Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Nu Jazz Anthology - The Best Of Nu Jazz [4CD] 2007 [Wagram 3121992]

2009年13日   カテゴリ:Nu Jazz オムニバス     0 comments
Tag :NuJazz ClubLounge BuggeWesseltoft Wagram Anggun MatthewHerbert Jazzanova
Nu Jazz Anthology - The Best Of Nu Jazz [4CD] 2007 [Wagram 3121992]Nu Jazz Anthology - The Best Of Nu Jazz [4CD] 2007 [Wagram 3121992]
(2007/04/02)
Various Artists

商品詳細を見る
Label: Wagram
Catalog#: 3121992
Format: 4 x CD, Compilation, Cardboard Sleeve
Country: France
Released: 2007
Genre: Electronic
Style: Future Jazz, Nu Jazz
Disc1
1-01 DJ Cam feat. Anggun - Summer In Paris
1-02 Jazzanova Featuring Clara Hill - No Use
1-03 Kruder & Dorfmeister - High Noon
1-04 De-Phazz - Pressurized
1-05 Bugge Wesseltoft Featuring Sidsel Endresen - You Might Say
1-06 4 Hero AKA Tek 9 - We're Gettin' Down
1-07 Matthew Herbert Featuring Dani Siciliano - Suddenly
1-08 Mr Scruff* - Get A Move On
1-09 Nicola Conte - Fuoco Fatuo
1-10 Grand Tourism Featuring Terry Callier - Les Courants D'Air
1-11 Nick Holder - Sometime I'm Blue
1-12 Cinematic Orchestra, The Featuring Fontella Bass Evolutio
1-13 Trüby Trio Featuring Joseph Malik - High Jazz (Nicola Conte Remix)
1-14 Tosca - Pyjama
1-15 Gotan Project Meets Chet Baker - Round About Midnight
Disc3
3-01 Jamie Cullum - It Ain't Necessarily So
3-02 Mo' Horizons - Hit The Road Jack (Pé Na Éstrada)
3-03 Infracom* Presents Re:Jazz* "Quiet Night"
3-04 Dominique Dalcan - The Look Of Love
3-05 DJ Cam Featuring Tassel & Naturel - Cantaloop Island
3-06 Re:Jazz* Featuring Ultra Nate* - Twisted
3-07 Patchworks - Summertime
3-08 Re:Jazz* Featuring Lisa Bassenge - All I Need
3-09 Duran Y Garcia - Round Midnight
3-10 Dani Siciliano - Come As You Are
3-11 Alif Tree - Forgotten Places
3-12 Marco Di Marco & Nathan Haines - Take Off (Nicola Conte Version)
3-13 Dinning Rooms, The* - Thin Ice (Paolo Fedreghini & Marco Bianchi Remix)
3-14 Jumbonics - (You Little) Jezebel (Diesler Mix)
3-15 Jazzanova - Coffee Talk (Yukihiro Fukutomi Mix)
Disc2
2-01 Underwolves, The - Bird Song
2-02 Mighty Bop, The - Feeling Good
2-03 Taxi - Yes It's True
2-04 Nemo - Darkest Day
2-05 Meitz - Can You Live
2-06 Earl Zinger - Who Killed Saturday Night
2-07 Herbie Hancock Featuring Chaka Khan - The Essence
2-08 Ashley Slater - Private Sunshine (BigLounge Album Mix)
2-09 Alice Russell - To Know This
2-10 Micatone - Yeah, Yeah, Yeah (That's The Way It Goes)
2-11 Hird Featuring Christoffer Berg - Getting Closer
2-12 Sicania Soul Featuring Lara Luppi - Life Is A Tree (Sicania Soul Live Take 2)
2-13 Doctor Abstract - Struck On Jazz
2-14 Deyampert Featuring Clover (5) - Held Him First
2-15 Platnum - Greatest
Disc4
4-01 Stacey Kent & Jan Wndgren Trio* - Street Of Dreams
4-02 Norah Jones & Joel Harrison - Tennessee Waltz
4-03 Jamie Lidell - What Is It This Time?
4-04 Koop - Summer Sun
4-05 Fertile Ground - Take Me Higher
4-06 Matthias Vogt Trio Featuring Dania König - Expecting Repercussions
4:07 Beady Belle - Game
4-08 Quantic - The Sound Of Everything
4-09 TM Juke Featuring Alice Russell - Playground Games (Diesler Mix)
4-10 Kinny & Horne Forgetting To Remember (Nostalgia 77 Mix)
4-11 Quantic Soul Orchestra, The Featuring Alice Russell - Feeling Good
4-12 Slow Train - Naturally
4-13 Beat Assailant - Hard Twelve (The Payout)
4-14 Rongetz Foundation, The Almost
4-15 Skalpel - 1958

