Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Aoki Takamasa 青木考充 - 2004 - Simply Funk [PROGRESSIVE FOrM PFCD11]

2009年11日   カテゴリ:Aoki Takamasa 青木考充     0 comments
Aoki Takamasa 青木考充 - 2004 - Simply Funk [PROGRESSIVE FOrM PFCD11]
Aoki Takamasa 青木考充 - 2004 - Simply Funk [PROGRESSIVE FOrM PFCD11]

(2004/10/25)
01 That Melody..
02 Superstrings 76
03 M
04 Walk On The Ocean
05 Prague I.T.M.
06 Dancing Queen
07 Protocol M.T.T.
08 Simply Funk
09 The Elegant Universe
10 Monza



Aoki Takamasa 青木考充 - 2004 - Simply Funk
[PROGRESSIVE FOrM PFCD11]


ラップトップミュージックの黄金期における青木孝允の通産5枚目のアルバム。「Quantum」のノンビートから一転してブレイクビーツが全面に押し出された内容。シンプルで硬く太いビートが織り成すそのプロセスがそのタイトル「Simply Funk」を物語っているかのよう。今までのボコーダーや控えめなボーカルと違い今作では青木孝允もボーカルとして歌い上げ、高木正勝に勝るとも劣らないグリッチノイズに乗せた有機的な歌物エレクトロニカを「Walk On The Ocean」で披露しています(トード・ザ・ウェット・スプロケットのカバー・ソング)。催眠にかかりそうなエンドレスなサンプリングにアブストラクトなブレイクビーツが乗る「Protocol M.T.T.」、絶妙な間とタイトなバランスで打ち出す「Simply Funk」、延々と続く反復ビートがトランスさせる緊張感溢れる「The Elegant Universe」、ラストはF1マシンの音を編集した「Monza」で締めくくられていて最高の一枚。



↓Aoki Takamasaはこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




「Walk On The Ocean」が劇中に使用されている
ドイツのパフォーマンス



Aoki Takamasa 青木考充 - Simply Funk


Aoki Takamasa 青木考充 - 'op.disc showcase
hub 2007' Unit / Tokyo




関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。