Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Annuals - 2008 - Such Fun [Red Int REDI204002/USA]

2009年31日   カテゴリ:Annuals     0 comments
Annuals - 2008 - Such Fun [Red Int REDI204002/USA]
Annuals - 2008 - Such Fun [Red Int REDI204002/USA]

(2008/10/07)
01 Confessor
02 Hot Night Hounds
03 Springtime
04 Down The Mountain
05 Always Do
06 Talking
07 Hardwood Floor
08 Hair Don't Grow
09 The Tape
10 Blue Ridge
11 Wake



Annuals - 2008 - Such Fun [Red Int REDI204002/USA]

アメリカのノース・カロライナ / ローリー出身のインディポップ・バンド。メンバーが全員19歳で2年前にデビュー・アルバム「Be He Me」から2年たち、2008年にリリースされた2ndアルバム。Rolling Stone、NME、New York Timesらメディアに絶賛され、Bloc Party、The Flaming Lipsらのツアーにも同行したことから認知度もアップした彼ら。ボーカルでもあるアダム・ベーカーと、トム・ウェイツやModest Mouseらとの仕事で知られるJacquire Kingとの共同プロデュース作になっています。

フレイミング・リップス的なサイケデリック感を進化させたとでもいうべき、より強力なハッピーな空気を感じさせるメロディ。前作よりもスケール感がアップし、何気ない曲でも遊びが入ったりアダム・ベーカーのボーカルにもテンションのアップダウンがつき、バランスが良くなっています。オーケストラ的な手法によりサウンドの厚みもよりグッとくるものになっているし、サンプリングなどの使い方もより自然になって完成度が高いです。

As Tall As Lionsは激情的で切ない音楽ですが、同じ方向性と手法で似ていても、こんなにも優しさに満ち溢れているのもスゴイところ。

Annuals - Springtime


Annuals - Always Do


Annuals - Hot Night Hounds (Live)







↑他のアーティストはこちらからどうぞ。










関連記事
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Annuals - 2006 - Be He Me [Ace Fu ACEF452/USA]

2009年31日   カテゴリ:Annuals     0 comments
Annuals - 2006 - Be He Me [Ace Fu ACEF452/USA]
Annuals - 2006 - Be He Me [Ace Fu ACEF452/USA]

(2006/10/17)
01 Brother
02 Dry Clothes
03 Complete Or Completing
04 Carry Around
05 Chase You Off
06 Bleary Eyed
07 Fair
08 Bull And The Goat
09 Mama
10 Ida My
11 Father
12 Sway

Annuals - 2006 - Be He Me [Ace Fu ACEF452/USA]

The Flaming Lipsのようにサイケデリック・ポップでハッピー・エモーショナルな若手バンド

メロコア・バンド、Hopesfallの元メンバー、アダム・ベーカー (Adam Baker) が2003年に結成し、アメリカのノース・キャロライナを拠点に活動するAnnualsの1stアルバム。メディアに大絶賛されているこのアルバムを出した時のメンバーの年齢が19歳!

サイケデリックなギターサウンドにピアノなどバンドにしては多彩な楽器を導入し、エレクトロなブレイクビーツなんかも時々披露。音響的な広がりや重みを充分マスタリングし尽くした感のあるドラマティックなサウンドを展開し、アダム・ベーカーが囁いたり叫んだり、エモーショナルに歌う珠玉の1枚。


この人たちはなんでこんなに売れてないの???ってくらい出来が良すぎます。アメリカのインディー・シーンってモンスター・バンドが小物扱いされながらもたくさん埋もれてます。これが他の国だったらたちまちメジャー・シーンでトップになれるんじゃないでしょうか。

Annuals - Carry Around


Annuals - Sway






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。









関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

i-dep - 2009 - POP OUT! WHAT!!! [AZtribe AZT-023]

2009年31日   カテゴリ:i-dep     0 comments
i-dep - 2009 - POP OUT! WHAT!!! [AZtribe AZT-023]
i-dep - 2009 - POP OUT! WHAT!!! [AZtribe AZT-023]