オシャレNu Jazz最強コンピレーションがWAGRAMからの誕生!レジェンドとなっているトラックを集めた「THE GODFATHERS」、定番曲を集めた「THE CLASSICS」、カバー曲を集めた「THE COVERS」、そして最新のトラックを集めた「THE NEW SCHOOL」の豪華4枚組CD!輸入盤国内仕様。(他サイト抜粋)
Nu Jazzってエレクトロニカと同時くらいに固まった概念で、一言で言えばデジタル要素を入れたJazz、突っ込んで言うとデジタル要素を入れて今までのJazzになかった新しい構成をする、みたいな感じでしょうか。

もっとぶっちゃけると、テクノ+ジャズ=NuJazz
正確にはテクノ=エレクトロ要素、デジタルサンプリング、クラブミュージックというのを含んでます。

うんちくはさておき、NuJazzって音源がめちゃ少ないですね。そもそもJazzやってる人が生演奏に未だにこだわる人が多いので、

NuJazzをやるということは、Jazz仲間から差別されることも多いんじゃなかろうか。

↑これがありそうだし、NuJazzだけをやっていく人も少ないし、一時的に音源作っても仲間からの酷評、差別が・・・。

なのでアルバム単位で聴こうと思うと、リスナーはコンピで数をこなすしかなくなってくるんです。

DJ Cam feat. Anggun - Summer in Paris


ウィスパーヴォイスでスキャットするAnggunにソフトなパーカッションとシンプルなメロディ。
爽やかすぎる・・・!
ここまでオシャレで文句あるヤツなんていないんじゃないだろか・・・。
Anggunはこの曲だけといってもいいほどに、他のソロ名義のアルバムは別物です。
本名 Anggun Cipta Sasmi。
 1974年4月29日にジャカルタで生まれ、母の歌うジャワの古謡とエルヴィス・プレスリーを聴きながら育つ。7歳ですでに歌手デビュー。(インドネシアでは子供歌手が職業として成立しており、無数の子供歌手が舞台やテレビで活躍している。)2年後、ファースト・アルバムを録音し、その3年後にセカンド・アルバムを出す。デビュー・アルバム「Anggun」は全世界で100万枚売れたと言われる。彼女が17歳の時発売されたサード・アルバムは1990~91年度最優秀アーティスト賞 (Most Popular Artist Award) を受賞。1993年の5作目は、4週に渡ってヒット・チャート1位を維持した。

元々インドネシアのポップシンガーなので、グローバルに活躍してもインドネシア経由のポップシンガーに過ぎないのが残念。こういうのが聴けるのはNuJazz周辺のみ。

Infracom Presents Re:jazz - Quiet Night
(Out Of The Cool Version)



ドイツのニュー・ジャズ名門INFRACOM!によるプロジェクト、RE:JAZZの曲をNicolaConteがMixしたもの。

Matthew Herbert Featuring Dani Siciliano - Suddenly


Herbertが奥さんのDani Sicilianoをフィーチャリングしてディープハウス的なアプローチで。
Herbertはエレクトロニカの市場で売れてるアーティストとしては重要な人物だし、MixWorkでもあちこちに出てくるのでホットな時期はいつも目につく存在だったけど、性格的にかなり問題のある人物です。
マシュー・ハーバート (Matthew Herbert, 男性, 1972年 - ) は、イギリスの電子音楽作曲家、DJである。BBCの録音技師だった父親のもとに生まれ、幼時からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にWishmountain名義で音楽活動を始める。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット(Doctor Rockit)、ラディオボーイ(Radioboy)、本名のマシュー・ハーバート(Matthew Herbert)など様々な名義を使い分けている。

その作風はミュジーク・コンクレートに大きな影響を受けている。アルバム"Around the House"では洗濯機やトースター、歯ブラシといった日常音を採集し、独自のディープハウスを展開した。また政治色の強いRadioboyでは、グローバリズムに抗議して、マクドナルドやGAPの商品を破壊した音をサンプリングし、即興的にビートを構築するといったパフォーマンスを行う。

まぁこんな育ちの背景もあってか、気難しい人物。そんなん関係なく良い曲だけ聴きまくってますけど!

