Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]

2012年28日   カテゴリ:杉本佳一 FilFla     0 comments
杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]
杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]
(2008/01/20)
01 Ticking【Theremin:Youyou】
02 WST【feat. Moskitoo】
03 Cubby【Bass:Masashi Kamada】
04 Pine【Vocals, Guitar, Banjo:Ryan Francesconi】
05 Lumo【feat. Moskitoo】
06 For【Bass:Masashi Kamada】
07 Some Frolics【feat. Moskitoo】
08 Kickingkey
09 Miniwords【Yuichiro Iwashita, Namiko Sasamoto, Tetsuro Yasunaga】




杉本佳一 - FilFla ②

 杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon
 [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]


サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一のソロ名義、FilFla(フィルフラ)。一応ソロ名義とされていますが、その時々によりメンバーがいたりいなかったりするみたいです。ボーカルが入るときはMoskitooを起用したりしています。

杉本佳一の主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。

- ポップなポストロックに歌が映えるアルバム -

FilFla名義での2stアルバム、「Frolicfon」。このアルバムから日本人のMoskitoo(女性ボーカル)、米ポートランド在住のRyan Francesconi(ライアン・フランチェスコーニ、男性ボーカル兼Guitar)が参加し、他にも各楽器パートが入ってバンド編成になっています。ピコピコした電子音にもテルミンが導入されたり、より動的なメロディのポストロックへと明確な音のシフトがあり、色々変化があります。宇多田ヒカル、YUI、吉井和哉、いきものがかり、FILFLAのライヴ・メンバーをこなすダブエレクトロニカ・バンド「miimo」のドラマー、佐治宣英が参加したことも大きな変化のひとつ。前回のアルバムとは全く違ったテイスト、プロダクションであるものの、それ以降もこのアルバムから始まったスタイルを崩していないようなので、このアルバムからのスタイルがベースだと認識したほうがいいみたいです。

今作では明るい音使い、バンドとしての一体感ある演奏をメインに、エレクトロニカ的な要素は完全に飾りつけ程度に抑えられ、聴くほうも演奏するほうもいかに楽しめるか、といったポップなポストロックの曲が多いです。歌物も9曲中4曲あって、そのうち3曲が女性ボーカルでバランスが取れています。歌詞は日本語、英語半々といったところ。最近のポストロックの曲としてもかなりパワーと明るさ、ポップさを感じる楽曲であり、多幸感を味わえるアルバム。通勤中の電車、散歩、ドライブなどの移動時間のBGMにおすすめしたい元気が出るアルバム。



FilFla - WST【feat. Moskitoo】


FilFla - Cubby [Live]


FilFla - Pine【Vocals, Guitar, Banjo:Ryan Francesconi】


FilFla - For


FilFla - Kickingkey




Amazon
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]
(2005/08/20)
杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]
杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]
(2008/01/20)
杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction [Headz HEADZ147]
杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction [Headz HEADZ147]
(2010/12/15)
楽天
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame
価格:2,500円(税込、送料込)

杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon
価格:2,250円(税込、送料別)

杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction [Headz HEADZ147]

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction CD価格一覧
関連記事
スポンサーサイト

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]

2012年28日   カテゴリ:杉本佳一 FilFla     0 comments
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]
(2005/08/20)
01 Dx_00
02 Dx (Distance)
03 Backyard
04 Stanza
05 Epic
06 Nuf
07 Coy
08 Learn
09 Azure



杉本佳一 - FilFla ①

 杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]

サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一のソロ名義、FilFla(フィルフラ)。一応ソロ名義とされていますが、その時々によりメンバーがいたりいなかったりするみたいです。ボーカルが入るときはMoskitooを起用したりしています。

杉本佳一の主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。



- 電子音楽、室内楽的なアルバム -

FilFla名義での1stアルバム、「Flame」。この名義ではFonica、FourColor、Minamoなどで培われたポストロック的な要素をメインに、エレクトロニカの要素を少し入れてポップに仕上げていく感じなんですが、1stアルバムではまだ全曲インストです。後の作品でこの名義は「歌物」も交えた「バンド的な音」に仕上げていくんですが、今作はまだその前の段階で、わりかしキャッチーな音作りを目指しているのが分かります。

ギターを主体にしたメロディに、シンセ、パルス音、フィールドレコーディングの外国人の声や鳥のさえずりと雑踏の音などを配置していくんですが、シンプルで明るくさわやか、おだやかな曲が多め。明るめの環境音楽として使っても全然差し支えなく、途中で暗い曲などが入ることもありません。他の名義ではぼんやりした音像をいかに具現化するか、というのがテーマだと思うんですが、この名義ではそうじゃなくてコード進行による「メロディ」がこのアルバムでは感じられます。リラックスするためのホームリスニングでは特に昼向きなアルバム、お店のBGMにも向いているのどかな電子音楽、室内楽的なアルバム。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




今回は収録曲が1曲しか見つからなかったので近い傾向の曲も参考に貼っておきます。Polar M(村中真澄)や涼音茶舗レーベルに近い選曲です、参考程度にどうぞ。



FilFla - Epic




↓関連曲。
Polar M - Cast A Shadow


↑共通する音の傾向でPolar M(村中真澄)。Polar Mのほうがもう少しキラキラした美しさがあります。

Yukki+jai improvisation1 (即興セッション)


↑Coupieのメンバーが演じる即興セッション、涼音茶舗の系列。

Moshimoss - Melody


↑少し遠くなりますが涼音茶舗に近い音ということで、FilFlaの音に共通する音を感じたMoshimossの曲。



Amazon
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]
(2005/08/20)
杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]
杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]
(2008/01/20)
杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction [Headz HEADZ147]
杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction [Headz HEADZ147]
(2010/12/15)
楽天
杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame [Plop PLIP-3015]

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame
価格:2,500円(税込、送料込)

杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon [Weather, Headz WEATHER033 HEADZ108]

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon
価格:2,250円(税込、送料別)

杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction [Headz HEADZ147]

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction
価格:2,250円(税込、送料別)

【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2005 - Flame CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2008 - Frolicfon CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - FilFla - 2010 - Sound Fiction CD価格一覧
関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]

2012年27日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
(2011/08/24)
101 Monday Conversations
102 Hello People Of Earth!
103 Thursday; Birth
104 Thursday; Connection
105 Thursday; In Space

201 We're Remenbering Right Now
202 Horizon








Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 ⑤

 Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session
 [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]


北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- クラブミュージックという楽器を用いたバンド・セッション -