(2009/09/09)
01 Play?
02 Pop Out!! feat. Cana & B-Bandj
03 Magic feat. Cana
04 Money
05 Fuu!
06 Day By Day
07 Amp
08 Don't Worry, We Are Funky feat. Cana & Nick Stone
09 Bridge
10 I My Me
11 Now, And Now feat. JUJU
12 One Day Again feat. Mari Stone
13 Harak'dash
14 Go!
15 Diet
16 We Wanna Feel The Music

i-dep - 2009 - POP OUT! WHAT!!! [AZtribe AZT-023]

i-depのバンドとしての形式を解散し、ナカムラヒロシのソロユニットとして再び活動開始して第1弾ののアルバムをリリース。

Sotte BosseのCana、イギリス人と日本人のハーフの新人歌手Mari Stone、ロンドンを拠点に活動しているラッパーYONGUN、「明日がくるなら」で一躍有名になったJUJUなど多数のボーカルが参加。

「Magic feat. Cana」では相変わらずCanaがポップな歌声で期待を裏切らないハッピーなハウス・トラック。「Day By Day」は前アルバム「Fine Tuning」の「Believe」に通じるナカムラヒロシのボーカルが健在。「Bridge」もリズムのかなり速いビートに乗せてナカムラヒロシが歌っています。他、エレクトロニカ的なサンプリングにクリックハウスにピアノとシンセを多用した「Now, And Now feat. JUJU」など全16曲収録。


やはりバンドとしての各楽器パートが抜けて一人になったせいか、ロックや最近流行りのテクノポップ(ディスコ・エレクトロ)テイストを取り入れてたり、多少以前とは味付けの違うものになっています。しかし以前の作風と一致するトラックも要所要所で配置されているのでファンならオススメです。

i-dep - Pop Out!! feat. Cana & B-Bandj






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。









 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

i-dep - 2007 - Fine Tuning [初回限定DVD付] [Aztribe AZT-010]

2009年31日   カテゴリ:i-dep     0 comments
i-dep - 2007 - Fine Tuning [初回限定DVD付] [Aztribe AZT-010]
i-dep - 2007 - Fine Tuning [初回限定DVD付] [Aztribe AZT-010]

(2007/09/19)
01 Believe
02 Please Please
03 Aurora
04 Funk Premier
05 Flowers In The Park
06 Inside Is Time
07 Catch Me
08 Eyes To Eyes




i-dep - 2007 - Fine Tuning [初回限定DVD付] [Aztribe AZT-010]

2ndアルバム「Super Departure」が外資系クラブチャート1位を獲得したi-depの2ndミニアルバム。アルバム制作前にメンバーで話し合い、いかにリスナーと通じ合うかということと、ライブ・バンドとしての特化を目指す意味合いを込めて「Fine Tuning」というタイトルをつけた今作は極上なポップ・クラブミュージックに仕上がっています。「Believe」と「Aurora」ではナカムラヒロシが高揚感のあるメロディに乗せて歌い、「Please Please」と「Flowers In The Park」でCanaがキューと・ポップな歌声を披露。「Funk Premier」では二人の掛け合いをクリックハウスに乗せ、ラスト曲「Eyes To Eyes」でCanaが大団円なスロー・ナンバーと大合唱に、時には日本語を交えた歌詞で締めくくっています。

i-depの完成形ともいえるアルバム、最初はCanaのボーカルが人気でしたが、ここまでナカムラヒロシのボーカルが成長してくるとどっちも同じくらい気持ちいいですね。

なお、2009年4月10日にi-depがバンドとしての解散を発表しています。

一応ナカムラヒロシのソロユニットとして活動するようですが、バンドの部分があるからこそ~っていう部分が大きかっただけに残念です!

i-dep - Believe


i-dep - Please Please


i-dep - Flowers In The Park






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。










 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

i-dep - 2006 - The Italian Job [King Records KICP5039]

2009年31日   カテゴリ:i-dep     0 comments
i-dep - 2006 - The Italian Job [King Records KICP5039]
i-dep - 2006 - The Italian Job [King Records KICP5039]