Slow Train - Naturally


ハウスの重鎮Truby Trio、ラウンジ定番のDe-Phazz、Jazzlandレーベルの重鎮Bugge Wesseltoft、NinjaTuneのMr Scruff、The Cinematic Orchestra、ラウンジを開拓したNicola Conte、Sonar KollektivのMicatone、チルアウトコンピのどこにでも選曲されてるMo' Horizons、イタリアチルアウトレーベルIRMAのDuran Y Garcia、SchemaレーベルのThe Dinning Rooms、その他いろいろ。

あんまり長々書いてもしょうがないので、これくらいで。

Tropidelico
The Quantic Soul Orchestra - 2007 - Tropidelico
[Tru Thoughts TRUCD139]

(2007/11/13)
Nipponized
re:jazz - 2008 - Nipponized
[INFRACom! IC148-2]

(2008/12/04)
New Conception of Jazz
Bugge Wesseltoft - 1998 - New Conception Of Jazz: Sharing
[2CD] [Jazzland Records 538 278-2]

(1999/03/08)
Koop Islands
Koop - 2007 - Koop Islands
[Atlantic 237052-2]

(2007/10/09)
The Remixes 2002-2005
Jazzanova - 2005 - The Remixes 2002-2005
[Sonar Kollektiv SK077CD]

(2005/12/06)
The Remixes 1997-2000
Jazzanova - 2000 - The Remixes 1997-2000
[
Jazzanova Compost Records JCR 013-2]
(2005/08/02)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。



関連記事
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Peshay - 2004 - Jammin [Cubik Music Productions CUBIK005CD]

2009年12日   カテゴリ:Peshay     0 comments
Tag :Drum&Bass ドラムンベース Peshay
Peshay - 2004 - Jammin [Cubik Music Productions CUBIK005CD]Peshay - 2004 - Jammin [Cubik Music Productions CUBIK005CD]
(2004/09/07)
Peshay

商品詳細を見る
01 DJ Samurai Dayz (Peshay Remix)
02 Peshay vs. Studio 12 - Jammin V.I.P.
03 Ronaldo
04 Move Ya Body
05 Peshay You Got Me Burnin' (Ruffed Up Mix)
06 Peshay vs. Neil Mac vs. AMC - Charleston
07 Peshay vs. Co-Ordinate - 3rd Party, Fire & Theft
08 New Orleans
09 Bongo Music
10 Rock The House
11 Take You There
Label: Cubik Music Productions
Catalog#: CUBIK005CD
Format: CD, Album
Country: UK
Released: 2004
Genre: Electronic
Style: Drum n Bass, Jungle



ドラムンベース界の顔役のひとり、Peshayの通算3枚目のフル・アルバム。ジャズを大胆に導入してみたりと、常に新しい要素へと挑戦していくことで知られている彼。ドラムンベース以外のファン/批評家からも高い支持を得ている。今作でもその姿勢は止まることなく披露されている。ジャズやブラジル音楽を積極的に導入した音。"Jammin'"、"Third Party Fire And Theft"などヒットシングルを記録したドラムンベース界の新しい名盤となる1枚。 (HMV)

ジャズなどと積極的に交わり、ドラムンベース界のみならず高い評価を受けているPeshayの通算3枚目のアルバムが完成。今作でも彼の前へと進む気持ちは止まっていなく、ジャズやブラジル音楽を積極的に導入した彼にしか出来ない音を作り出している。普段ドラムンベースを聞かない人、特にジャズ好きの方にも是非聞いて欲しい1枚。 (HMV)

Peshayもお気に入りの一人です。

なんでしょうね、Jazz寄りで技巧派なんだけど、ジャングリズムが上手いというか、歌物のツボも押さえてくるし、充実して脂の乗ったアーティストです。

Peshay - You Got Me Burning


アルバムではこの曲のVIPMixバージョンが入ってます。ま、ほぼ同じですね(笑)

艶のある女性Voをトラックの中で最大限に実力を発揮させる数少ないアーティストだなと思います。

Peshay - Truly


この曲もよく聴いたな~。
朝パン食べてコーヒー飲んで、仕事に行く準備をしながらこれっ!

