Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

エロール・ル・カイン展に行ってきた。

2009年25日   カテゴリ:カフェ     0 comments

エロール・ル・カイン展

そんなに興味あったわけでもないんだけど、エロール・ル・カイン展の券をもらったので京都まで行ってきました。

 


エロール・ル・カインは、1941年、シンガポールに生まれ、少年時代インド・日本・香港・サイゴンなどを転々としました。この時代に神話や伝説に強く惹きつけられるようになり、やがて東洋と西洋の絵画様式を巧みに織り交ぜた、ユーモラスでドラマチックな絵本を次々と生み出しました。漫画「ちびまるこちゃん」の作者・さくらももこさんも絶賛の、彩りあざやかな豪華絢爛たる世界は、見るものを魅了してやみません。現在、画集も含め19冊の本が邦訳されています。


 シンガポール育ちでアジア文化に触れつつヨーロッパでイラストを描くと昔だったらオンリー・ワンですわな~。

上手いのか下手なのかよくわからない絵も多かったんだけど、ものすごく上手い部分もあったり、妙に空間が感じられて迫力のある絵もあり、なかなか良かったんじゃないでしょうかね!

原画を間近で見れるのも貴重な経験だし、さくらももこの原画も飾ってあったのでラッキーでした。

帰りにエロールのクリアファイルなどを記念に購入。

Ena Berangkat Tarcis Cafe 京都三条店 店内

行ってみたいカフェがあるらしい京都市役所方面に行こうとして電車に乗っていたら「京都市役所前」という駅があったので降りてみたのはよかったものの、道が全く分からず結局見かけたカフェにたどり着く。

「Ena Berangkat Tarcis Cafe 京都三条店」という店なんですが、これがまた妙な店だった。

Ena Berangkat Tarcis Cafe 京都三条店

ケーキが600~900円くらいで高い!頼むと量が多くて味もよかったので納得。器が地元の人が作った陶器かな?別にこれでもいいけどもうちょっとキレイなの使ってほしいなぁ。

Ena Berangkat Tarcis Cafe 京都三条店2

店の外の席にパラソル代わりに番傘っぽいのが。天井にも鯉の絵が描いてあるし、なんだか「外国人のイメージするアジアン・カフェ」のようだった。まぁこれはこれで珍しいので来てよかったです。接客はしっかりしてた。

店内の音楽は「和製ハウス+ブラジル系ハウス」がかかってました。あれは有線なのかなぁ。

Ena Berangkat Tarcis Cafe 京都三条店3

アイスカフェラテ(500円)を注文したんだけど、注文してから届くのに時間がやたらかかってたので、ちゃんと作ってるっぽい! おいしかったです。シロップは店員の説明で「黒っぽいけどこれがシロップ」と言ってたんだけど、京都だからなのか?なんか黒蜜のようなものでした。適量くらいだとあんまり甘くないけど、たくさん入れるとおなかもたれそうで・・・甘さ控えめでがまん。カフェラテはマジうまかったですけどねっ!

再び京都駅まで電車で戻り、デパ地下で初めてサンマルコ(関西で昔からやってる?CMのメーカー)のカレーで「なすカレー」と近くのお店でクリスマス用チキンを購入し帰宅。

「サンマルコのカレーはもう二度と食わねぇ~(塩辛い)」

と思いました(;゚-゚)

関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。