Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

Teruyuki Nobuchika 延近輝之 - 2009 - Morceau [Schole sch011]

2009年27日   カテゴリ:Teruyuki Nobuchika 延近輝之     0 comments
Teruyuki Nobuchika 延近輝之 - 2009 - Morceau [Schole sch011]
Teruyuki Nobuchika 延近輝之 - 2009 - Morceau [Schole sch011]

(2009/09/11)
01 Pola
02 Tiny Fairy
03 In The Park
04 Tranquille
05 Half Moon
06 Piano Bit
07 Deauville
08 P2D
09 Hypnotique
10 Bagatelle No.1
11 Reposer
12 Nocturne

Teruyuki Nobuchika 延近輝之 - 2009 - Morceau
[Schole sch011]


アーティストについて
●teruyuki nobuchika(延近輝之)
1974 年京都生まれ。作曲家。
映画「棚の隅」('07)「西遊記」('07)「休暇」('08) などの日本映画をはじめ、海外の短編映画「Winter Chime」サウンドトラック(アメリカ)やドキュメンタリー映画「Put The Wig On」(アメリカ)の音楽も手掛けている。
また、TV ドラマ「不機嫌なジーン」「CHANGE」「ブザー・ビート」、TV アニメ「ときめきメモリアル~Only Love」 などの音楽も手掛けるなど、幅広くサウンドトラックを作曲している。


スコーレ第10弾の音楽家・延近輝之のソロ名義の1stアルバム。子供の声や生活音・犬の鳴き声・鳥のさえずり・雨の音などのフィールドレコーディングと共にアコースティックギターのサンプリング・ループとピアノが鳴り響き、浮遊する電子音が美しいサウンド・スケープ。

フォークトロニカ・エレクトロニカ・アンビエント、様々な音楽要素が込められているこのアルバム。全編くまなく共通するのが清清しさ、美しさ、さわやかさ。霧や滝つぼのそばにいるときに発生しているマイナスイオンを浴びてるような清清しさがあります。これまでのスコーレのリリースしてきたアーティストの中でもそれにかけては一番だと思います。

また、楽曲におけるテンションの高さも注目すべき点。「Piano Bit」におけるピアノのミニマルなサウンド・スケープは、スティーブライヒや現代音楽のような淡々としたものではなく、明るさ・楽しさなどのユーモアを感じざるを得ない気持ちよさ、しかし技術に裏付けされた構造の安定感があります。「P2D」でも変則的なアンビエントにギターのサンプリング・ループとピアノが絡んでメロディの勢いがあり、最後まで飽きさせずに聴かせる計算し尽されたギターの配置が絶品でクオリティーの高い仕上がりとなっています。



Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧
Schole Records スコーレ・レコーズ レビューページ一覧


↓このアーティストに似た傾向のレーベル・カタログ。
Noble-Label レビューページ一覧
Noble-Label レビューページ一覧




Teruyuki Nobuchika 延近輝之 - Half Moon


Teruyuki Nobuchika 延近輝之 - Nocturne





 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。