Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Rehome [W+K Tokyo Lab. MTCD-1016]

2009年02日   カテゴリ:Takagi Masakatsu 高木正勝     0 comments
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Rehome [W+K Tokyo Lab. MTCD-1016]
Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Rehome [W+K Tokyo Lab. MTCD-1016]

(2003/06/25)
01 Rehome
02 Glory Days, Glory Nights
03 Brighter Shade
04 Flying House
05 Rehome (Organ Remix)
06 Smell Up The Moon
07 Sound Of House
08 Airy Air
09 Curtain Tale
10 Red Seeds On Roof
11 Via Ever Sight
12 Flat Echo
13 Ween Piano

Takagi Masakatsu 高木正勝 - 2003 - Rehome
[W+K Tokyo Lab. MTCD-1016]

映像作家でテクノ・アーティストでもある高木正勝が、W+K東京LABレーベルから出したCD+DVDの作品。CDの方は女性ヴォーカルをフィーチャーした初めての歌ものだ。粒子のような電子音が微細にうごめき、リズムは楽しそうに躍動し、その音の中でキュートなウィスパー・ヴォイスが弾けまくって、フレンチ・ポップを思わせるようなラブリーでかわいらしい世界を構築している。高木らしい人肌のぬくもりを感じさせる音が、今回はポップな方向で表されたという印象だ。DVDは七色のカラフルな色彩が躍動するコラージュもので、CDの音世界を見事に映像化。音と映像を同じセンスで表現してしまう手腕は、やはりさすが。(小山 守)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
詩的かつ鮮烈なイメージの音楽/映像作品を発表しているアーティストの2003年作品。CD+DVDの2枚組で、CDは初めて歌ものを収めている。(1)のキラキラと輝く質感、(7)のピースフルな雰囲気など、類型がなく素晴らしい。DVDは軽やかに色彩が踊るタイトル曲の映像作品。★ (Amazon)


ハイブリッドがコンセプトの新興レーベルW+K東京LABからのリリース。アジア諸国の旅行中に撮影した映像を使って制作された映像作品と音楽トラック13曲を収録。女性シンガー当真伊都子を迎えて今作からが初めての歌物。今までの温かみのあるインストで構築してきた音楽性から少しポップミュージックへシフトする部分を持ちつつも、今までのベクトルを維持していることからさらに音楽の幅が広くなってます。9曲目の「Curtain Tale」などが顕著ですが全体的に今までにないコミカルさというか躍動感のあるメロディが増えました。

4曲目の「Flying House」や5曲目の「Rehome (Organ Remix)」はLali Punaやmumにも通じるトイポップ、7曲目の「Sound Of House」、10曲目の「Red Seeds On Roof」はボコーダーを使用。11曲目の「Via Ever Sight」ではHerbertやAkufenなどで知られるクリックハウスのリズムが使われていますが、途中でサーカスの楽団のようなマーチが挿入されたりとかなり賑やか。





↑他のアーティストはこちらからどうぞ。






関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。