(2006/01/25)
01 i-dep - Tem Que Valer (Live Ver.)
02 Club Brazilian Airlines - Sin Tu Amor (Album Mix)
03 Freak DO Brazil - Magia Do Sol (Stefan Gamma Extended Vocal Mix)
04 i-dep - Rainbow (Riovolt's Ipanema Mix)
05 Sure Plasure - Incredible Love
06 Milky Lasers - Mas Que Nada (i-dep Re-Work 1)
07 National Rare Groove - Let's Dance (Get On Up)
08 Funkestra - Un Bom Motivo (i-dep Re-Work 2)
09 Montefiori Cocktail - I Feel Love (FPM Rmx)
10 Montego BAY - Same Old Sound (S-Tone Mix)
11 Gazzara - Can't Hide Love (Montego Bay Club Mix)
12 LTJ Sound Machine - Funky Superfly (i-dep Re-Work 3)
13 Capiozzo & Mecco - Spinning Wheel
14 LTJ X-Perience Feat, Taka Boom - Feel The Real (Black Piggy Mix)
15 Pastaboys Featuring Wunmi - Free Your Mind

i-dep - 2006 - The Italian Job [King Records KICP5039]

i-depの2006年にリリースしたMixCD。IRMAレーベルとイタリア周辺のラウンジミュージックを中心に選曲されていてファンキー・ハッピーなトラックが多め。

i-depの「Rainbow」をRiovoltがリミックス、Kaleidoscopioの「Tem Que Valer」i-depがライブカバー、De-Phazzレーベルのファイスト系Millky Lasersの「Mas Que Nada」のi-depリミックス、Freak DO Brazilのラテン・アッパー・ハウス、Montefiori Cocktailの「I Feel Love」のFantastic Plastic Machineリミックス、IRMAのラテン・ジャズ・ハウスFunkestraのi-depリミックス、IRMAのGazzaraのアーバン・ソウル・ハウス「Can't Hide Love」、イタリアCapiozzo & Meccoのアッパーなファンク・ジャズ・ハウスなど全15曲収録。

ファンキーで元気が出る曲ばかり入った内容でした。ホームパーティなんかでかけっぱなしでも全然いいですね!

i-dep - Tem Que Valer (Live Ver.)


Montego BAY - Same Old Sound (S-Tone Mix)


Gazzara - Can't Hide Love (Montego Bay Club Mix)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。








 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

i-dep - 2006 - Super Departure [Aztribe AZT-005]

2009年30日   カテゴリ:i-dep     0 comments
i-dep - 2006 - Super Departure [Aztribe AZT-005]
i-dep - 2006 - Super Departure [Aztribe AZT-005]

(2006/07/05)
01 Where Is?
02 Sign Of Summer
03 Don't Stop
04 Make Somebodyvsmile
05 Me Protect You
06 Mystic Music
07 Hope (Airport ver.)
08 You So
09 G
10 Message
11 Dimmi
12 Jump!
13 Smoking Cat
14 Searching
15 Choose Me
16 Here Is.

i-dep - 2006 - Super Departure [Aztribe AZT-005]

Summer Sonic2005やアメリカのSXSWミュ-ジック・フェスティバルに参加したり、韓国でのカウントダウンライブとキャリアを積み重ねる、ナカムラヒロシと個性的な4人のミュージシャンが運命的な出会いを果たしてから続くケミストリーの連続によって生み出された2ndアルバム。

ラテン、ファンク、テクノ、ジャズなどをミックスしたハウス、クロスオーバー・サウンドはよりポップ・テイストに仕上がっています。Canaの歌うラテン・フレーバーにサックスの効いた「Sign Of Summer」「Clutch」に先行収録していたナカムラヒロシがボーカルの「Hope」のAlbum Version、ジャズ・ラテン・エッセンスの強いアップビートの「Football Job」に収録した「G」など全16曲収録。


ピアノハウスなどと共通するキラキラ感、ストリングスでハートフル。ボーカルのCanaはソッテ・ボッセでかなり有名になりましたが、i-depではよりクラブ寄りの曲で歌っててオススメです。

ハッピーなメロディで聴いた後にさわやかな後味が残るのも良し。

Daishi Dance、FreeTEMPO、Makai、Lusrica、 Q;indivi、Mary、MiM、Fantastic Plastic Machineなどを好きな人にもオススメです。

i-dep - Sign Of Summer


i-dep - G (Live)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。







 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

i-dep - 2005 - Smile Exchange [Aztribe AZT-003]

