Loading…

スポンサーサイト

--年--日   カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する

(V.A.) Childisc Vol.1 (1998) [CHCD-001]

2012年02日   カテゴリ:## J-Electronica オムニバス     0 comments
(V.A.) Childisc Vol.1 (1998) [CHCD-001]
(V.A.) Childisc Vol.1 (1998) [CHCD-001]
(1998/01/01)
01 Unknown Artist - Intro
02 谷村コオタ - Jazz Corpse
03 和泉希洋志 - Spring Song
04 アキツユコ - In A Dream
05 スッパマイクロパンチョップ - Un Identitied Blues
06 谷村コオタ - Daughters From Another Planet
07 Hyu - Hyper Function
08 Asao Kikuchi - Both Sides Now
09 スッパマイクロパンチョップ - Toward Infinity
10 Saltamontes - Beta Pro
11 アキツユコ - Double Spring
12 Namazu - Earthquake
13 Cell - A Diary
14 スッパマイクロパンチョップ - Bonanza


(V.A.) Childisc Vol. 1 (1998) [CHCD-001]

- トイポップ+テクノ+音響+室内楽の原点 -

リリース日がDiscogsでは1998年、Amazonでは1995年となっています。Wikipediaを見ると1998年が設立日になっているので、このブログでも1998年で扱います。

2012年現在のエレクトロニカやテクノと比べれば多少時代の移ろいを感じる音ですが、それでもまだなお充分聴ける音。テクノは昔に遡れば遡るほどテンポが遅く音数が少ない傾向がありますが、このアルバムも音数は今よりも乏しいといえば乏しいです。コンピなのでアーティストによってもテイストがそれぞれ違いますが、一貫したイメージ的な完成度は高いです。機材も表現方法も現在のテクノより少ない時代なのに、普通に聴けると思えるのは素晴らしいことです。

Childisc自体の誕生や竹村延和の存在以降、「トイポップ」という表現が模倣されて拡散されていきましたが、その原型がここにあるように思います。ジャンルを感じるテイストとして思い浮かぶのは、「トイポップ+テクノ+音響+室内楽」といったところです。アンビエントも若干入ってますが、他に挙げた表現方法のそれぞれをミックスした感覚が「癒し」を感じさせてくれています。

何気に始まるイントロの後の谷村コオタによる「Jazz Copse」を改めて聴くとビックリしたんですが、Hudson Mohawkeのアルバム「Butter」で聴いた新しいブレイクビーツにそっくり。この悪く言えばものすごいダサさ、良く言えば朴訥なお祭り騒ぎの太鼓の音のようなブレイクビーツ、これが意外にツボにハマります。時代背景と一致して音数もそんなに豊富ではなくとてもシンプルなものですが、完成度の高さを感じさせます。メロディはマイナーコードで少し不安感をはらんだものになっていますが、それがよけいに疾走感を良い意味で促していると思います。

それを皮切りにアキツユコの牧歌的なシンセに素朴な歌声を絡めた「In A Dream」、スッパマイクロパンチョップの音響コラージュ的かつヒップホップ・ライクなブレイクビーツの「Un Identitied Blues」、Hyuによる「Hyper Function」で子供の声のサンプリングに足取りの軽いシンプルなブレイクビーツ、と色々聴けます。Hyuの曲もめちゃくちゃシンプルでチープなのに、突き抜けた魅力があります。

そしてAsao Kikuchiによる「Both Sides Now」。ここでは音響アンビエントと現代音楽的なコラージュで繊細な部分と雑多なコラージュをミックスしつつ、少しだけブレイクビーツが挿入されていたりします。他にも、Namazuによるグリッチノイズだけで構築された12kを思わせるパルスミュージックや、Cellによるギターを主体にフォークトロニカというよりはどこかの民族音楽を思わせるインスト、そしてスッパ・マイクロ・パンチョップによるバリのガムランを思わせる音を交えたトイポップな音響「Bonanza」など、いろいろ楽しませてくれる内容。

いずれもチャイルディスク第1弾のCDにも関わらず、完成度の高い曲が並んでいます。「どのレーベルからもリリースできない」というアーティストの要望から、竹村延和のポケットマネーによって誕生したレーベルですが、それにしても見事に足並みがそろった統一感を感じるアルバム。トイポップの原点が詰まったおすすめの一枚です。

今回は1曲も見つからなかったので関連曲のみ。



Childisc チャイルディスク レビューページ一覧
Childisc チャイルディスク レビューページ一覧




スッパマイクロパンチョップ - at a book store in Shinjuku above HMV


Aki Tsuyuko + Gudrun Gut - Bongongo


Kiyoshi Izumi 和泉希洋志 - Decode Fruit




Amazon
(V.A.) Childisc Vol. 1 (1998) [CHCD-001]
(V.A.) Childisc Vol. 1 (1998) [CHCD-001]
(1995/01/01)
(V.A.) Childisc Vol.2 AO (1998) [CHCD-004]
(V.A.) Childisc Vol.2 AO (1998) [CHCD-004]
(1998/12/10)
(V.A.) Childisc vol.3 児童音楽 (1999) [CHCD-010]
(V.A.) Childisc vol.3 児童音楽 (1999) [CHCD-010]
(1999/05/31)
楽天
(V.A.) Childisc Vol. 1 (1998) [CHCD-001]

【楽天】(V.A.) Childisc Vol. 1 (1998) [CHCD-001]
価格:2,940円(税込、送料別)

(V.A.) Childisc Vol.2 AO (1998) [CHCD-004]

【楽天】(V.A.) Childisc Vol.2 AO (1998) [CHCD-004]
価格:2,100円(税込、送料別)

(V.A.) Childisc vol.3 児童音楽 (1999) [CHCD-010]

【楽天】(V.A.) Childisc vol.3 児童音楽 (1999) [CHCD-010]
価格:2,100円(税込、送料別)

【楽天】(V.A.) Childisc Vol.1 CD価格一覧
【楽天】(V.A.) Childisc Vol.2 AO CD価格一覧
【楽天】(V.A.) Childisc vol.3 児童音楽 CD価格一覧
関連記事

 

人気ブログランキングへ この記事に拍手する


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

ヘッドホンアンプ@Amazon

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

人気ページランキング

あわせて読みたい

ヘッドホン@Amazon

メモ

おすすめウィジェット@楽天①

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。