Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003

2012年08日   カテゴリ:## J-Electronica オムニバス     0 comments
Water Green [DEES015] 2003
(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
(2003/07/24)
01 Takafumi Ishikawa - Pilot
02 Oriental Homeward - Eolie
03 Cinq - Pale Blue (A Study At The Riverside)
04 Heprcam - Hypericum
05 Firo - Stereotape
06 PsysEx - #471_ii
07 Snoweffect - Evening Cool
08 Exotic Modulation Sky - Rin
09 Oki - Hot Love
10 Kion - Hou-Kou (Pilgrim Ruin Mix)
11 MedicineQuartz - Benzaiten
12 Unknown Artist - Water Green [Arranged By – Ken'Ichi Itoi, Kenichiro Hoshi]
13 Inari - Cherry Blossom
14 Ongaku - Red Talisman
15 Kazumasa Hashimoto - Finalin


(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003

ポスト・エレクトロニカの有力解釈として「電子音楽と空間」をテーマに活動を続けるレーベル・涼音堂茶舗が、レーベルネーム通り2003年の「涼しい音」をコンパイルした納涼CD。

桑原茂一も賞賛しスネークマンショーS21の音楽も手掛ける雪見茶人三人組スノーエフェクト、比叡山延暦寺等でも演奏する京都の最新鋭電子空間音楽ユニットサイセクス、スノーエフェクトの中心人物石川貴史、nobleから「Sketch」をリリースし高い評価を得るCinq、plopから1stをリリースしたKazumasa Hashimoto、カラフトの楽器トンコリで全く新しいアイヌ音楽を確立したOKIなど新しい感覚を持ったアーティストが参加。

先鋭アーティストがそれぞれの「涼しい音」を競演する、北方世界と海と東京を交易する、今までになかった切り口の納涼コンピレーションです。

清涼感満載のジャケットは、丸井ゼロワンショップのCFも手掛ける東京食堂の泉雄一郎が担当。

(公式サイトより抜粋)




- 「水」や「空間」を意識したアンビエント・エレクトロ -

日本のアンビエントに新しい風をもたらしたレーベル、「涼音堂茶舗」の初期のコンピレーション、「Water Green」。涼音堂のアーティストが好きな人にはもうすでにお馴染みの曲も数曲入っていますが、レア・トラックもたくさん収録されています。このアルバムでしか聴けない曲も多く、コンピ全体の統一感もあって素晴らしいクオリティ。

水の涼しげな音から始まり、鹿威し(ししおどし)がカコンと音を立ててシンセが流れ出すTakafumi Ishikawaの「Pilot」に始まり、清涼感あふれるOriental Homeward、ぬるま湯の淀みのような温もりを感じさせるCinq。そしてHeprcamの女性ボーカルを前面に押し出したアンビエント・ダブ、アブストラクトなブレイクビーツのFiroとPsysEx、幽玄なアンビエントを立体的な音響で演出するExotic Modulation Skyなど、前半だけでも相当なボリューム。

後半ではカラフトアイヌに伝わる弦楽器「トンコリ」の奏者OKIによるアイヌとエレクトロの融合されたトラック「Hot Love」、グラフィック・デザイナーのカトウミキオのソロ・プロジェクト「オンガク」のグリッチノイズを交えたコラージュ、Kazumasa Hashimotoのアンビエント・ドローンなど、様々な「水」や「空間」を意識したアンビエント・エレクトロが集結した一枚になっています。

新しい「癒し」と新しい「アンビエント」の模索の結果のひとつとして、人々が癒しを求める寺やカフェ、センシティブなものが並ぶセレクトショップやそこで流れる音楽、そういったものが自然と融合されひとつの音像・カルチャーとして結実したのがこのアルバム。あまり認知されているコンピではないですが、この後「涼音堂茶舗」系列の音楽シーンが盛り上がったり、各方面にも涼しげなアンビエント・エレクトロが浸透していったと思います。同時期にリリースされていた江戸幕府開府400周年の企画盤コンピ「SOB-A-MBIENT」もそば屋の声のサンプリングや京的なイメージなどをモチーフとしてアンビエント・エレクトロを展開していたのを思い出します。あちらはあちらで即物的な気持ちよさがあるんですが、涼音堂茶舗のコンピのほうがもう少しマイナー度が高く、そして奥深いものを感じます。商業的なものよりも、カルチャーとして先へ進もうとして生まれてきた音楽には「魂」を感じるというところでしょうか、おすすめです。



涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧




Oriental Homeward - Eolie


Heprcam - Hypericum




Amazon
Water Green [DEES015] 2003
(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
(2003/07/24)
Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007
(2007/02/08)
Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008
Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008
(2008/12/18)
楽天
Water Green [DEES015] 2003

【楽天】(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
価格:2,457円(税込、送料別)

Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003

【楽天】(V.A.) Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007
価格:2,457円(税込、送料別)

Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008

【楽天】(V.A.) Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008
価格:2,457円(税込、送料別)

【楽天】(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003 CD価格一覧
【楽天】(V.A.) Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007 CD価格一覧
【楽天】(V.A.) Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008 CD価格一覧

関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。