ソウルフルでスキャットも百戦錬磨な感じのハスキーヴォイス。

こういう曲が生活の中で流れてると充実しますね。
どんなにやる気がなくてもがんばれる気がしてくる。

ドラムンベースを外で聴くと最高ですね。
もちろん家で壁が震えるくらいのドデカイスピーカーで鳴らして聴くのも最高です。


Peshay - 2007 - Inside Cubik [Caramelle Recordings CAR1012-2]
Peshay - 2007 - Inside Cubik
[Caramelle Recordings CAR1012-2]

(2007/07/24)
Peshay - 2002 - Fuzion [Cubik Music Productions CUBIK001CD]
Peshay - 2002 - Fuzion
[Cubik Music Productions CUBIK001CD]

(2003/02/18)
Peshay - 1999 - Miles From Home [Blue (Island) PFA1CD]
Peshay - 1999 - Miles From Home
[Blue (Island) PFA1CD]

(1999/07/19)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

High Contrast - 2007 - Tough Guys Don't Dance [Hospital Records/NHS126CD]

2009年11日   カテゴリ:High Contrast     0 comments
Tag :ドラムンベース Drum&Bass HighContrast HospitalRecords
Tough Guys Don't DanceHigh Contrast - 2007 - Tough Guys Don't Dance [Hospital Records/NHS126CD]
(2007/10/30)
High Contrast

商品詳細を見る
01 If We Ever
02 Everything's Different
03 In-A-Gadda-Da-Vida
04 Kiss Kiss Bang Bang
05 Forever And A Day
06 Sleepless
07 Tread Softly
08 Metamorphosis
09 Pink Flamingos
10 Eternal Optimist
11 Chances
12 Nobody Gets Out Alive
13 he Ghost Of Jungle Past
Label: Hospital Records
Catalog#: NHS126CD
Format: CD, Album
Country: UK
Released: 01 Oct 2007
Genre: Electronic
Style: Drum n Bass






↓Third Earより抜粋

"ドラムンベースの未来"とも称されるHospital Recordsの若きエース High Contrast。メディアで大絶賛された前作『High Society』から3年ぶりに届けられるニューアルバム『Tough Guys Don't Dance』。Hospital Recordsの中でも飛び切りメロウでジャジーなサウンドは女性ファンからの支持されています!日本盤は先行リリース&ボーナストラック収録&ライナー付き!

前作のHigh Societyは捨て曲なしで聴きまくりでした♪
ハードなテイストなのに妙な馴染みやすさがあるんですよね。そのせいか女性ファンも多いみたい。

歌物が多いのが一番の原因かもしれません。

今作はバッドボーイテイストのイメージを入れたコンセプトアルバムだそうです。
ドラムンってEUのほうじゃまだそんなイメージがあるみたいですね。
そういう人たちに支持されるようなアルバムを作ることはいいんだけど、普通の人たちでも気持ちよく聴ける曲をもっと出してからにしてほしいw

でもローテーションには外せないクオリティでした。

High Contrast - Everything's Different


相変わらずのサンプリング!
High Contrastのサンプリングの仕方って妙な安っぽさがあるんですよね。でも安っぽすぎない。その微妙なチープさが妙な気持ちよさに繋がってる。
大量生産されてるHouseのサンプリング感に近いのかもしれない。
そこがどっぷりハマれる味付けなのかなぁ。

High Contrast feat. Dynamite MC - High Society


ちょっと懐かしくなってドラムンを振り返ってました。
High Contrastの新譜まだ聴いてないや、またチェックしないと。。。

High Contrast - 2008 - Watch The Ride [Harmless/HURTCD075]
High Contrast - 2008 - Watch The Ride
[Harmless/HURTCD075]

(2008/03/03)
High Contrast - 2005 - FabricLive. 25 [Fabric50] High Contrast - 2005 - FabricLive. 25
[Fabric50]

