Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest [Logistics log052cd]

2009年19日   カテゴリ:Radiq aka 半野喜弘     0 comments
Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest [Logistic log052cd]
Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest [Logistic log052cd]

(2005/11/05)
01 Riot feat. Black Crom
02 Cosmic Swing
03 Rip, Rig & Panic
04 Voodoo
05 The Ruler
06 Rocker's Rebel feat. Paul St. Hilaire
07 The Genetic Code
08 Sage feat. Black Crom
09 Tomorrow's Quest part 1
10 Tomorrow's Quest part 2
11 Tomorrow's Quest part 3 feat. Black Crom
12 The Grass Roots feat. Paul St. Hilaire

Radiq aka 半野喜弘 - 2005 - Tomorrow's Quest
[Logistic log052cd]


メインストリームの最先端を歩くハナレグミ、原田郁子、中納良恵、細野晴臣などを起用した「Angelus」が絶賛された半野喜弘のRadiq名義での2005年にフランスのLogisticからリリースされたアルバム。

「政治的色彩を帯びた人種や階層における断絶に対する抗議声明のようなもので、同時に60年代のスピリチュアルなジャズや70年代のニュー・ソウル、レゲエが持っていた音楽的熱量とシンクロしていて、音楽の断絶の先にある自由へと歩を進めることが今回の目的」と本人がコメントしています。

前作よりも柔軟な音作りで、IDM的な要素の強くなった今作。ラップトップミュージックの持つ幻想的な響きと構築美を巧みに操りつつ、クールなラップが乗ってます。ベルリン在住のダブ・シンガー、カリブの島ドミニカ出身のBasic Channelからのリリースで知られるPul St Hilaire(aka Tikiman)が南国系の華やかなヴァイブレーションを与えています。

シンプルなアンサンブルとラップの「Riot/暴動」から始まり、ジャズ・ファンクがベースのカットアップされたラップとTerryの艶っぽいボーカルの「Cosming Swing」、カサヴェテスの映画からインスパイアされたというモード・ジャズと立体的なビートを融合した「Rip, Rig & Panic」、ファンキーなベースとグリッチサウンドにTerryの声や子供の声のサンプリングが飛び交う「Voodoo」。Pul St Hilaireのスタジオでレコーディングされた南国ヴァイブレーションが優しく包むダブ「Rocker's Rebel」、アムステルダムの刑務所から出所したばかりのKamtarがフックの部分で参加する「Sage」など全12曲収録。

ディープな音作りにラップが乗るIDMで、完成度の高い一枚。



↓半野喜弘はこのレーベルからもリリースしています。

PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧
PROGRESSIVE FOrM レビューページ一覧




Radiq aka 半野喜弘 - Rip, Rig & Panic




関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。