高橋邦之のソロ名義KossとMinilogueのヘンリクソン&ムラートによる3人でのアルバム、「The Mollan Session」。2010年の高橋邦之のヨーロッパツアー中に、Minilogueの所有する「Mollan」スタジオで録音された5時間以上に渡るセッション音源を7曲へとエディットしたもので、タイトルはそのままにつけられています。2CD仕様でトータル120分以上の大作で、最後の曲は60分強という壮大なセッション。

Koss名義ではエレクトロニカ要素も少し入ったアンビエントを展開していた高橋邦之。Minilogueの二人とのセッションは、ミニマル・サイケデリック・アンビエント・電子音楽・ディープハウス・ワールドミュージック的なパーカッションなどが全て入り混じっており、3人で描く宇宙的なスペクタクルを披露。ダウンテンポをベースにすーっと空間の奥深くに消えてゆくアンビエント、その奥深くから浮き上がってくるデトロイトのビート、パーカッションのエキゾチックな味付け、グリッチノイズなどのサンプリングを使った音響効果、様々な音がときにはシャーマニックな音像、宇宙的なメロディ、現代音楽やアンビエントのサウンドスケープを描き出していきます。

全体を通して音を追いかけていくと、DJというよりは「クラブミュージックという楽器を用いたバンドセッション」といった感じで、無機的な音なのに妙な生々しさを感じます。プレイリストに入れる1つの素材には向かないが、密度の濃いアルバム一枚をまるごと聴きたい気分には持ってこい。なんとなく気分でゆるゆるとインストを流したい日にもおすすめ。歌物ばっかり聴いてしまう人にはおすすめできないアルバム。

今回は原曲がなかったため、EP収録のミックスと未収録曲を貼っておきます。



Koss & Henriksson & Mullaert - Hello People Of Earth!
(Coming Home Mix)



Koss & Henriksson & Mullaert - One




↓関連曲。
Minilogue - The Leopard (Extrawelt Remix) [HD]


Minilogue - Stations I


Minilogue - Stations II


Koss - Nagai


Koss - Ancient Rain




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
(2011/08/24)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]
(2008/09/20)

Minilogue - 2008 - Animals [2CD] [Cocoon Recordings corcd016]
Minilogue - 2008 - Animals [2CD] [Cocoon Recordings corcd016]
(2008/07/10)


楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session
価格:2,835円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain
価格:2,646円(税込、送料込)

Minilogue - 2008 - Animals [2CD] [Cocoon Recordings corcd016]

【楽天】Minilogue - 2008 - Animals [2CD] [Cocoon Recordings corcd016]
価格:3,665円(税込、送料込)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain CD価格一覧
【楽天】Minilogue - 2008 - Animals CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]

2012年27日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
(2010/11/24)
01 Once Again (Free Groove Mix)
02 Come With Us
03 Set Me Free (Dub)
04 Flying Music (Rhythm And Trumpet Mix)
05 Bamboo City
06 Storm (Instrumental)
07 Night Forest (Kuniyuki Oriental Dub Version)
08 Deliverance (Deeply Way Mix)
09 Once Again (Kuniyuki Instrumental Version)





Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 ⑧

 Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City
 [Mule Musiq mmcd15]


北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- ダンスフロアを意識したアルバム -

4枚目のアルバム「Dancing In The Naked City」ですが、オリジナル・アルバムと呼ぶにはリミックス曲がほとんどで、オリジナル・トラックは3曲のみ。まぁリミックス・アルバムだと思っておいたほうがいいでしょう。しかし今回のアルバムはダンスフロアを意識したということで、今までのフロア寄りの音よりジャズ系の音ばかりだったことを考えると、違った一面が見えてくるアルバム。

しかし「フロアを意識した」といっても、実際に聴いてみるとハウスじゃなくて「普通のテクノ」のほうの傾向が強く、そこにいつものエキゾチックなパーカッションが、いつも以上に盛り込まれているといった印象。自分的にはもうちょっとKoss名義のときのような一面を期待していたんですが、違ったようです。新曲「Come With Us」はミドルテンポのリズムに拍手の音をサンプリングした曲で、ゆっくりと展開しながら次第にフルートが入ってきて吹き荒れます、途中からピアノも乱入してきてバトルのように即興で弾きまくる曲です。「Flying Music (Rhythm And Trumpet Mix)」はダビーなビート、深いディープ・ハウスにトランペットが力強くストイックに鳴り響く曲、どちらかといえば今までのような気持ちいい方向性の音ではなく、単純に音をディープに追求した楽曲だと思います。「Bamboo City」ではミドルテンポにワールドミュージック的な、エキゾチックなパーカッションを中心に展開する曲で、良い意味で芸能山城組がAKIRAのサントラをやっていた時期の曲を思わず思い出してしまいました。この曲にも音楽的な探究心が感じられます。そして「Storm」のインストバージョン、「Night Forest」のダブ・バージョンと続いて、ドイツの女性ボーカルKristiina Tuomiをフィーチャリングした「Deliverance」へ。この曲では前回のアルバムではさわやかな感じだったんですが、今回のアレンジではもっとゆったりしていてシンセ・フルート・パーカッションの使い方がエキゾチックになっていて、メロディは少しアンニュイな雰囲気。ボーカルにはちょっと退廃的な甘さを感じます。最終曲「Once Again (Kuniyuki Instrument Version)」はインストでTimo MaasのMixCDにも収録された曲。太いドラムビートとストイックなピアノがセッションのように絡み合う曲。

最後まで通して聴いてみると、前回まであった「フロアにいる全員がピースな雰囲気になれるアルバム」みたいなのじゃなくて、「フロアにいるみんなが黙々と踊ってる雰囲気のアルバム」かな、と思いました。前作と重なっているタイトルとしては、「シリーズ2作目」とか「続き」といった意図なのかもしれませんが、2作目は要らなかったかもしれません。全く新しいコンセプトで作ったほうが良かったかも。高橋邦之の最近のアルバムを聴くならまず前作の「Walking In The Naked City」をおすすめします。



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Once Again (Free Groove Mix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Come With Us


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Set Me Free (Dub)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Flying Music (Rhythm And Trumpet Mix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Bamboo City


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Storm (Instrumental)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Night Forest (Kuniyuki Oriental Dub Version)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Deliverance (Deeply Way Mix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Once Again (Kuniyuki Instrumental Version)




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
(2010/11/24)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
(2011/08/24)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]
(2006/03/11)
楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session
価格:2,835円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together
価格:2,646円(税込、送料込)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]