2009年30日   カテゴリ:i-dep     0 comments
i-dep - 2005 - Smile Exchange [Aztribe AZT-003]
i-dep - 2005 - Smile Exchange [Aztribe AZT-003]

(2005/07/20)
01 I Can
02 Rainbow
03 Sunday feat. Pablo
04 Take It Easy
05 Moment
06 Sweets For The Night
07 Raise Your Hands (Vo:ナカムラヒロシ)
08 Sabome
09 I-dep No Theme
10 Diary
11 Can't I ?
12 Get Water
13 Shake

i-dep - 2005 - Smile Exchange [Aztribe AZT-003]

イタリアIRMAからの12インチシングルで話題になったi-depの1stアルバム。ソロから一転してクラブ・ジャズ・バンド編成で今回もクロスオーバー・サウンド全開です。SOTTE BOSSEのボーカルCanaと、今回はナカムラヒロシ自身もボーカルとして参加しているのでボーカルトラック満載。Canaのさわやかな歌声が響くポップなハウストラック「Rainbow」、パブロの歌うハートウォーミングな「Sunday」、ナカムラヒロシのボーカルが切なく甘いストリングスとピアノの効いたトラック「Raise Your Hands」他全15曲。

Daishi Dance、FreeTEMPO、Makai、Lusrica、 Q;indivi、Mary、MiM、Fantastic Plastic Machineなどを好きな人にもオススメです。

i-dep - Rainbow (Vocal Cana)


i-dep - Raise Your Hands (Vocal ナカムラヒロシ)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

i-dep - 2004 - Meeting Point [Aztribe AZT-001]

2009年30日   カテゴリ:i-dep     0 comments
i-dep - 2004 - Meeting Point [Aztribe AZT-001]
i-dep - 2004 - Meeting Point [Aztribe AZT-001]

(2004/07/28)
01 Child
02 Good Water
03 Tell Me More
04 Antipasto (interlude)
05 MMB
06 Two (m.p.ver)
07 Rustlica (m.p.ver)
08 Pasta
09 Amore feat. G-Ton from nobodykhows+



i-dep - 2004 - Meeting Point [Aztribe AZT-001]

イタリアの老舗ラウンジ系レーベルIRMAからリリースされ始動開始からワールドワイドに活躍することを期待されているナカムラヒロシのソロユニットi-depのミニ・アルバム。
ラテン、ファンク、テクノ、ジャズなどをエッセンスに展開されるクリックハウス、クロスオーバー・サウンドはオシャレでファニーな魅力的な作品。イルマレーベルでリリースされた「Rustrica」のアルバム・バージョンやnobodyknows+のG-Tonをフィーチャリングした「Amore」などを収録。

ナカムラヒロシ Hiroshi Nakamura(ボーカル / PC / Sampler / キーボード)

SOTTE BOSSEのプロデューサーも務める。三重県桑名市出身。元nobodyknows+のg-ton、ナイス橋本らと親交が深い。

旧メンバー
藤枝伸介 Shinsuke Fujieda(サックス)
茨城県水戸市出身。2007年、井上薫と「Fusik(フュージック)」結成。
井村達也 Tatsuya Imura(ギター)
高井亮士 Ryoji Takai(ベース)
狩野丈二 George Kano(ドラムス)
カナ Cana(ボーカル)
"Our Lovely featuring Vocalist"。SOTTE BOSSEのボーカルも務める。ミハラヤスヒロの事務所SOSUで働いていた経歴を持つ。

90年代後半~2000年初頭のクラブミュージックの変革が落ち着きを見せ始めたころに彗星のごとく現れたi-dep。当時はハウスが日本では全く流行ってませんでしたが、やたらカフェ系のお店でかかったりしてました。IRMAレーベル系なので今のハウスよりちょっとラウンジ寄りですがミドルテンポで温かみがあって今でも聴きやすくていいですね。

i-dep - Two (m.p.ver)






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Hudson Mohawke - 2009 - Butter [Warp Records WARPCD188]

