Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

(V.A.) Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007

2012年10日   カテゴリ:## J-Electronica オムニバス     0 comments
Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007
(2007/02/08)
01 PsysEx + Snoweffect + Firo - Opening~the forest of patchware "Over Flow"
02 Eater - Skirt+
03 PsysEx + Firo - #591
04 Toshiyuki Yasuda 安田寿之 - Spa On The Moon
05 Yamanoyu
06 Aragehonzi feat. Tamio Sato - Nagamochiuta
07 Morgan Fisher - Cool Heat
08 Snoweffect feat. Tamio Sato - Nanbu-Usioiuta
09 Sora - Le Palace
10 Yoshihiro Sawasaki feat. Tamio Sato - Nanbu-Ushioi-Onsen
11 Okunoyu
12 PsysEx + Firo - Snow & Steam~#591
13 Mokira - Sillen
14 Shuichi Ohori feat. Tamio Sato - Sansa-Shigre
15 PsyEx feat. Tamio Sato - Otachizake
16 Firo feat. Tamio Sato - Nannbu-Ushioiuta


(V.A.) Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007

涼音堂茶舗コンピレーション第三弾。コンセプトは「温泉」。音の掛け流しに癒される。 清冽な音の湧出に心地よい時間を過ごせる。これは私の好きな新鮮な重炭酸土類泉であろう。金気臭と褐色の濁り具合が音に現われている。さっぱりとした湯上りのような音の掛け流しである。いま日本的な電子音楽に目覚める時が来た。 郡司勇(温泉研究家)

参加アーティスト:モーガン・フィッシャー、サワサキヨシヒロ!、Mokira、安田寿之、Sora、 eater、Firo、スノーエフェクト、PsysEx、etc

■涼音堂茶舗コンピレーション第三弾テーマは「温泉」。
かのクィーンの元キーボーディストでありアンビエント界の重鎮モーガン・フィッシャー氏をはじめ、スウェーデン電子音楽界の貴公子MOKIRAことAndreas Tilliander、サワサキヨシヒロ!、安田寿之、eater、soraなどなど多彩なゲストで織りなす架空の温泉郷。

■往年のセッション・アルバムのスタイルにリスペクトし、それぞれのアーティストがさまざまな組み合わせのセッション形式で織りなす湯治場電子音楽。

■山の湯/月の湯/奥の湯の三部構成で、違ったタイプの湯治場が組合わさった「温泉郷」を演出。

■東北山麓部へ実際に湯治場で唄われる民謡のフィールド録音を敢行。「南部牛追歌」など美しき東北民謡をFiro、PsysExら涼音堂茶舗のアーティスト達がミックス。電子音楽と湯治場の歌声の競演。

(公式サイトより抜粋)




- 民謡+アンビエントの融合第1弾 -

東京の吉祥寺と京都を拠点にしている「涼音堂茶舗」の中期のコンピレーション。今回のテーマは世界中の人々の癒しでもある「温泉」をテーマに、東北山麓部へ実際に湯治場で唄われる民謡のフィールド録音を敢行。山の湯/月の湯/奥の湯という三部構成になっており、東北民謡「部牛追歌」をミックスしたりと非常に珍しい音源。「アンビエント」のコンピとしては聴きづらい曲もコンセプト的に混じっていたりはしますが、その分コンセプトにハマった曲はいつも以上に気持ちよく聴けるクオリティに仕上がっていて落差の激しい内容です。

民族音楽とクラブミュージックの融合はよくありますが、地方の民謡と一部の最先端を行くアーティストのセンスが融合されるというのは稀で、そしてそれが「涼音堂茶舗」のアーティストだということが評価できるところです。これが商業主義的なアーティストのもとに監修されていれば単なる色物になっていたでしょうし、その地方への注目は一過性のものになっていたことでしょう。しかし「涼音堂茶舗」のもと、温泉や地方フォーカスをあてた渋響(しぶきょう)、鳴響といったイベントが行われるようになり、現在は鳴響4.0となかなか息の長いイベントに発展し、現在に至る模様。そこから新たに生まれてくるであろう、新しいクラブミュージック、アンビエント・エレクトロに期待できるところが「さすが、涼音堂茶舗」というところです。