2012年26日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
(2009/11/18)
01 Once Again【feat. Henrik Schwarz】
02 First Experience
03 NaaGa
04 Night Forest
05 Life Story
06 Deep Love
07 Storm【feat. Josee Hurlock】
08 Set Me Free (Organ Dub)
09 River
10 Deliverance【feat. Kristiina Tuomi】




Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 ⑦

 Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City
 [Mule Musiq mmcd13]


北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- 生演奏とクラブミュージックの融合 -

2ndアルバムの後に出たリミックス・アルバムを除けば3rdアルバムに当たる本作、「Walking In The Naked City」。日本ジャズ界の巨匠ピアニスト「板橋文夫」をプロデューサーに迎えて、ボーカルには盟友Henrik Schwarz、高橋邦之のアルバムで度々フィーチャリングされているJosee Hurlock、ドイツ在住のKristiina Tuomiを起用。

-高橋邦之が語るアルバム・コンセプト-

今回のアルバム「Walking in the Naked City」のテーマは「ボーダーラインをなくしすべての風景を通り過ぎたら、その行方にはどのような世界が生まれるのか」という問いかけから始まります。ある程度予想される道筋のチョイスではなく、目の前のビジョンを本能のままに進んでいくというイメージですね。抽象的で説明するのがむずかしいですが「すべてを脱ぎ捨てた状態でいろいろなものを感じると、何が起きるのか、どういう世界が待っているのか」そんなイメージです。


ということなんですが、いかんせん唐突過ぎて理解できません。巨匠のプロデュースや新たな方向性への模索などを考えると、「ありのままでゼロから作ってみよう」ということなのかなぁと推測できます。巨匠を迎えての真摯で誠実な態度から来るチャレンジャーの意気込みなのか、たまたまそういう境地に至ってのコンセプトだったのか、どちらにせよ「ありのまま、今の高橋邦之の音」がここには作りこまれています。

1・2曲目はピアニスト板橋文夫を迎えてビバップ漂う生ジャズ・セッション的なトラック。Henrik Schwarzがいつもはトラックメイキングやリミックスで参加しているのに対してこの曲ではボーカルとしての初参加。脂の乗った躍動感あふれるピアノに王道なメロディ。3曲目はその名残のようなジャズトラックなんですが、曲の後半にかけてパーカッションがきめ細かい光の粒みたいにキラキラあふれ出す曲で、これを皮切りに徐々にクラブ・トラックにシフトしていきます。4曲目「Night Forest」はオーガニックなディープ・ハウスのインスト。5曲目「Life Story」は何らかの工場の機械が動いてるかのような無機質な音にさざなみが押し寄せては引いていくフィールド・レコーディングの上に、ピアノが優雅に鳴り響くインストでかなり秀逸。7曲目「Storm」ではおなじみのJosee Hurlockのボーカルを乗せたミニマルなディープ・ハウス。ハスキー・ヴォイスがとてもクールでキューバの葉巻のように深く甘い味わい。8曲目「Set Me Free (Organ Dub)」ではシンセのループがエキセントリックに展開し激しい早弾きを見せつけるスピリチュアルなハード・トラック。9曲目「River」でスタンダードなジャズ・ナンバーで一息入れた後、最終曲「Deliverance」でディープ・ハウスをベースにしたジャズ・ナンバーにKristiina Tuomiのボーカル。とてもさわやかで美しいメロディ、ゆったりとしたテンポでリラックスできるしっとりした曲で締めくくられています。

高橋邦之のアルバムを聴くといつも思うんですが、クラブ・ミュージックをやってるにしてはやけに生演奏的な響きがあって、尖った感じが全然ないんですよね。曲の雰囲気がとても自然体で有機的で、でもしっかりクラブミュージックとして気持ちよく感じる無機質な音もきちんと融合されていて、そしてトラックが長い間に渡って聴いていかれるような「王道」な感覚がある。時代にとらわれないところもすごいし、日本国内外も問わないで聴かれるだろうし、邦楽しか聴かないって人にも「良い音楽だな」と思わせるメロディ作りがされているように感じます。やはり本人の人柄が曲ににじみ出ているんでしょうか。ふとそんなことを考えてしまう一枚。



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Storm + NaaGa


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Night Forest


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Set Me Free (Organ Dub)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Deliverance【feat. Kristiina Tuomi】




↓曲のミラー。
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Storm【feat. Josee Hurlock】




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
(2009/11/18)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
(2010/11/24)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]
(2011/08/24)
楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]

 【中古】【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City
価格:3,793円(税込、送料別)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session [2CD] [Mule Electronic muleelectroniccd022]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session
価格:2,835円(税込、送料込)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss & Henriksson & Mullaert - 2012 - The Mollan Session CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]

2012年26日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
(2008/07/19)
01 Touch (A Mountain Of One Peyote Remix)
02 All These Things (Theo Parrish Remix)
03 Dear African Sky (Henrik Schwarz Remix)
04 The Session (Kuniyuki Self Remix)
05 Birds (Tony Lionni Remix)
06 Rain Of Ocean
07 The Session (Cobblestone Jazz Remix)
08 Earth Beats (Chateau Flight Remix)
09 All These Things (Kuniyuki Self Remix)





Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 ⑤

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]

北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- 真夜中の環状線で聴いたらかなり気持ち良さそうなヴァイヴレーション -

1stアルバム「We Are Together」と2ndアルバム「All These Things」を中心にリミックス+新曲「Rain Of Ocean」を収録したアルバム。リミキサーにはTheo Parrish、Cobblestone Jazz、Chateau Flightなど豪華なメンバーを起用。

セオ・パリッシュの14分にも及ぶSonar Kollektivを彷彿とさせるダウンビートにJosee Hurlockのボーカル・サンプリングのカットアップがゆるく絡む「All These Things」はフロア向けでちょっと長い曲ですが、高橋邦之も「セオの神髄」と語る名曲。Tony Lionniによる「Birds」はローファイなビートにピアノ・シンセがループして、パーカッションが変拍子でかっこいいインスト曲。一番おすすめな「Rain Of Ocean」はアフリカンなパーカッションにテンション高めのメロディを刻むディープ・ハウス。これは「自分と世界を繋ぐ雨音一つ一つのリズム、雨は大地に降り注ぎ、全ては大地を巡り、やがて海に戻っていくというイメージ」というコンセプトのもと制作したらしいですが、真夜中の環状線で聴いたらかなり気持ち良さそうなヴァイヴレーション。そして、Cobblestone Jazzのさわやかなハウス・ミックス、Chateau Flightのミックスと続いて、最後はJosee Hurlockがしっとり歌う雨が似合いそうなセルフ・ミックス、「All These Things」にたどり着きます。

リミックス・アルバムということもあり、様々なテイストが入り混じっているので全部「当たり曲」とは言い切れない内容でしたが、これはプレイリストに入れたいというリミックスや、そして何より「Rain Of Ocean」がやたら気持ちいい。作業用BGM、お店のBGMとしてはもちろん、真夜中の環状線やドライブなどにも向いているアルバム。



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - All These Things (Theo Parrish Remix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Dear African Sky (Henrik Schwarz Remix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - The Session (Kuniyuki Self Remix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Rain Of Ocean


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - The Session (Cobblestone Jazz Remix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - All These Things (Kuniyuki Self Remix)




↓曲のミラー。
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Rain Of Ocean [HD Ver.]