2009年29日   カテゴリ:Hudson Mohawke     2 comments
Hudson Mohawke - 2009 - Butter [Warp Records WARPCD188]
Hudson Mohawke - 2009 - Butter [Warp Records WARPCD188]

(2009/10/10)
ハドソン・モホーク
01 Shower Melody
02 Gluetooth
03 Joy Fantastic (feat. Olivier Daysoul)
04 3.30
05 Trykk
06 Fruit Touch
07 ZOo00OOm
08 Acoustic Lady
09 Rising 5
10 Twistclip Loop
11 Just decided (feat. Olivier Daysoul)
12 No One Could Ever
13 Velvet Peel
14 Tell Me What You Want From Me (feat. Damfunk)
15 FUSE
16 Star Crackout
17 Allhot (feat. Nadsroic)
18 Black n Red
19 La Zona

Hudson Mohawke - 2009 - Butter [Warp Records WARPCD188]

20周年を迎えたWarpからハドソン・モホークのデビュー・アルバムがついに登場。
スコットランドはグラスゴーの次世代トラックメーカー、ハドソン・モホーク (Hudson Mohawke)。

7歳でジャングル&レイヴミュージックの洗礼を受け、オールジャンルに音楽を聴き始める。
10歳でカセットプレイヤーと壊れたハイファイ・ターンテーブルをミックスして初のミックステープを作り学校で売りさばく。
12歳でプレイステーションを使用したトラックを作り始める。
14歳で2008年度ITFとUK DMCチャンピオンシップ両方での史上最年少のスコットランドチャンピオンに輝く。


エイフェックス・ツインを踏襲したグリッチなブレイクビーツに、ヒップホップやジャズを絡めながら選び抜かれたヴォーカリストをフィーチャリング。次世代ビート・クリエイターが生み出すグルーヴ感は圧巻。ただの焼き直しどころか、そのビートは瑞々しくキラキラと輝いていて新鮮そのもので、ハドソン・モホークの青春そのものが音楽にそのまま表されているようだ。

アメリカ東海岸から参加したOlivier Daysoulのボーカルを乗せた超近未来ヒップホップ「Just Decided」、超高速ブレイクビーツに乗せたヒップホップ「No One Could Ever」、キラキラ・シンセのヒップホップにDam-Funkをフィーチャリングした「Tell Me What You Want From Me」、同じグラスゴーの新人Nadsroicのハーモニーが効いた祭りの太鼓的なドコドコとビートの鳴り響く「Allhot」など。


全体的に高音と低音の強調が気持ちいいくらい激しく、サンプリングで間延びしたループが多く微妙に早送りしたカセットテープのような印象。それがまた妙に心地いいんですよね。

ドラムの低音は間違いなくスピーカーから鳴ると気持ちいい感じに仕上がってるし、高音も空間的な広がりがあるし高揚感があってかなりいい感じです。

Hudson Mohawke - Gluetooth


Hudson Mohawke - No One Could Ever


Hudson Mohawke - Rising 5






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。








 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

The Best of Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music FAMO10001]

2009年29日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
The Best of Jazzin’for Ghibli
The Best of Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music FAMO10001]

(2008/12/03)
オムニバス
01 Lo Three S(LAVA) ft. Olivia Burrell - マルコとジーナ [紅の豚]
02 Takero Ogata - 風の伝説 [風の谷のナウシカ]
03 M. Hisataakaa [A.Y.B. FORCE] - 風の通り道 [となりのトトロ]
04 Lava - 海の見える街 [魔女の宅急便]
05 Morphil - 人生のメリーゴーランド [ハウルの動く城]
06 Ghibli Interlude - Ghibli Interlude
07 DJ SLY - いのちの名前 (ジブリ・メドレー)
08 DJ DAVI - アシタカとサン [もののけ姫]
09 D.Locke - もののけ姫 [もののけ姫]
10 sal - 君をのせて Remix [天空の城ラピュタ] (sal's reconstruction)
11 sal - あの夏へ [千と千尋の神隠し]
12 Smooth J - テルーの唄 [ゲド戦記]


The Best of Jazzin' for Ghibli
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music FAMO10001]