(2006/01/10)
High Contrast - 2004 - High Society [Hospital Records/NHS77CD]
High Contrast - 2004 - High Society
[Hospital Records/NHS77CD]

(2004/09/28)
High Contrast - 2002 - True Colors [Hospital Records/NHS41SCD]
High Contrast - 2002 - True Colors
[Hospital Records/NHS41SCD]

(2002/06/10)
High Contrast - 2002 - Plastic Surgery vol.3 [Hospital Records/NHS43CD]
High Contrast - 2002 - Plastic Surgery vol.3
[Hospital Records/NHS43CD]

(2002/04/01)
 






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Nookie - 2007 - Beyond Blue [Phuzion PHUZIONLPCD001]

2009年10日   カテゴリ:Nookie     0 comments
Tag :Drum&Bass ドラムンベース
Nookie - 2007 - Beyond Blue [Phuzion]Nookie - 2007 - Beyond Blue [Phuzion PHUZIONLPCD001]
(2007/04/23)
Nookie

商品詳細を見る
01 I Love The Way
02 You Can’t Hold Me Back
03 Changes
04 Vision Of Paradise
05 Urban Deep - U Know, I Know (Nookie d+b Remix)
06 The Speed Seduction Interlude
07 Different Strokes
08 Revolution
09 Life
10 Get Down
11 Lobster Interlude
12 Memories
13 Blackout
14 Glowing Like The Sun
15 Outro
Label: Phuzion Records
Catalog#: PHUZIONLPCD001
Format: CD, Album
Country: UK
Released: 09 Apr 2007
Genre: Electronic
Style: Drum n Bass








リキッド・ファンク好きにはお馴染みのレーベル「PHUZION」から、ボス「NOOKIE」による待望のNEWシングルがお目見え!!キレまくりのビートと、ソウルフルな女性ヴォーカル、スペイシーなムーグの音色Cを軸に、期待通りの絶品リキッド・ファンク・チューンを聴かせてくれる逸品!!!Bサイドには、そろそろリリース予定のアルバム「BEYOND BLUE」に収録予定の「I LOVE THE WAY」をカップリング!!こちらも文句無しのヴォーカル・リキッド・ファンク・チューンで◎!!!!

↑レコ屋のレビューではこんな感じ。ドラムンで気持ちよく聴こうと思ったら間違いなく歌物ですね!
それにしても情報少ないなぁ、クラブミュージックって。。。

ドラムンとか定期的に注目されたり結果的にはしてるので、もうちょっと日本でも取り扱ってほしいもんです。

↓Nokkieの今回のアルバムに収録されてる曲。

Urban Deep - U Know I Know (Nookie Dnb Remix)


メリハリあるビート、ファンキーなベースに乗ってさわやかなソウル・女性Voが乗ってます♪
定番だけど、聴きやすいので飽きるまでに新曲とか提供してほしい。

しかしNookieは実は裏切り者なんですよね・・・。
廃れるジャンルを誰よりも早く見切りつけて、

「ドラムンとか売れないからもうやめる!」とか抜かしてやがったので・・・。


裏切りもクソも別にないんだけど、Nookieのドラムン好きだった人にはショックでしたよ。
結局別のジャンルに行ってもどっちつかずで戻ってきてるじゃん・・・。

そういうわけで、ドラムンじゃない普通のトラックも入ってます。
そのほうが強弱ついてドラムンがよけい良く聴けるような気が・・・しなくもない!
↓初期の曲です。ソウルフルで艶があってダンサブルなドラムン。

Nookie - Only You


これからもがんばってほしいもんです!

Goldieのおっさんが出したアルバムはまだAmazonで取り扱いしてないなぁ・・・orz

Nookie - 2005 - Atmosphere[Strictly Digital/SDCD001]
Nookie - 2005 - Atmosphere
[Strictly Digital/SDCD001]

(2005/08/01)
Nookie - 2001 - In@thedeepend [GLRMA003]
Nookie - 2001 - In@thedeepend
[GLRMA003]

(2002/01/22)
Nookie - 1995 - The Sound of Music [Selector/SEL 5]
Nookie - 1995 - The Sound of Music
[Selector/SEL 5]

(1995/04/04)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。