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
(2008/07/19)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
(2009/11/18)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]
(2010/11/24)
楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]

 【中古】【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City
価格:3,793円(税込、送料別)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City [Mule Musiq mmcd15]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City
価格:2,646円(税込、送料込)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2011 - Dancing In The Naked City CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]

2012年26日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]
(2007/11/24)
01 My Dear Friends【feat. Ian O'Brien】
02 The Guitar Song (Original Mix)
03 The Session (Kuniyuki's Piano Mix)【feat. Henrik Schwarz, Yoshihiro Tsukahara】
04 Dear African Sky (African Dub Mix)【feat. Omar Guaindefall】
05 One Round (Original Mix)
06 You Get Me【feat. Josee Hurlock】
07 Free
08 Flying Music (Short Version)【feat. Alex From Tokyo, Nobuhiko 'Ebizo' Tanuma, Shuichiro Sakaguchi】
09 Think Of You (Piano Re-edit)
10 Touch
11 All These Things【feat. Josee Hurlock】


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 ④

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]

北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- クラブ・ラウンジ寄りの生ジャズ・セッション -

1stアルバムリリース後のツアーなどの交友から幅広い人との出会いから生み出された、2ndアルバム「All These Things」。ゲストにHenri Schwarz、Ian O'Brien、Alex From Tokyo、Josee Hurlock、坂口修一朗(Double Famous)などを迎えてディープ・ハウス、ジャズ、フュージョン、アフロ、ソウル、フラメンコなどを融合した時代にとらわれないクラシックなクロスオーヴァー作品。かなりボーダーレスな内容ですが、あえてジャンル分けするなら、クラブ・ラウンジ寄りの生ジャズ・セッションとでもいいましょうか。プログラミングによるループは今回少なめですが、生楽器やそのサンプリングを用いたミニマルなループを使ってバンド・セッションの演奏の一体感が気持ちよく仕上がっています。アフロなOmar Guaindefall、ジャジーなJosee Hurlockのボーカル曲も収録されてあって非常にバランスがいいです。高橋邦之のアルバムには結構ピアノが入ってるんですが、昨今のピアノ・ハウスと比べると絶品です。大量生産されて消費されていくピアノ・ハウスに比べてなんと崇高でクオリティの高いことか。オシャレなハウスが好きな人、作業用ホームリスニング、夜中に部屋で酒を飲むリラックスタイム、美容室や雑貨屋さんのBGMにもおすすめな名盤。



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - My Dear Friends


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - The Guitar Song (Original Mix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - The Session (Kuniyuki's Piano Mix)
【feat. Henrik Schwarz, Yoshihiro Tsukahara】



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Dear African Sky (African Dub Mix)
【feat. Omar Guaindefall】



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - One Round (Original Mix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - You Get Me
【feat. Josee Hurlock】



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Free


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Flying Music (Short Version)
【feat. Alex From Tokyo, Nobuhiko 'Ebizo' Tanuma, Shuichiro Sakaguchi】



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Think Of You (Piano Re-edit)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Touch


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - All These Things【feat. Josee Hurlock】




↓曲のミラー。
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - The Guitar Song (Original Mix)


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - You Get Me
【feat. Josee Hurlock】



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Think Of You (Piano Re-edit)




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]
(2007/11/24)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
(2008/07/19)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]
(2009/11/18)
楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City [Mule Musiq mmcd13]

 【中古】【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City
価格:3,793円(税込、送料別)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2010 - Walking In The Naked City CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]

2012年26日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]
(2006/03/11)
01 People
02 NXS - Sleepers (Kuniyuki Remix)
03 Moonlight
04 Earth Beats
05 Precious Hall
06 Birds
07 Sunshine
08 The Guitar Song (Ambient Mix)
09 The Ananda Project - Cascades Of Colour (Kuni Sugar Love Mix)




Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 ③

 Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together
 [Mule Musiq Distribution mmd03]


北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- ラウンジ寄りのハウスにアンビエント要素をミックス -

今回の「We Are Together」は過去のあちこちのレーベルに提供された楽曲と代表的なNXSとThe Ananda Projectのリミックスを収録。少年期にジャズ・テクノ・アンビエントを親しみ、ブライアン・イーノ周辺のアーティストやピーター・ガブリエル主宰のワールド・ミュージックのレーベル「Real World」などに影響を受けたと語る高橋邦之。ギターとリミックスの原曲以外のピアノ、フルート、パーカッション、プログラミングは全て自分で演奏しています。このアルバムを伴ったツアーではHenrik Schwarz、Luciano、Chateau FLight、Ian'O'Brianなどのそうそうたるメンバーでプレイしています。

アルバムの内容はというと純粋なテクノがベースになっていますが、どちらかといえばラウンジ寄りであり、オーガニックなテイストが感じられるハウス。フルート、パーカッション、ピアノ、を用いたワールドミュージック的な部分とジャズ的なアプローチに、フィールド・レコーディングの鳥の声、風の音などを用いたアンビエント的な部分が見事に融合しており、オシャレでアーバン・ソウルを感じるスタイル。完璧な演奏よりも自分の魂に響く音を求めて自分で演奏しているらしいですが、生演奏とプログラミングの相性も良くバンドセッションとまではいかないが、かなり統一感のある仕上がり。最後のThe Ananda Projectの曲以外にボーカル曲がないのが残念なところですが、作業しながらのホームリスニングやお店のBGMに最適な音楽。

人と人の繋がりでこのアルバムも今の自分もある。だから、「We Are Together」。タイトルにそんな意味が込められたピースフルなアルバム。



Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - People


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Earth Beats


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Precious Hall


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Birds


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Sunshine


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - The Guitar Song (Ambient Mix)


The Ananda Project - Cascades Of Colour (Kuni Sugar Love Mix)