ジブリ公認のアナログで売れに売れた、未発表の新曲7曲含むジブリネタ・ジャジー・ヒップホップのベスト盤。

Nujabesのコンピ「Modal Soul Classics」にも楽曲提供した、ラテン・ブラジル・ハウス・ブレイクビーツなど幅広い技術を持つプロデューサーLAVAとトラックメイカーのTakero Ogata。 新人ピアニストのSmooth J、最初にジブリカバーを手掛けたDJ SLY。 タワレコ渋谷インディーズチャート1位を獲得したこともある実力派、A.Y.B ForceのMatsumoto Hisataakaaなど豪華プロデューサー陣による未発表のカバー曲を豪華収録。


Lavaの「海の見える町」が一発録りとは思えないクオリティーでした。DJ SLYもジブリネタ先行してただけあってセンスも良いし、ジブリファンも納得の出来で素晴らしい!

Lava - 海の見える街 [魔女の宅急便]


DJ SLY - いのちの名前 (ジブリ・メドレー)


D.Locke - もののけ姫 [もののけ姫]






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。









 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music MOMU502]

2009年29日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Jazzin’ for Ghibli
Jazzin' for Ghibli [Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music MOMU502]

(2008/04/06)
オムニバス
01 sal - あの夏へ [千と千尋の神隠し]
02 sal - 君を乗せて [天空の城ラピュタ]
03 DJ Davi - アシタカとサン [もののけ姫]
04 DJ RYU - 風の谷のナウシカ オープニング
05 novo tempo - 風の通り道 [となりのトトロ]
06 KGO - 海の見える街 [魔女の宅急便]
07 sal - テルーの唄 [ゲド戦記]
08 nack - ナウシカレクイエム [風の谷のナウシカ]
09 sal - マルコとジーナ [紅の豚]
10 KGO - 人生のメリーゴーランド [ハウルの動く城]




Jazzin' for Ghibli
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [More Music MOMU502]


ジブリ公認のアナログで売れに売れた、ジブリネタ・ジャジー・ヒップホップのコンピのCD盤。新進気鋭のHIPHOPアーティストによるノスタルジック+オーガニックなアレンジのカバー集。ジブリの名曲のリズムを取り込んでトラックメイキングしてるだけなので、「ジブリはこういうものなんだ」って固定観念がある人には向いてないかもしれません。

「聴いたことのあるフレーズ満載のジャジー・ヒップホップのコンピ」と思って聴くとかなりいい感じです。

基本的に「Jazzy」なだけで、別に「Jazz」そのもののアレンジではないのでご注意を。

ジャケットのアートワークにはNomakのジャケットを手がけている伏臣武のイラストが起用されています。

novo tempo - 風の通り道 [となりのトトロ]


KGO - 海の見える街 [魔女の宅急便]


sal - テルーの唄 [ゲド戦記]






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。








 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Listening Is Believing vol.3 [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]

2009年17日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Listening Is Believing vol.3 [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]
Listening Is Believing vol.3 [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]

(2008/09/29)
オムニバス
01 DJ Whitesmith - Haku
02 Prisma - Menina
03 Tsunenori - Floral Clock
04 Robert de Boron - Fines
05 Hazzy - Nooning
06 Float 11 - Waterlogged Coast
07 Lobe a.k.a. C.A.L.M. - It's Time To...
08 Mizube - Standard Explanation
09 Bona Fat - Kaos
10 Ghst Bust@ - Good Luck





Listening Is Believing vol.3
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [Libyus Music LMCD29]

「Libyus Music」からジャジー・ヒップホップのコンピレーション第3弾のリリース。MySpaceや某SNSでも再生回数が多くて特に注目された、日本のアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの次世代アーティスト10名の曲を収録。

メジャーレーベルからの勧誘を断ってデモCD-RでリバイアスからデビューしたPrisma、同じくリバイアスから「 Landscape」でデビューしたTsunenori、インターネットで多くの人から絶賛されたHazzy、Little Westというユニットで既にデビューしている、岡山を拠点に活動するFloat 11、シンプルなトラック・メイキングを目指す若手のLobe a.k.a. C.A.L.M.、Eccyやhaiiroなどのトラックにも参加している、若さとは裏腹な卓越したトラック・メイキングのMizube、京都を拠点に、Nujabesにインスピレーションを受けて活動開始したBona Fat、リバイアスのイベントで活躍するGhst Bust@など。

ちょっと前から自分の中でインスト物が聴きたくなってきてて色々聴いてるんですが、このコンピも新鮮でした。ピアノ・ハウスの大流行のおかげか、インストにピアノとかストリングスが多いのもツボですね!

