いです。



とりあえず退院できました。当初予定していた入院日数は1週間弱でしたが、実際に入院した日数は2週間でした。抜糸も当分先のことですし、傷口もまだ全然塞がってないですけど、このまま順調に時間が経てばキレイに治るという見込みもあるので、退院の運びとなりました。

家に帰ってくると一人でゆっくり眠れるし、30分おきくらいに何かと用事で訪れる看護師さんに一人の時間を邪魔されることもないし、めっちゃリラックスできるし、とにかく最高の気分です!

パソコンも超久しぶりに触った・・・。痛み止め飲んでないとまだ指は結構痛いんですが、家に戻って気分も良いし落ち着くので、こっちにいるほうが治るのも早そうな感じがします。


 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

グロームス腫瘍、術後4-6日目。

2013年30日   カテゴリ:グロームス腫瘍     0 comments
※2017年12月付けでカテゴリとして グロームス腫瘍 を追加しています。未だにアクセスが多いので、見やすく一元化しています。お役に立てば幸いです。



何度かの包帯交換があって、抗生物質の投与もおわってだいぶ痛みも収まってきました。グロームス腫瘍の痛みは完全になくなり、今あるのは傷口の痛みだけです。抗生物質の副作用で術後ずっと下痢だったんですが、最近ようやく薬が原因だとわかったので先生に相談して整腸剤をもらいました。個人差はありますが入院の際に下痢になった人は体調不良が原因ではないのですぐ相談しましょう。でないと僕のように何日間か無駄に苦しむことになります。

次の包帯交換のときに具体的に退院する日取りの話があるそうなので、やっと退院できる運びとなりました。なんだかんだで二週間くらい入院してます。。。早く解放されたいぜーっ!


 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気ページランキング

ヘッドホン@Amazon

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