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]
(2006/03/11)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]
(2007/11/24)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]
(2008/07/19)
楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together [Mule Musiq Distribution mmd03]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things [Mule Musiq mmcd05]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things
価格:2,646円(税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed [Mule Musiq mmcd08]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed
価格:2,646円(税込、送料込)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2006 - We Are Together CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2007 - All These Things CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - 2008 - Remixed CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

2012年25日   カテゴリ:Kuniyuki Takahashi 高橋邦之     0 comments
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

(2008/09/20)
¥ 2,940
01 Dream
02 Ocean Waves
03 Jumoku
04 Ancient Rain
05 Memory Mapping
06 N.O.W
07 1978To2008
08 Beauty
09 Odyssey
10 Dream (Real World)






Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

(2010/03/16)
¥ 1,523
US盤 トラックリスト不明ですが、
おそらくほぼ同じ内容。











Koss 高橋クニユキ ①

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic MULEELCD18]

北海道の札幌を拠点に活動する高橋邦之のソロ名義、Koss。主な経歴としては、4Heroが主宰する2000BLACKレーベルのコンピ「Good Good」にオリジナル曲「Nu Way」を提供、日本のLifelineレーベルから2枚組のシングル「Kids Breath」をリリース、Joe Claussellが主宰するレーベルSpiritual Life傘下のNatural Resourceから「Precious Hall」をリリース。ほかにも、Ananda Projectのリミックスアルバムのリミキサー、Ian ObrienとKirk Degiorgio監修のコンピに自身のリミックス曲が収録、2001年、Naxos(ギリシャ)にて行われたフェスティバルBig Chillへの参加など。Koss名義で4枚のアルバムをリリースしており、Kuniyuki Takahashi名義では7枚リリースしている。



- 水を連想させる音が多いディープ・ハウス -

主にディープ・ハウス中心に活動をしている高橋邦之のKoss名義での2ndアルバム「Ancient Rain」。過去にディープハウス、ラウンジ系の作曲でフィールド・レコーディングなどの風の音、鳥の声を取り入れたり、ピアノやフルートを導入するなどの作曲をしており、このアルバムでもディープ・ハウスをベースにしながらエレクトロニカにも通じるアンビエントを形成。全体を通して聴いてみると「ディープ・ハウスの名残」が多少あるだけで、エレクトロニカ要素もありながらの「アンビエント」に分類してもいいくらいの内容になっています。繊細で美しいピアノやハープ、ジャズ・ラウンジ的な音の傾向、ダブ・ライクな深く響くビートやシンセ。全曲インストですが、ゆったり押し寄せては引いていくさざなみのようなサウンドスケープ。水を連想させる音、曲が多い一枚。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - Dream


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - Ocean Waves


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - Jumoku


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - Memory Mapping


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - Beauty


Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - Odyssey




Amazon
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2001 - Ring [ダイキサウンド Soundofspeed SOSCD03]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2001 - Ring [ダイキサウンド Soundofspeed SOSCD03]
(2001/05/18)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2002 - Live Ring [Soundofspeed SOSCD04]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2002 - Live Ring [Soundofspeed SOSCD04]
(2002/08/31)
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

(2008/09/20)
楽天
Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2001 - Ring [ダイキサウンド Soundofspeed SOSCD03]

 【中古】【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2001 - Ring
価格:670円(税込、送料別)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2002 - Live Ring [Soundofspeed SOSCD04]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2002 - Live Ring
価格:   (税込、送料込)

Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain [Mule Electronic Distribution med13]

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain
価格:2,646円(税込、送料込)

【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2001 - Ring CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2002 - Live Ring CD価格一覧
【楽天】Kuniyuki Takahashi 高橋邦之 - Koss - 2008 - Ancient Rain CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]

2012年22日   カテゴリ:杉本佳一 FourColor     0 comments
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
(2011/05/19)
01 Quiet Gray 1【feat. Moskitoo】
02 Skating Azure
03 Bleach Black
04 Frosted Mint
05 Carmine Fall
06 Ecru Diver
07 Snow Petal
08 Iris (Familiar)【feat. Moskitoo】
09 Canary Breath
10 Quiet Gray 2

杉本佳一 - Fourcolor ④

 杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]

サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一のソロ・プロジェクト、Fourcolor。杉本佳一は他にもFonica、FilFlaなどのソロ名義、安永哲郎、岩下裕一郎、笹本奈美子らと結成したユニット、Minamoなど幅広い活動をしている。

主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。




- 寂寥感の伴う雰囲気、絞り込まれた音使い -

2011年にTaylor Deupreeが主宰する12kレーベルからリリースされた5thアルバム「As Pleat」。ギター・アンビエンス・プロジェクトであるFourcolorのアルバムとしては、4thアルバム「Letter of Sounds」からまた一歩前進した内容で、少し違ったテイストになっています。

今回のアルバムで意識されていることのひとつとして、「音の絞込み」があります。単純に「厳選した音を使う」というこだわりにとどまらず、「絞られた音の中からどれだけのヴァリエーションを生成できるか」という探求があり、それを意識して聴くと「シンプルでとても統一感を感じる」音になっています。たとえば豊かな音に入ってる様々なバリエーションの音があると仮定します。一見して豊かですが別の側面から見ると無駄な音が多い場合があるわけです。このアルバムでは制作者のコンセプトに沿って初めから厳選された音しか入っていないため、「無駄な音」が圧倒的に少ない形に仕上がっています。

そんなアルバムを実際に聴いてみると、前作ではPolar Mに近い印象を受けたんですが、今回はそういった「美しさ」は特徴に入ってこない印象があります。直感的に感じたこととしては、「音の奥行きがより感じられて、さらに深くなった」印象。必然的に繋がっていく音の空間は聴く人の精神をある種の集中状態に持っていくんでしょうか。音が流れてる間すっぽりとその音に包まれて、自分の体がどこか別の空間に引き込まれていきそうなトリップ感がある。そういう意味ではメロディにある種の「禅」的な雰囲気があります。

そしてそこにはある種の寂寥感も伴うんですが、「孤独」というよりは「孤高」に近い雰囲気。この雰囲気・スタイル・製作意図を誰かが理解してくれるのか、それは分からないけれどそのスタイルを貫いている。そういう「孤高な雰囲気」が漂っています。

なので今回のアルバムは心地よさはあるものの、聴いててダイレクトに感じる「美しさ」とかそういったポップな感覚はありません。しかし夜に一人で時間を過ごすときにより内省的になれる、一人で何かを考えたいときに自分の中に没頭できる、そんな深いトリップ感覚が間違いなく存在し、確実に気持ち良いアルバムに仕上がってるように思います。