Tsunenori - Floral Clock


Robert de Boron - Fines






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Uyama Hiroto - 2008 - A Sun Of The Sun [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Nujabes] [Hyde Out Productions HPD8]

2009年17日   カテゴリ:Uyama Hiroto     0 comments
Uyama Hiroto - 2008 - A Sun Of The Sun [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Hyde Out Productions HPD8]
Uyama Hiroto - 2008 - A Sun Of The Sun [Jazzy HIPHOP Instrumental] [Hyde Out Productions HPD8]

(2008/07/16)
01 81summer
02 Climbed Mountain
03 One Dream
04 Nightwood
05 Walz For Life Will Born
06 Ribbon In The Sea
07 Port51 (interlude)
08 Carbon Rose
09 Vision Eyes featuring Golden Boy
10 Fly Love Song featuring Pase Rock
11 Last Transit (interlude)
12 Stratus
13 Walk In The Sunset
14 Color of Jade

Uyama Hiroto - 2008 - A Sun Of The Sun
[Jazzy HIPHOP Instrumental] [Hyde Out Productions HPD8]


2003年のNujabesのアルバム「Metaphorical Music」と「Modal Soul」にトラックを提供したUyama Hiroto。叔父のジャズギタリストがいたこともあり、幼い頃から環境的に音楽に非常に恵まれてきた影響もあってかJazz的アプローチに類稀なるセンスを育む。そんなUyama Hirotoが構想5年を経て創り上げた衝撃のデビューアルバム!

日本の夏をテーマに練り上げた「81 Summer」で始まり、ハートフルなボーカルをフィーチャーした心温まるスローナンバー「One Dream」、スティービー・ワンダーにインスピレーションを受けてNujabesと共同プロデュースした「Ribbon In The Sea」、Golden Boyのラップを入れたトランペットの哀愁インスト「Vision Eyes」、アコースティック・ギターがピアノの隙間を駆け抜けるさわやかな「Walk In The Sunset」、シンプルな旋律でピアノが印象的な子供に捧げるために作った曲「Color of Jade」、透明感のある叙情性豊かな一枚になっています。

日本の平凡で平和な日常のキレイな部分を切り取ったようなストーリー性を感じさせます。

坂本龍一や久石譲のピアノ・アルバムにヒップホップのエッセンスを加えたかのような一枚でオススメです。

Uyama Hiroto - 81summer


Uyama Hiroto - One Dream


Uyama Hiroto - Ribbon In The Sea






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Mellow Beats, Sunshine & Twilight [Jazzy HIPHOP] [橋本徹] [P-Vine Records PCD93265]

2009年16日   カテゴリ:J-Club オムニバス     0 comments
Mellow Beats, Sunshine & Twilight [Jazzy HIPHOP] [P-Vine Records PCD93265]
Mellow Beats, Sunshine & Twilight [Jazzy HIPHOP] [P-Vine Records PCD93265]

(2009/09/02)
オムニバス
01 Kira Neris - Judy In June
02 Specifics feat. Jesse Maxwell - With J
03 Jazz Liberatorz feat. J Live - Vacation
04 Pat D - Good Times
05 Kero One feat. Ben Westbeech - When The Sunshine Comes
06 Young, Holdt, And Bess Unlimited - Four Square
07 Rideout & Terry Cole - We Got To Live Together
08 Hocus Pocus feat. Omar - Smile
09 Skiggy Rapz feat. Tienus - Today
10 Think Twice & David Ryshpan feat. Manchilde & Schubert - It's About Time
11 Think Twice feat. Coates - Money In The Rhymebook
12 DJ Alibi feat. Giant Panda - Round And Round
13 Cyne - Tide Of Life
14 Starving Artists Crew - Feed The Homeless
15 Dragon Fli Empire feat. Moka Only - Paradise
16 J. Rawls - A Tribute To Troy
17 Jneiro Jarel - Lock Down
18 People Under The Stairs - Flex Off
19 Dragon Fli Empire - Speak To Me
20 Moar - Les Mots
21 Pat D & Lady Paradox - Train Of Thought