第一部「山の湯」では水のせせらぐ音と粛々としたシンセのメロディに始まるイントロ的なオープニングに始まり、現在はPROGRESSIVE FOrMからリリースしているEaterの女性スキャットをサンプリングに使ったブレイクビーツ「Skirt+」、 PsysEx + Firoによるゆったりしたミドルテンポのエレクトロ「#591」、Toshiyuki Yasudaのヴォコーダーを配置したミクスチャー的な「Spa On The Moon」という構成。

第二部「月の湯」では温泉かけ流しのナレーションに始まり、空間に鳴り響くように録音されたアラボゲンジのアコギにTamio Satoの民謡的なこぶしを利かせた沖縄民謡のような響きに癒される「Nagamochiuta(長持ち歌)」、そしていまだ現役のアンビエントの重鎮モーガン・フィッシャーによる、静寂の中に少し濁ったシンセがセンチメンタルに響くアンビエント「Cool Heat」、SnoweffectにTamio Satoをフィーチャリングした民謡とアンビエント・エレクトロを融合させた「Nanbu-Usioiuta(南部牛追い歌)」、そしてリゾート・アンビエントのSoraによる涼しげな電子音に優雅に鳴り響くピアノをミックスした「Le Palace」、二部最後にはサワサキヨシヒロにTamio Satoをフィーチャリングしたエレクトロ・ダブ「Nanbu-Ushioi-Onsen(南部牛追温泉)」で終わります。

第三部「奥の湯」でナレーションが終わったあと、PsysEx + Firoによるメロディに少し孤独さと情熱を感じるアンビエント・エレクトロ「Snow & Steam~#591」、Mokiraのドローン・アンビエント「Sillen」、Shuichi OhoriにTamio Satoをフィーチャリングした「Sansa-Shigre」、PsyExにTamio Satoをフィーチャリングした「Otachizake(お立ち酒)」、FiroにTamio Satoをフィーチャリングしたエレクトロ・ブレイクビーツ「Nannbu-Ushioiuta(南部牛追い歌)」で締めくくられています。

このアルバム全体にかなりの割合でフィーチャリングされているTamio Sato(佐藤民男)。良くも悪くも彼がキーマンになっていますが、プロフィールでは大正13年生まれ、民謡専門のだいぶ高齢の方みたいです。しかしこの「Over Flow」でロンドンや欧州のCDショップでもかなり絶賛されたようで、歌唱力も抜群ですし、ものすごく渋い。ただコンピでのフィーチャリングの曲数が多かったのと、多ければ多いほど曲にムラが表れてしまい、「この曲はすごく良いのに、あの曲はあんまり」という印象も出てきてしまっているのが残念なところではあります。

しかしこういったコンセプトで聴かせる音は他に類を見ないし、そしてこのシリーズしか存在しないのにある一定以上のクオリティを出せているのは間違いない事実で、聴く価値がかなりあると思います。民族音楽とクラブミュージックの融合されたものが好きな人にもぜひ聴いてもらいたい、民謡の新しい形を見せてくれるコンセプト・アルバムです。

今回は1曲もYoutubeで見つからなかったのでモーガン・フィッシャーの曲を貼っておきます。1曲目の「Ohtaka-Doumbia Remix 2009」は女性の民謡的なスキャットにアンビエントを絡めた曲で、かなり「Over Flow」のイメージに近い内容。参考程度にお聴き下さい。



涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧
涼音堂茶舗 Ryoondo-Tea レビューページ一覧




↓関連動画。

Morgan Fisher - Ohtaka-Doumbia Remix 2009


Morgan Fisher - The Beauty Of Clay (Remix)


Morgan Fisher - One [Rider:Muturou Isii]




Amazon
Water Green [DEES015] 2003
(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
(2003/07/24)
Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007
(2007/02/08)
Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008
Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008
(2008/12/18)
楽天
Water Green [DEES015] 2003

【楽天】(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003
価格:2,457円(税込、送料別)

Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003

【楽天】(V.A.) Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007
価格:2,457円(税込、送料別)

Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008

【楽天】(V.A.) Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008
価格:2,457円(税込、送料別)

【楽天】(V.A.) Water Green [涼音堂茶舗 DES015] 2003 CD価格一覧
【楽天】(V.A.) Over Flow [涼音堂茶舗 DES030] 2007 CD価格一覧
【楽天】(V.A.) Over Flow pH:2.0 [涼音堂茶舗 DES035] 2008 CD価格一覧

関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。