前作はPianaがフィーチャリングされていましたが、今作ではMoskitoo(同じく女性ボーカル)がフィーチャリングされています。しかし「歌」ではなく、スキャット的な「祈り」に似た声であり、それもまた「厳選された音素材」のひとつとして効果的に使われています。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Fourcolor - Quiet Gray 1【feat. Moskitoo】


Fourcolor - Skating Azure


Fourcolor - Fountain


Fourcolor - Bleach Black


Fourcolor - Frosted Mint




Amazon
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
(2011/05/19)
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
(2006/09/20)
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
(2008/09/17)
楽天
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k amip0008]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat
価格:2,930円(税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds
価格:   (税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
価格:2,070円(税込、送料別)

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - As Pleat CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain+ CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]

2012年22日   カテゴリ:杉本佳一 FourColor     0 comments
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
(2006/09/20)
01 02
02 Rowboat【feat. Piana】
03 Season
04 Fountain
05 Flyaway
06 Vignette
07 Leaves
08 Frame




杉本佳一 - Fourcolor ③

 杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]

サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一のソロ・プロジェクト、Fourcolor。杉本佳一は他にもFonica、FilFlaなどのソロ名義、安永哲郎、岩下裕一郎、笹本奈美子らと結成したユニット、Minamoなど幅広い活動をしている。

主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。




- 繊細で美しいアンビエント -

2006年にリリースされたアルバム「Letter of Sounds」。過去に制作されたアルバムのイメージとは方向性が変わり、もっと有機的で儚く美しい旋律。曲としての音の構成やメロディラインも考えられて作られた、よりプロフェッショナルな完成度に仕上がっています。

似ている傾向の音楽としてはギター主体のアンビエントということでPolar M(村中真澄)が近いと思います。Polar Mはさわやかで美しい雰囲気だとすると、「Letter of Sounds」はもう少し音響的な傾向があります。前半は美しく儚く繊細に鳴り響いていき、後半で暗く深く沈んでいき、クライマックスではまたすこし浮き上がってくるメロディライン。2曲目の「Rowboat」ではPianaがフィーチャリングされていてかなり気持ちいい曲に仕上がっています。

今回のタイトルは「音の手紙」という意味ですが、曲には「Rowboat(漕ぎ舟)」、「Fountain(噴水)」、「Flyaway(風になびく)」、などがあります。季節感を表したものや情景、シンボリックな名称を入れているところを見ると、アーティストからの「音のたより」みたいなものなんでしょうね。キラキラしていて繊細で美しいアルバム。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Fourcolor - Rowboat【feat. Piana】


Fourcolor - Season


Fourcolor - Fountain


Fourcolor - Flyaway


Fourcolor - Leaves


Fourcolor - Frame




Amazon
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
(2006/09/20)
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
(2011/05/19)
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
(2008/09/17)
楽天
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds
価格:   (税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat
価格:2,930円(税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
価格:2,070円(税込、送料別)

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - As Pleat CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain+ CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]

2012年22日   カテゴリ:杉本佳一 FourColor     0 comments
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]
(2004/05/05)
01 Dip
02 Fount
03 Soaking
04 In The Pool
05 Snow Soup
06 Vaporize
07 Steam





杉本佳一 - Fourcolor ②

杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]

サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一のソロ・プロジェクト、Fourcolor。杉本佳一は他にもFonica、FilFlaなどのソロ名義、安永哲郎、岩下裕一郎、笹本奈美子らと結成したユニット、Minamoなど幅広い活動をしている。

主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。




- 水を連想させるミニマルなループ -

「Water Mirror」は2ndアルバムで、3rdアルバム「Air Curtain」と同時制作されたアルバムに当たります。1998年に創設され、現在はニューヨークに拠点を置く音響レーベル「Apestaatje」からのリリース。現在は廃盤となっており、Amazonではmp3での販売になっています。

セルフ・ライナーノーツによるとサウンド一つ一つを大きなラインとしてレイヤーを重ねていく感じで制作した模様。3rdアルバム「Air Curtain」ではそこから少し発展させた音作りになっていますが、それに比べると「Water Mirror」はもう少しシンプルな印象。ミニマルなループが続くのが特徴で、気づいたら別のループに変わっていたり、次の曲になっていたりするのに気づきます。基本的にメロディらしいものはほとんど存在せず、レイヤーで重なった電子音やアコギのサンプリングがゆっくりずれながらループしていく感じで、最終曲ではフィールド・レコーディングの子供が公園で遊ぶ声、自転車のチャイムっぽい音、風鈴などと、グリッチノイズを交えて締めくくられています。「Air Curtain」が大気などを想起させるコンセプトに対し、「Water Mirror」は水を想起させるタイトルが多いです。この一見変化がないようである、ゆったりした音の移ろいはそこから発想が来ているんでしょう。こういった傾向の音楽を聴くにしても多少の変化が欲しい人にはあまりおすすめできないアルバムですが、自分的にはそこそこ気に入ってます。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧


Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




今回は収録曲がYoutubeで1曲も見つからなかったので関連曲のみ貼っておきます。ライブ曲以外は「Water Mirror」の内容に近い選曲になっています、参考程度にどうぞ。

Fourcolor - Season


Fourcolor - Ae


Fourcolor - Empty Sky 1


Keiichi Sugimoto a.k.a FourColor[beatset] Live in May.5.2011, at Trigram,Tokyo




Amazon
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]
(2004/05/05)
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
(2006/09/20)
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]
(2011/05/19)
楽天
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror
価格:   (税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds
価格:   (税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat [12k 12K1065]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2011 - As Pleat
価格:2,930円(税込、送料込)

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - As Pleat CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain [12k 12k1029/HEADZ headz122]

2012年22日   カテゴリ:杉本佳一 FourColor     0 comments
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain [12k 12k1029]
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain [12k 12k1029]
(2004/09/01)
01 Curves Of Air
02 Empty Sky 1
03 Ae
04 2 Strings
05 Cloud Whereabouts
06 As Rain
07 Empty Sky 2







杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
(2008/09/17)
01 Curves Of Air
02 Empty Sky 1
03 Ae
04 2 Strings
05 Cloud Whereabouts
06 As Rain
07 Empty Sky 2
08 Wind Layer (Bonus Track)
09 Nephograph (Bonus Track)



杉本佳一 - Fourcolor ①

 杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain [12k 12k1029/HEADZ headz122]

サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一のソロ・プロジェクト、Fourcolor。杉本佳一は他にもFonica、FilFlaなどのソロ名義、安永哲郎、岩下裕一郎、笹本奈美子らと結成したユニット、Minamoなど幅広い活動をしている。