Mellow Beats, Sunshine & Twilight
[Jazzy HIPHOP] [P-Vine Records PCD93265]

橋本徹(SUBURBIA)監修&選曲のシリーズ「メロウ・ビーツ」の2009年9月リリース盤。新曲で初CD収録となるオランダの注目株Skiggy Rapz、フランスのKira Neris、日本でも定評のThink Twiceのカヴァー・プロジェクト、Think Twice & David Ryshpan feat.Manchilde & Schubertの初披露曲など、優秀なバイヤーでしか収録できない先行トラック目白押しのジャジー・ヒップホップのコンピレーションになっています。

クロスオーバーでオシャレな曲がたくさん入っていて、晴れの日や朝のさわやかな雰囲気を満喫するのに最適なナイスな1枚です!

こういう系統のコンピって自分はちょっと敬遠しがちだったんですけど、チェックしてみれば「ずるいな~!」と思わせられる内容でした。先行トラックとか業界人しか聴けないですもんね。

Kira Neris - Judy In June


Skiggy Rapz feat. Tienus - Today


Jneiro Jarel - Lock Down






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Daishi Dance - 2009 - Spectacle [初回限定同梱特典:DJ PLAY用CDJ-CD] [Urban Sound Project XNAE10022]

2009年14日   カテゴリ:Daishi Dance     2 comments
Daishi Dance - 2009 - Spectacle [初回限定同梱特典:DJ PLAY用CDJ-CD] [Urban Sound Project XNAE10022]
Daishi Dance - 2009 - Spectacle [初回限定同梱特典:DJ PLAY用CDJ-CD] [Urban Sound Project XNAE10022]

(2009/10/07)
01 Intro ~Go To Trip!
02 Memory feat. Mika Nakashima
03 Forever Friends feat. COLDFEET & Arvin Homa Aya
04 Spectacle. feat. Chieko Kinbara
05 Beautiful This Earth (EXTENDED PIANO mix) feat. 麻衣
06 Renovation. feat. 吉田兄弟 & 井上鑑
07 Sunset In The Lake feat. Yoshiki of 姫神
08 Planetarium.
09 Journey To The Sky feat. Oh Jieun
10 Find My Way feat. Blanc.
11 Travel in Nature feat. LITTLE CAROL & Gocoo
12 There is a light feat. KAT

Daishi Dance - 2009 - Spectacle
[初回限定同梱特典:DJ PLAY用CDJ-CD] [Urban Sound Project XNAE10022]


【初回限定同梱特典CD:Spectacle. Limited_DJ_Edit】
(DAISHI DANCEが自身のCLUB PLAY用にエディットしたDJヴァージョンCD封入)

<特典CD収録曲>
01.FOREVER FRIENDS
02.Spectacle.
03.Beautiful This Earth
04.Planetarium.
05.SUNSET IN THE LAKE
06.Journey To The Sky
07.Find My Way
08.Travel in Nature
09.There is a light

※初回盤は無くなり次第終了となりますので予めご了承下さい。 (Amazon)


あの「The ジブリ Set」から2年ぶりのオリジナル・アルバムをついにリリース。コンセプトは「思い出」と「旅」。

カネボウKATEのCMソング「Memory feat. 中島美嘉」、久石譲の娘として知られる麻衣(藤澤麻衣)による「Beautiful This Earth (EXTENDED PIANO mix)」、他にもゲストにCOLDFEET、Arvin Homa Aya、金原千恵子、blanc.、吉田兄弟、井上鑑、姫神などいつものメンバー以外にも非常に豪華。

アルバムのアートワークに廃墟の写真を撮り続ける丸田祥三に写真を依頼して制作しています。

Daishi Dance - Memory feat. 中島美嘉
(カネボウKATE CMソング)



Daishi Dance - Beautiful This Earth feat. 麻衣
(EXTENDED PIANO mix)



Daishi Dance - Renovation feat. 吉田兄弟 & 井上鑑






↑他のアーティストはこちらからどうぞ。




 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。