主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。




- 透明感ある電子音のアンビエント -

今作「Air Curtain」はTaylor Deupreeが主宰する12kレーベルからリリースされた3rdアルバム。2ndアルバム「Water Mirror」と同時制作されたアルバムになります。セルフ・ライナーノーツによると、「Water Mirror」はサウンド一つ一つを大きなラインとしてレイヤーを重ねていくのに対し、「Air Curtain」はサウンドを点としてとらえて配置していくことによってリズミカルに聴こえるような仕上がりを目指したものみたいです。リマスタリング盤ではエンジニアの佐藤智宏に音圧を下げて耳障りをソフトにすることと、音像をすっきりさせることを目的に依頼した模様。リマスタリング盤は残念ながら所持していないので聴いていないですが、耳障りは普通で何の問題もありません。しかし本人が改めて自分の作品を聴いたときにだいぶ自分の感覚が変わってきていたため、リマスタリングを希望したようです。アルバムのタイトルと曲名に関しては大気(空)を想起させるものになってます。雲は重なることで形を変えたり、天気によって表情を変えたりするのでシンプルで奥が深い、そういう音楽でありたいというコンセプト。

アルバムの内容としては、涼音堂茶舗にも通じる透明感ある電子音、12kからリリースされるだけあるスペーシーな浮遊音、深海エレクトロニカといってもいいくらいの深く響き渡る音。クールな音というよりは少し暖かみのある篭りを感じる深みある音になっています。Fourcolorでの音の方向性は後により深みとメリハリのある音に発展していくんですが、この時期のアルバムはシンプルでまだ新しいアルバムよりも音的な個性は少ないです。しかしコンセプチュアルであり、そのシンプルさがより聴きやすさを増しているように感じます。青空に広がる雲が流れて小さくなっていったり、入道雲のようにふくらんでいったりするのと同じように、このアルバムも時間と共に変化し流れすぎていく心象風景がゆっくりと広がっていきます。

ゆらゆらと少し揺れているハンモックでうたた寝しているときのような感覚に浸れる一枚。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧


Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧





Fourcolor - Curves Of Air


Fourcolor - Ae




↓関連曲。
FourColor/Filfla - Berklee College of Music -10/08 Part 1




Amazon
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
(2008/09/17)
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]
杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]
(2004/05/05)
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]
(2006/09/20)
楽天
杉本佳一 - Fourcolor - 2008 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain+ [HEADZ headz122]
価格:2,070円(税込、送料別)

杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror [Apestaatje staartje016]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror
価格:   (税込、送料込)

杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds [12k 12k1038]

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds
価格:   (税込、送料込)

【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Air Curtain+ CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2004 - Water Mirror CD価格一覧
【楽天】杉本佳一 - Fourcolor - 2006 - Letter of Sounds CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005/Tomlab tom26]

2012年21日   カテゴリ:杉本佳一 Fonica     0 comments
杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005]
杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005]
(2002/11/15)
01 Soar
02 Twang
03 Whirr
04 Perch
05 Fluid
06 Coda
07 Rusl
08 Skim
09 Zephyr
10 Perch (Mitchell Akiyama Remix)
11 Rusl (Sogar Remix)



杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Tomlab tom26]
杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [tomlab tom26]
(2003/05/06)
01 Soar
02 Twang
03 Whirr
04 Perch
05 Fluid
06 Coda
07 Rusl
08 Zephyr





杉本佳一 Keiichi Sugimoto - Fonica

杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005/Tomlab tom26]

サウンドアーティスト/コンポーザーの杉本佳一と初期RdL(リドル)のメンバーでgel:のアートワークも手掛けているCheasonによる男女ユニット、Fonica。杉本佳一は他にもFourColor、FilFlaなどのソロ名義、安永哲郎、岩下裕一郎、笹本奈美子らと結成したユニット、Minamoなど幅広い活動をしている。

主な経歴としては2004年パリのポンピドゥーセンターのエキシビジョン「Ecoute」への楽曲提供、FourColor名義のアルバム「Water Mirror」がイギリスの「The Wire」誌でベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出される、宮崎淳監督の映画「Frontier (カンヌ映画祭若い視点賞受賞)」への楽曲提供、Timo Latz監督の映画への楽曲提供がフランスの映画祭「Festival Tous Courts」でオリジナル映画音楽部門賞受賞、フランス映画音楽作曲者協会(U.C.M.F)の会員、minamo & Tape名義でのアルバム「Birds Of A Feather」がスウェーデンの音楽賞「Manifest」にエクスペリメンタル部門でノミネートなど。これまでにヨーロッパ、オーストラリア、アジア、北米、カナダ、マケドニア共和国などでツアー・パフォーマンスを敢行。数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽なども数多く手掛けている。また、インディーズ・レーベル「Cubic Music」を主宰する人物でもある。




- 生楽器 → アンビエント ← クラブミュージック -

初期からの活動Minamoでのセッション、FourColorでのディープでスペーシーな浮遊電子音と比べると、Fonica名義でのこのアルバムはどちらかといえば有機的で、静かな浮遊電子音をちりばめながらアコギで骨格ともいうべきメロディを形成している音楽。といってもアコギにしても様々なフレーズを切り貼りして幾重にも重なっていたり、アルペジオだったり、様々な「使い分け」があって各パートに分かれて何重構造にもなっており、しかしそれをシンプルに聴き分けさせてくれます。そういった曲とは対照的にアコギをループ素材として扱い、浮遊音と絡めながら有機的なサウンドスケープを描くアンビエント寄りの曲も交互に入っている感じで、複雑な構成でありながら聴くとシンプルに伝わってくるという良質なクオリティ。

スティーヴ・ライヒ的なミニマルなフレーズなども組み込まれていて、12kやRaster Nortonに見られるパルス音のような音やグリッチノイズも交えつつ、生楽器でのアンビエント曲とクラブミュージックでのアンビエント曲の境界線上を上手い具合に行ったり来たりするところがなかなか他には無いテイストです。似てる傾向のアーティストでいうとManualの一部の音源に近いです。近年のアーティストでいえばテイストは違いますが、同じような方向性を目指しているアーティストではironomi(いろのみ)周辺の音に近いです。

コップの水の中にお湯を注いだときに見える「ゆらぎ」のような暖かみを感じるアルバム。



↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧


Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Fonica - Twang


Fonica - Scoot(アルバム未収録曲)
[Bip-Hop Generation v7に収録]





↓関連曲。
Manual - October Sky


Manualはどちらかといえばロックから分岐して入っていったアンビエントなので普段はもう少しにぎやかな曲が多いんですが、こういう一部の曲がFonicaと同じ静謐さがあるかな~と思います。

Manual - April Trees Daydream


同じアルバムからの曲。Fonicaとは違うテイストだけど、ねむれるエレクトロニカ曲。

ironomi (いろのみ) live - electronic evening at honen-in


Ironomi (いろのみ)もピアノを主体にした曲が多いのでテイストは違いますが似たような方向性を目指してる音かなと思います。有機的なぬくもりを感じる音像でとりとめのない電子音楽。



Amazon
杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005]
杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005]
(2002/11/15)
Manual - 2007 - Lost Days, Open Skies and Streaming Tides [2CD] [Darla Records DRL165]
Manual - 2007 - Lost Days, Open Skies and Streaming Tides [2CD] [Darla Records DRL165]
(2007/08/28)
ironomi いろのみ - 2011 - Sketch [Kitchen KI005]
ironomi いろのみ - 2011 - Sketch [Kitchen KI005]
(2010/11/28)
楽天
杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple [Plop PLIP-3005]

【中古】【楽天】杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple
価格:580円(税込、送料別)

Manual - 2007 - Lost Days, Open Skies and Streaming Tides [2CD] [Darla Records DRL165]

【楽天】Manual - 2007 - Lost Days, Open Skies and Streaming Tides
価格:2,195円(税込、送料別)

ironomi いろのみ - 2011 - Sketch [Kitchen KI005]

【楽天】ironomi いろのみ - 2011 - Sketch
価格:2,825円(税込、送料込)

【楽天】杉本佳一 - Fonica - 2003 - Ripple CD価格一覧
【楽天】Manual - 2007 - Lost Days, Open Skies and Streaming Tides CD価格一覧
【楽天】ironomi いろのみ - 2011 - Sketch CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]

2012年19日   カテゴリ:Tujiko Noriko     0 comments
Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]
Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]
(2012/01/17)
01 あけて、あけて
02 ギュンギュン
03 トロピックペンギン
04 ハート凍らせて
05 神様のバケーション
06 泉より
07 ゴールデンハート
08 点と線
09 スローモーション
10 忘れない光
11 世界


Tyme. x Tujiko ②

Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]

- 「元気溢れるエレクトロニカのポップ・ソング」 -

日本のアイドル的存在としてMegoからデビューした女性シンガーソングライター系エレクトロニカ・アーティスト、ツジコノリコと、Masのリーダーのヤマダタツヤのソロ名義「Tyme.」の共作アルバム。

ヤマダタツヤはMasとして過去にアルバム3枚をリリース、toto (suika)のアルバム「○to○」のプロデュースや美術作家ヤノベケンジ作品の楽曲制作、Cokiyu、sgt.のリミックスのほかに、グランツーリスモ5、FIFA、HONDA、BMW、SONY、札幌国際短編映画祭など様々な映像作品の音楽制作を数多く行っています。

そしてツジコノリコのほうはといえば、オーストラリアの音響レーベルMegoとの契約に始まり、Tomlab、Room40、Fat Cat、Nature Bliss、Asphodelなど数々のレーベルからのリリースがトータルで14枚あり、2005年にPrix Ars Electronicaにて受賞。Aoki Takamasa、Riow Arai、Lawrence English、Peter Rehberg、Stephen O'Malleyなど様々なアーティストとの共作があります。また中編の映画制作も行っており、「Sand And Mini Hawaii」「SUN」などを完成させています。

そもそもアルバム共作のきっかけになったのは、ヤマダタツヤが知人の結婚式パーティでMasで演奏する機会があって、Tujiko Norikoに歌ってもらったことが発端のようです。アルバム自体の構想としては結構長いスパンで考えていたらしく、1年に1曲完成すればいいという流れで年末年始にweb上でフリーダウンロードでアップしていたらしいですが、様々な状況があり一気にアルバムという形にもっていった模様。過去に完成していた曲は新しい曲と比べると音楽製作概念がだいぶ変化していたようで、リリース前にかなり作り直したようです。

さて、今までの共同制作ではボーカルとして切なくはかなく美しくというイメージが先行していたTujiko Norikoですが、今回のアルバム「Gyu」ではポップでテンションの高い曲を披露しています。もちろん今までの路線を追随した曲もありますが、やはり今までになかった「元気溢れるエレクトロニカのポップ・ソング」というのはかなりのインパクトがあります。気がつけば一児の母ということもあり、初期から考えるとだいぶ人生観も制作概念も変わってきてるのかな、と想像できます。

ダンサブルで希望に満ち溢れたポップ・ナンバー「あけて、あけて」に始まり、有機的なエレクトロニカのブレイクビーツにファニーなメロディの「ギュンギュン」、ドラマティックな展開で後半に曲のテンションが跳ね上がる「ハート凍らせて」、シンセの浮遊音が気持ちいいIDMにスキャットを絡ませた「泉より」、ミドル・テンポのアブストラクトなブレイクビーツ「ゴールデンハート」、デュエット曲「世界」など全11曲。

2012年上半期、日本のエレクトロニカとしてはプレイリストに入れてヘビロテしたい一枚。



Tyme. x Tujiko - あけて、あけて


Tyme. x Tujiko - また、らいねん (神様のバケーション)


Tyme. x Tujiko - 神様のバケーション (Live)


Tyme. x Tujiko - ゴールデンハート


Tyme. x Tujiko - スローモーション




Amazon
Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]
Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]
(2012/01/17)
Tujiko Noriko - 2008 - Trust [Nature Bliss/Kurage KRG1]
Tujiko Noriko - 2008 - Trust [Nature Bliss/Kurage KRG1]
(2008/03/08)
Tujiko Noriko - 2008 - U [Room40 RM435]
Tujiko Noriko - 2008 - U [Room40 RM435]
(2008/10/26)
楽天
Tujiko Noriko - Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu [eMEGO emego139]

【楽天】Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu
価格:2,825円(税込、送料込)

Tujiko Noriko - 2008 - Trust [Nature Bliss/Kurage KRG1]

【楽天】Tujiko Noriko - 2008 - Trust
価格:1,890円(税込、送料別)

Tujiko Noriko - 2008 - U [Room40 RM435]

【楽天】Tujiko Noriko - 2008 - U
価格:2,000円(税込、送料込)

【楽天】Tyme. x Tujiko - 2012 - Gyu CD価格一覧
【楽天】Tujiko Noriko - 2008 - Trust CD価格一覧
【楽天】Tujiko Noriko - 2008 - U CD価格一覧

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する
 

Home

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。